カール・グスタフ・ユングのおすすめランキング

プロフィール

1875-1961。1875年7月26日、スイス北部のケスヴィルにて生まれる。バーゼル大学卒業後、ブルクヘルツリ病院のブロイラーのもとで言語連想実験の研究に従事。その後、フロイトの精神分析運動に参加し、フロイトの後継者と目されるほど、その中心人物として精力的に活動した。1913年にフロイトと決別。その後は独自の心理学の構築に専心し、「コンプレクス」「元型」「集合的無意識」「無意識の補償機能」「内向/外向」「個性化」などの独創的な理論を提唱していった。1961年6月6日、死去。20世紀最大の心理学者の一人。

「2019年 『分析心理学セミナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール・グスタフ・ユングのおすすめランキングのアイテム一覧

カール・グスタフ・ユングのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ユング自伝 1―思い出・夢・思想』や『人間と象徴 上巻―無意識の世界』や『ユング自伝 2―思い出・夢・思想』などカール・グスタフ・ユングの全37作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ユング自伝 1―思い出・夢・思想

275
3.94

感想・レビュー

えらい年月を空けての再読。なにしろユングなので所謂自伝とは趣が異なる。81歳のユングが幼年からの内的な体験を書き綴る。俯瞰する無意識下のヴィジョンが万華鏡... もっと読む

人間と象徴 上巻―無意識の世界

189
3.59

感想・レビュー

高校生の時に読みました。ブックオフで100円で見つけた時は驚きました。ユングの著作の入門として読みました。 もっと読む

ユング自伝 2―思い出・夢・思想

174
3.88

感想・レビュー

後年のユングの内的世界への没入は超越さゆえに浮遊させられたままだが、その姿勢と思考の回路は大いに魅せられた。ひとつの事象から得る感受性の豊かさがユングの真... もっと読む

分析心理学

134
3.55

感想・レビュー

フロイトのイドとかわけわからん言葉が怪しくしか思えなくて、心理学は食わず嫌いしてたけど、ユング良かった 何より、「フロイトはイドとかいう言葉を使うから、... もっと読む

人間と象徴 下巻―無意識の世界

132
3.62

感想・レビュー

下巻には、ユング自身の記述は収録されていないが、高弟によるユング心理学理論が、多くの写真や絵画とともに編纂されている。 特に夢分析の具体例を取り上げた章... もっと読む

無意識の心理

62
4.17

感想・レビュー

ユングは師と仰いだフロイトと袂を完全に分かち独自の道を行く覚悟を決めて書いたのだと思う。「転移よりも問題が根深いのは逆転移なんじゃないですかフロイトさん?... もっと読む

自然現象と心の構造―非因果的連関の原理

56
3.44

感想・レビュー

荳頑ゥ玖除遨ょュ先嶌蠎鈴未騾」縲 もっと読む

トリックスター (晶文全書)

47
3.50
ポール・ラディン 1974年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

破壊と創造、おわりとはじまり、そんな場所に彼は立っている。風のようにやって来て、人々に愛され、人々に追放され、彼はこの地球を巡る。 何処へ行こうと、どんな... もっと読む

ユング 夢分析論

34
4.00

感想・レビュー

2階心理学C : 146.1/JUN : 3410162579 もっと読む

個性化とマンダラ【新装版】

9
5.00

感想・レビュー

2階心理学C : 146.1/JUN/1 : 3410162577 もっと読む

心理療法論【新装版】

9
4.00

感想・レビュー

ユングの開いた心理学を下地にした人間理解は、目に見えないものに対する畏敬と、さうしたものと共に生きていくことの強さに気づかせてくれる。 さうした彼の理論... もっと読む

世界の名著 76 ユング/フロム (中公バックス)

7
4.00

感想・レビュー

カール・グスタフ・ユング  「心理学的類型」(抄訳) フロム  「正気の社会」 解説「ユングとフロム」 もっと読む
全37アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする