カール・ジンマーのおすすめランキング

プロフィール

1966年生まれ。サイエンスライター
『進化大全』(光文社)、『進化』(岩波書店)、『ウィルス・プラネット』(飛鳥新社ポピュラーサイエンス)など多数。

「2017年 『カラー図解 進化の教科書 第3巻 系統樹や生態から見た進化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール・ジンマーのおすすめランキングのアイテム一覧

カール・ジンマーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カラー図解 進化の教科書 第1巻 進化の歴史 (ブルーバックス)』や『ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)』や『カラー図解 進化の教科書 第2巻 進化の理論 (ブルーバックス)』などカール・ジンマーの全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カラー図解 進化の教科書 第1巻 進化の歴史 (ブルーバックス)

295
4.05
カール・ジンマー 2016年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

進化論,体系的にしっかり学んだことがなかったので今さらながら。 全3巻で事例をたっぷり挙げながら解説してくれてて,高校生物止まりの人にうってつけな内容。1... もっと読む

ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)

188
4.12
カール・ジンマー 2013年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一ヶ月半くらい前までは、コロナウイルスがこんなことになるとは思わなかったなあ、と思いつつ読了。図書館でもちょうどウイルスや感染症の企画を展開していて、その... もっと読む

カラー図解 進化の教科書 第2巻 進化の理論 (ブルーバックス)

171
4.41
カール・ジンマー 2017年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容紹介 進化は集団内にいかに広がるのか、あるいは消えてしまうのか? その鍵を握るのが「対立遺伝子」の存在だ。進化のメカニズムには大きく分けて、遺伝的浮動... もっと読む

大腸菌 〜進化のカギを握るミクロな生命体

123
4.28
カール・ジンマー 2009年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大腸菌 1990年代、ノーベル賞の受賞者はのきなみ分子生物学の分野であった。彼らの研究対象はおもに「エシュリキア・コリ(E.コリ)」、つまり大腸菌である。... もっと読む

カラー図解 進化の教科書 第3巻 系統樹や生態から見た進化 (ブルーバックス)

119
4.58
カール・ジンマー 2017年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3巻は系統樹や共進化,行動の進化など。遺伝子と表現型の関係も詳しく,目の進化に代表される収斂進化や,ある機能が出現するはるかに前から関連する遺伝子群が準備... もっと読む

進化――生命のたどる道

95
4.44
カール・ジンマー 2012年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学図書館蔵書 生物の進化について多様な方面から解説した書 中学校で習ったようなことから、これまでまったく知らなかったことまで幅広く掲載されており、非... もっと読む

「進化」大全

42
4.00
カール・ジンマー 2004年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1部 緩慢な勝利―ダーウィンとダーウィニズムの興隆 第2部 創造と破壊 第3部 進化のダンス 第4部 進化における人間性の位置と人間性における進化の位置 もっと読む

水辺で起きた大進化

39
4.25
カール・ジンマー 2000年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

魚はいかにして鰓呼吸を手に入れ、肺魚はどう鰓呼吸と肺呼吸を使い分け、そして陸棲生物はどう肺呼吸を進化させたのか。イルカやクジラはなぜ再び水中へ戻り、失った... もっと読む

パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた

27
3.71

感想・レビュー

久しぶりに文句なくお勧めの★5の本に出会った。 それにしても寄生虫がどうやって進化してきたか不思議だ。もちろんその点についての説明もあったのだが、正直なと... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
ツイートする
×