カール・ダールハウスのおすすめランキング

プロフィール

1928~89年。該博な知識と透徹した思考力によって20世紀後半を代表する音楽学者。ベルリン工科大学教授、プリンストン大学客員教授、ドイツ音楽学会会長などを歴任。著書に『音楽美学』(シンフォニア)、『絶対音楽の理念――19世紀音楽のよりよい理解のために』(シンフォニア)、『リヒャルト・ワーグナーの楽劇』(音楽之友社)、『ベートーヴェンとその時代』(西村書店)など多数。

「2015年 『音楽史の基礎概念』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール・ダールハウスのおすすめランキングのアイテム一覧

カール・ダールハウスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『音楽史の基礎概念』や『音楽史の基礎概念』や『ベートーヴェンとその時代 (大作曲家とその時代シリーズ)』などカール・ダールハウスの全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

音楽史の基礎概念

14
3.25

感想・レビュー

バロックという語は、遅くとも1920年代の音楽史記述において、様式衰退期の名称という恥辱から解放された。それと同時に古典という概念が中性化されて、規範的な... もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする
×