ガストン・ルルーのおすすめランキング

プロフィール

Gaston Leroux(1868-1927)
パリ生まれ。「最後の連載小説家」と称されるベル・エポック期の人気作家。大学卒業後弁護士となるが、まもなくジャーナリストに転身。1894年、《ル・マタン》紙に入社し司法記者となり、のちにこの日刊紙の名物記者となる。評判を呼んだ『黄色い部屋の謎』(1907年)を発表した年にル・マタン社を辞し、小説家として独り立ちする。〈ルールタビーユ〉〈シェリ=ビビ〉シリーズの他、『オペラ座の怪人』(1910年)、『バラオー』(1911年)等のヒット作がある。その作品の多くは、演劇、映画、ミュージカル、BDなど、多岐にわたって翻案されている。

「2022年 『シェリ=ビビの最初の冒険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ガストン・ルルーのおすすめランキングのアイテム一覧

ガストン・ルルーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オペラ座の怪人 (角川文庫)』や『オペラ座の怪人 (創元推理文庫 (530‐2)) (創元推理文庫 F ル 1-2)』や『黄色い部屋の謎 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M ル 2-1)』などガストン・ルルーの全73作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

オペラ座の怪人 (角川文庫)

1558
3.57
ガストン・ルルー 2000年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実際にこのような事があったんじゃないかと思ってしまう物語 もっと読む

オペラ座の怪人 (創元推理文庫 (530‐2)) (創元推理文庫 F ル 1-2)

670
3.52
ガストン・ルルー 1987年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーというには芸術色が色濃い。想像の羽を伸ばさないと、なかなか浸れない物語背景。切穴とかボックス席とか、天井桟敷といった空間をどう目に浮かべられるか... もっと読む

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M ル 2-1)

542
3.32
ガストン・ルルー 2008年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2024.3.20 読了 古き良き時代の雰囲気が好きで、それだけでのめり込んでしまう。文章が古臭いのも味だし、今とは全然違うスピード感(馬車や船、郵便物)... もっと読む

黄色い部屋の謎【新訳版】 (創元推理文庫)

378
3.49
ガストン・ルルー 2020年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ミステリの傑作』×『密室』という文字に誘われて。 オペラ座の怪人と同じ著者。 100年以上前の1907年にフランスの週刊新聞に 連載されていたミステリ... もっと読む

黄色い部屋の秘密〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

347
3.47
ガストン・ルルー 2015年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 密室殺人ミステリーの古典的名作とされる一冊。初めて読んだが、「あ、なるほどね。」といういい意味で言われてみれば確かに、という盲点をつかれた。110年以上... もっと読む

オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫 Aカ 2-1)

316
3.71
ガストン・ルルー 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪人エリックの秘話。エレファントマンのジョン・メリックが浮かぶ。せけんへの復讐心もありながら、普通の人でありたいと願う。巨大な建造物オペラ座の奈落への冒険... もっと読む

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫 108-1)

305
3.32
ガストン・ルルー 1965年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『森博嗣のミステリィ工作室』から。 意外と読みやすい。 名探偵vs名探偵の推理対決。密室トリック。犯人消失トリック×2。意外な犯人。 ミステリーとし... もっと読む

ガストン・ルルーの恐怖夜話 (創元推理文庫)

195
3.56

感想・レビュー

陰惨で不気味な物語をミステリ仕立てにして、合理的解釈をつけてはいるものの(1話除く)、怪談よりは奇談、奇譚といったところか。残酷趣味というか時代がかっては... もっと読む

オペラ座の怪人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ル 1-3)

185
3.24

感想・レビュー

好み別れるとこだろうけど、シブい言葉づかいの翻訳が作品の内容と相まって古風な雰囲気を醸し出している…個人的には気に入ってます これを読んだ後に他の現代風の... もっと読む

オペラ座の怪人 (新潮文庫)

157
3.50
ガストン・ルルー 2022年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1909年の大傑作ということだけれど、劇団四季の演目としてしか知らなかったので読んでみた。2022年翻訳の新しいもの。 旅行でオペラ座に行こうと思っている... もっと読む

黒衣婦人の香り (創元推理文庫 108-2)

102
3.15
ルルー 1976年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「黄色い部屋の謎」の続編。マチルドとダルザック教授は結婚したが、新婚旅行の旅先でラルサンの影を見る。ルルビターユの出生の秘密も冒頭で語られる。 恋愛... もっと読む

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (ラダーシリーズ Level 3)

91
3.88
ガストン・ルルー 2015年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原著ベースのオペラ座の怪人はこんな話だったんですね。 ホラー感が強くてかなり面白かったです。 もっと読む

オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫)

65
3.90
ガストン・ルルー 電子書籍 2013年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい」 というコピーが流れていた頃、何気に手にしてみたものの…文章が読みづらくてリタイア。 うん十年経って平岡敦訳が... もっと読む

100年後も読まれる名作(12) オペラ座の怪人 (100年後も読まれる名作 12)

57
4.13
ガストン・ルルー 2019年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

《図書館》【再読】訳者と挿し絵(イラスト)が変わると、別の作品みたいに感じるが。この本は、少しストーリーが違っていた。面白かった。 もっと読む

黄色い部屋の秘密〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

56
3.43
ガストン・ルルー 電子書籍 2015年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

密室犯罪の古典だと言うことなので読んでみた。しかし、解せないのは襲われたマチルド嬢が、父に襲われた事を隠したまま一緒に実験したり、食事を取ったことだ。首に... もっと読む

オペラ座の怪人 (角川文庫)

54
3.36
ガストン・ルルー 電子書籍 2016年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりにも有名な今作だが、ただ漠然と題名を知っていただけで読んだ事はなかった。イメージしていた内容とは全然違っていたので、読んでみてよかった。とは言え、ま... もっと読む

オペラ座の怪人 (子どものための世界文学の森 34)

46
3.00
ガストン・ルルー 1996年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある日クリスチーネと言う女の人が何者かに誘拐されてしまいました。そのクリスチーネを助けるためにラウルとペルシア人が戦いに行きます。戦いが僕は面白いと思いま... もっと読む

黄色い部屋の謎 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(2) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)

38
3.82
ガストン・ルルー 1998年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

密室!密室!!古き良き時代の、密室!ご都合主義でも楽しめるのは、ミステリーが確立し探偵小説が盛り上がっていく時代のものなのねぇ…と改めて。おもしろかったぁ... もっと読む

黄色い部屋の謎【宮崎嶺雄訳】 (創元推理文庫)

36
3.58
ガストン・ルルー 電子書籍 2008年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎をより複雑にするためのトリックがふんだんにしかけられた、ミステリー小説の古典。DNA鑑定も指紋採取もない時代の密室トリックを、存分に味わえます。 もっと読む
全73アイテム中 1 - 20件を表示

ガストン・ルルーに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×