ガストン・ルルーのおすすめランキング

ガストン・ルルーのおすすめランキングのアイテム一覧

ガストン・ルルーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オペラ座の怪人 (角川文庫)』や『オペラ座の怪人 (創元推理文庫 (530‐2)) (創元推理文庫 F ル 1-2)』や『黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)』などガストン・ルルーの全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オペラ座の怪人 (角川文庫)

1340
3.57
ガストン・ルルー 2000年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までなんとなくストーリーは知っていたけれど、改めて読むと…「こんなに面白かったのか!」と感嘆。 謎が投げ掛けられ、徐々に解かれていくストーリー... もっと読む

オペラ座の怪人 (創元推理文庫 (530‐2)) (創元推理文庫 F ル 1-2)

593
3.52
ガストン・ルルー 1987年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

訳が古いのを読んだので、現代文のセンター試験を解いてるような感じだった。でも、だからこそ伝わってくる悲しみがあったというか、この訳でよかった。 もっと読む

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)

506
3.32
ガストン・ルルー 2008年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生のとき、 図書室に並んだ高学年向け翻訳海外探偵小説シリーズ的な ラインナップが凄まじい人気で、 順番待ちして借りた中に『黄色い部屋のひみつ』が... もっと読む

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫 108-1)

284
3.32
ガストン・ルルー 1965年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『森博嗣のミステリィ工作室』から。 意外と読みやすい。 名探偵vs名探偵の推理対決。密室トリック。犯人消失トリック×2。意外な犯人。 ミステリーとし... もっと読む

黄色い部屋の秘密〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

237
3.40
ガストン・ルルー 2015年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代が時代なので情報の後出しや超展開、リアリティに欠くトリックなど突っ込みどころは多いが、ルールタビーユのいかにもな名探偵ぶり、それを盛り上げる議論、法廷... もっと読む

黄色い部屋の謎【新訳版】 (創元推理文庫)

232
3.44
ガストン・ルルー 2020年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1907年の作品で密室ミステリの名作と評判の一冊。 緻密に練り込まれたトリック、物語の構成力、そしてキャラクターの色の濃さ、 どれをとっても時代を超えてワ... もっと読む

オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫)

225
3.80
ガストン・ルルー 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

観たことはないが、ミュージカルなどで名前を知る程度だったオペラ座の怪人の本家。正直、ストーリーを最初にこの原作で知ることができた幸運を思わずにはいられない... もっと読む

オペラ座の怪人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

166
3.22

感想・レビュー

好み別れるとこだろうけど、シブい言葉づかいの翻訳が作品の内容と相まって古風な雰囲気を醸し出している…個人的には気に入ってます これを読んだ後に他の現代風の... もっと読む

ガストン・ルルーの恐怖夜話 (創元推理文庫 (530‐1))

148
3.56

感想・レビュー

『オペラ座の怪人』で有名なガストン・ルルーによる、「こわい話」の作品集です。とは言っても超自然の恐怖を描いたものは少なく、解説にもあるように奇譚(あるいは... もっと読む

黒衣婦人の香り (創元推理文庫 108-2)

87
3.23
ルルー 1976年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『黄色い部屋の謎』の続編です。前作で謎のまま残っていた『黒衣婦人の香り』が気になったため、読みました。 本作では、死んだと思われていた悪党ラルサンが... もっと読む

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (ラダーシリーズ Level 3)

50
4.08
ガストン・ルルー 2015年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原著ベースのオペラ座の怪人はこんな話だったんですね。 ホラー感が強くてかなり面白かったです。 もっと読む

オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫)

45
3.92
ガストン・ルルー 電子書籍 2013年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●最も印象的だった場面 ペルシャ人とラウールが奈落を降りて行く場面。 息を飲むような臨場感があった。 ●描写 描写や表現が想像力たっぷりで、夢見ごちて... もっと読む

オペラ座の怪人 (子どものための世界文学の森 34)

40
3.00
ガストン・ルルー 1996年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある日クリスチーネと言う女の人が何者かに誘拐されてしまいました。そのクリスチーネを助けるためにラウルとペルシア人が戦いに行きます。戦いが僕は面白いと思いま... もっと読む

黄色い部屋の謎 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(2) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)

34
3.93
ガストン・ルルー 1998年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

密室!密室!!古き良き時代の、密室!ご都合主義でも楽しめるのは、ミステリーが確立し探偵小説が盛り上がっていく時代のものなのねぇ…と改めて。おもしろかったぁ... もっと読む

黄色い部屋の謎【宮崎嶺雄訳】 (創元推理文庫)

27
3.44
ガストン・ルルー 電子書籍 2008年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎をより複雑にするためのトリックがふんだんにしかけられた、ミステリー小説の古典。DNA鑑定も指紋採取もない時代の密室トリックを、存分に味わえます。 もっと読む

黄色い部屋の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫 58-1)

25
3.20

感想・レビュー

歯医者で治療中、「痛かったら我慢しないで左手を上げて教えて下さい」と先生が言った。まさにその時、この古典の名作を思い出した。 もっと読む

黄色い部屋の謎 (1965年) (創元推理文庫)

24
3.40

感想・レビュー

20年以上も前に読んだ。再読しようかな。トリックは覚えてるけど、どんな話だったかは全く思い出せないからね。 もっと読む

オペラ座の怪人 (角川文庫)

21
3.33
ガストン・ルルー 電子書籍 2016年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりにも有名な今作だが、ただ漠然と題名を知っていただけで読んだ事はなかった。イメージしていた内容とは全然違っていたので、読んでみてよかった。とは言え、ま... もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示

ガストン・ルルーに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×