ガブリエルガルシア=マルケスのおすすめランキング

ガブリエルガルシア=マルケスのおすすめランキングのアイテム一覧

ガブリエルガルシア=マルケスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)』や『エレンディラ (ちくま文庫)』や『エレンディラ (ちくま文庫)』などガブリエルガルシア=マルケスの全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

4017
4.12

感想・レビュー

「百年の孤独」ガルシア=マルケス 孤独にこれほど多彩な種類があること、物理的な距離と精神的な距離が必ずしも一致しないことを改めて痛感させられた作品です。... もっと読む

エレンディラ (ちくま文庫)

1651
3.82

感想・レビュー

死ぬわけがないガルシア=マルケスの訃報。南米のどこかで永遠に小説を書き続けていると思っていたのに・・・。 ということで再読。 83年にサンリオ文庫... もっと読む

エレンディラ (ちくま文庫)

1651
3.82

感想・レビュー

死ぬわけがないガルシア=マルケスの訃報。南米のどこかで永遠に小説を書き続けていると思っていたのに・・・。 ということで再読。 83年にサンリオ文庫... もっと読む

エレンディラ (ちくま文庫)

1651
3.82

感想・レビュー

死ぬわけがないガルシア=マルケスの訃報。南米のどこかで永遠に小説を書き続けていると思っていたのに・・・。 ということで再読。 83年にサンリオ文庫... もっと読む

エレンディラ (ちくま文庫)

1651
3.82

感想・レビュー

死ぬわけがないガルシア=マルケスの訃報。南米のどこかで永遠に小説を書き続けていると思っていたのに・・・。 ということで再読。 83年にサンリオ文庫... もっと読む

ラテンアメリカの文学 族長の秋 (集英社文庫)

560
3.96

感想・レビュー

顔面10センチのところにクーラーの室外機があるような熱さ。極彩色でばかばかしく可笑しく哀しい。読み始めてすぐ「超弩級」という大仰な言葉が頭に浮かび、そのあ... もっと読む

族長の秋 他6篇

285
3.76

感想・レビュー

マジックリアリズム・クズ文学の名作。版を変えての再読だけれど、二回目も変わらず大統領はいじらしい。暴虐で卑怯で臆病なのに、あの愛の報われなさがかわいらしく... もっと読む

予告された殺人の記録・十二の遍歴の物語 (Obras de Garc〓a M〓rquez (1976-1992))

271
3.95

感想・レビュー

「予告された殺人の記録」 めくるめく読書体験。読んでいて、目が物語を追いかけている感覚になった。体が引っ張られる。耳が街の喧騒を聞く。そこここに人が。ま... もっと読む

愛その他の悪霊について

208
3.98

感想・レビュー

五感に訴えてくる表現が多いので、するする読めるけど、なかなか理解するのが難しい内容に思われた。2人がともに見た夢の舞台、雪の降る荒野がおそらく同じ土地、サ... もっと読む

族長の秋 (ラテンアメリカの文学) (集英社文庫)

172
3.76

感想・レビュー

全編を通して語り手が次から次へと変わったり、時間が過去へと未来へと行ったり来たりするので、内容がつかみきれませんでした。現実とファンタジーの混在っぷりもか... もっと読む

迷宮の将軍

120
3.67

感想・レビュー

「この町では誰からも愛されていないんだからさっさと出て行こう」 その言葉は将軍が何度も口に出していたのでだれも本気にしなかった。 しかし今度は本気だっ... もっと読む

悪い時 他9篇

115
3.78

感想・レビュー

静寂な朝は一発の銃声に破られた。熱気を孕んだ暑い空気に腐敗臭や動物の臭い、香水の匂い、オーデコロンの残り香が漂い、教会の鐘の音、映画の音楽、トランペットが... もっと読む

ガルシア=マルケス「東欧」を行く

73
3.85

感想・レビュー

新聞で書評を見て即買い。 1957年30歳のマルケスが東欧とロシアへ行って書いたルポルタージュ。 スターリンとレーニンの霊廟に行った「スターリンは赤の... もっと読む

誘拐

56
3.61

感想・レビュー

しばらく柔らかいものばかり読んでいたので、久しぶりに骨のあるものが読みたくなったのと、更に、昨年のノーベル平和賞がらみのニュースのあれこれがよく理解できな... もっと読む

エバは猫の中―ラテンアメリカ文学アンソロジー (サンリオ文庫)

35
3.44

感想・レビュー

ラテンアメリカの小説の突拍子もなさを堪能できるアンソロジー。河出の『ラテンアメリカ怪談集』より「なんじゃこりゃ」度が高いので、起承転結があるのが好みなら河... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示

ガブリエルガルシア=マルケスに関連する談話室の質問

ツイートする