キャサリン・コールターのおすすめランキング

プロフィール

キャサリン・コールター  Catherine Coulter
1978年に作家としてデビュー。以来本格的な長編ヒストリカル・ロマンスを次々に発表し、人気作家となる。
『旅路』(二見文庫)から開始されたFBIシリーズは、新刊が出版されるたびにニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト上位にランキングされている。
現在は二匹の愛猫とともにカリフォルニアに在住。

「2019年 『誘発』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャサリン・コールターのおすすめランキングのアイテム一覧

キャサリン・コールターのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『迷路 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)』や『夜の炎 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)』や『シャーブルックの花嫁 (MIRA文庫)』などキャサリン・コールターの全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

迷路 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

49
3.60

感想・レビュー

何故不安症を抱える主人公は自分のアパートに入っ て違和感を感じたにもかかわらず、部屋を隅々まで調べもせずにバスルームへ直行してシャワーを浴びだすの? ... もっと読む

夜の炎 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

47
3.38

感想・レビュー

図書館の本 内容(「BOOK」データベースより) 十九世紀初頭、イギリス。両親を失ったアリエルは、後見人の異父兄によって、老レンデル子爵のもとに嫁... もっと読む

シャーブルックの花嫁 (MIRA文庫)

47
3.14

感想・レビュー

★4.5 再読。 特に後半からは何度も読み返している。 シリーズを増すごとにヒーローダグラスの胸フェチっぷりも増していくのが面白くて大好きなシリ... もっと読む

袋小路 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

44
3.30

感想・レビュー

サビッチとシャーロック、結婚してました。しかもショーン君というベイビーまで!あいだの数冊は翻訳されてないのですね、残念。今作ではサビッチの妹リリーとサイモ... もっと読む

夜の絆 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

41
3.63

感想・レビュー

中盤ヒーローの豹変ぶりがひどかった。 ストーリーは面白くイッキ読み。 もっと読む

南の島の花嫁 (MIRA文庫)

38
3.08

感想・レビュー

図書館の本 内容(「BOOK」データベースより) 伯爵家の次男ライダー・シャーブルックは、南国の領地で起こった騒動を静めるためジャマイカに赴いた。... もっと読む

湖畔の城の花嫁 (MIRA文庫)

35
3.38

感想・レビュー

図書館の本 内容(「BOOK」データベースより) 伯爵家の令嬢シンジャン・シャーブルックは舞踏会で長身の男性にひと目惚れした。漆黒の髪に、吸い込ま... もっと読む

土壇場 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

34
3.60

感想・レビュー

昔に読んだ本。 こういう系の本にハマったなぁ。 もっと読む

エデンの彼方に (二見文庫 コ 5-6 ザ・ミステリ・コレクション)

32
3.21

感想・レビュー

本「エデンの彼方に」リンジーは心にトラウマを持ちながらもモデルとして成功するが何者かに命を狙われる?! http://youyou-bookmovie.... もっと読む

エデンの丘の花嫁 (MIRA文庫)

32
3.30

感想・レビュー

図書館の本 内容(「book」データベースより) 伯爵家の三男タイセン・シャーブルックは、大伯父の死去に伴い男爵位とスコットランドの古城を相続した... もっと読む

恋の訪れは魔法のように (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

32
3.07

感想・レビュー

マジック・シリーズ1作目。花嫁を選びにやって来たロザミア伯爵ホークの目を欺くために変装して内気で不細工な娘を演じるフランシス。義父の侯爵の励ましを受けて変... もっと読む

真珠の涙にくちづけて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

30
3.08

感想・レビュー

24歳にして伯爵の義務を背負わされながらも叔父に憎まれすべてを奪われた男マーカスと、19歳にして何事にも動じない孤高の”妃殿下”と呼ばれる庶子のヒロインと... もっと読む

戦士と誇り高き王女 (ランダムハウス講談社文庫 コ4-2 )

30
3.40

感想・レビュー

戦士と・・・のシリーズのひとつ。 いわゆるロマンティックな小説です。 この次のシリーズを先に読んでいたので、その背景が最後まで来て、やっとわかって満足... もっと読む

自惚れ伯爵の執愛 (MIRA文庫)

30
2.44

感想・レビュー

男装して領地で楽しむ準男爵の娘キャサリン・ブランドンは、マーチ伯爵ジュリアン・エドワード・モウブレイ・セントクレアと出会い…。 マーチ伯爵の一貫したケイ... もっと読む

旅路 (二見文庫 コ 5-8 ザ・ミステリ・コレクション)

29
3.71

感想・レビュー

FBI捜査官 × 容疑者 読み進める内に親しみの湧く登場人物。ヒーローがサックスを吹いたり、変なこと言い出したり、目が離せない。 もっと読む

黄昏に輝く瞳 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

28
2.93

感想・レビュー

17歳の主人公ジアナは、恋や結婚に憧れる純真無垢な女の子。この事態では珍しい実業家の母に、最愛の人、ランダルを紹介するも、母はこの男が金目当てで娘に近づい... もっと読む

死角 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

28
3.80

感想・レビュー

図書館の本 内容(「BOOK」データベースより) 数学教師連続殺人を捜査中のサビッチとシャーロックの元に、かつての同僚マイルズから息子が誘拐された... もっと読む

夜の嵐(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

26
3.13

感想・レビュー

図書館の本 内容(「BOOK」データベースより) 愛する妻を亡くして五年、忘れ形見の愛娘とともに航海の旅を続ける英国人男爵アレックは、アメリカにあ... もっと読む

月夜の館でささやく愛 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

26
3.13

感想・レビュー

ヒストリカルロマンス小説。昔だからこそのジェンダー問題があったり、切ないシーンもありますが、女性がとにかく元気。ジェットコースター推理小説というところ。 もっと読む

ゆれる翡翠の瞳に (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

25
3.40

感想・レビュー

さっすがセイントだわ。ペネロピも収まるところに収まって良かったわ。 もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする