キャロル・グラックのおすすめランキング

プロフィール

キャロル・グラック CAROL GLUCK
コロンビア大学歴史学教授。1941年、アメリカ・ニュージャージー生まれ。ウェルズリー大学卒業。1977年、コロンビア大学で博士号取得。専門は日本近現代史・現代国際関係・歴史学と記憶。1996年アジア学会会長。2006年、旭日中綬章受章。著書に『歴史で考える』(岩波書店)。共著に『日本はどこへ行くのか』(講談社学術文庫)、『思想史としての現代日本』(岩波書店)などがある。


「2019年 『戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャロル・グラックのおすすめランキングのアイテム一覧

キャロル・グラックのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)』や『日本はどこへ行くのか 日本の歴史25 (講談社学術文庫)』や『日本の歴史 25巻』などキャロル・グラックの全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)

141
3.86

感想・レビュー

自分が知っている歴史上の事件の情報がどこからきているものか振り返り、記憶と歴史を区別して考え、物事が起きた複雑な背景を整理・理解する作業の大切さが、今いか... もっと読む

日本はどこへ行くのか 日本の歴史25 (講談社学術文庫)

55
3.33

感想・レビュー

【目次】 はじめに 比屋根照夫 [003-006] 目次 [007-011] 第一章 20世紀の語り[キャロル・グラック] 015   二十世... もっと読む

日本の歴史 25巻

45
3.10

感想・レビュー

日本の歴史(25) 日本はどこへ行くのか ISBN:9784062689250 ・グラック,キャロル(Gluck,Carol) ・姜尚中(カンサン... もっと読む

歴史で考える

16
3.33

感想・レビュー

歴史が単なる過去の叙述ではなく、現在を考える材料としてとらえられることを痛感する。その意味で、歴史は常に現代文学と言える。 もっと読む

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)

11
4.00
キャロル・グラック 電子書籍 2019年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史認識について、私たちは自身の認識が正しいものと(少しは間違っているかもしれないが)思いがちです。しかし、他者から見たものと大きく違っていることは実際多... もっと読む

「日米関係」からの自立―9・11からイラク・北朝鮮危機まで

10
2.67
キャロル・グラック Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベトナム戦争や沖縄問題、9・11事件などをきっかけにアメリカと日本、中国などの関係についての対談が本になっている。結構こまかい感じ もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする
×