ギュスターヴ・フローベールのおすすめランキング

ギュスターヴ・フローベールのおすすめランキングのアイテム一覧

ギュスターヴ・フローベールのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ボヴァリー夫人 (新潮文庫)』や『ボヴァリー夫人 (河出文庫)』や『感情教育(上) (古典新訳文庫)』などギュスターヴ・フローベールの全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

414
3.36

感想・レビュー

吉田健一の『文学人生案内』第一章「文学に現われた男性像」に小説には女性が華やかに、かつ悲惨に焦点を当てられ中心になって描かれているのが多い、男性には光が当... もっと読む

ボヴァリー夫人 (河出文庫)

227
4.02

感想・レビュー

フローベールが「ただ息をするように書いてみた」実験的小説。そして完成したこの小説は不思議な小説になった。恋愛とは幻想である。話自体は小説のような恋愛という... もっと読む

感情教育(上) (古典新訳文庫)

95
3.93
フローベール 2014年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディサルディエ良い奴やな もっと読む

三つの物語 (光文社古典新訳文庫)

95
3.89

感想・レビュー

新訳にて再読。昔、読んだのは10数年前だったけど、「素朴なひと」は多分、これ以上の完全な小説は無いのじゃないか、と思った。確かに再読してみても、思った以上... もっと読む

感情教育 上 (河出文庫)

89
4.10

感想・レビュー

私が持っている山田爵氏が翻訳したフローベル氏の著書 は、この「感情教育」上下巻と「ボヴァリー夫人」だけ です。 ああ、もっと山田爵氏の著作が読みたいよー... もっと読む

愛書狂 (平凡社ライブラリー)

85
3.69
G.フローベール 2014年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビブリオマニアとは、書物の装丁の美しさや稀少価値にこだわり、その蒐集に取りつかれた人たちのこてで、私のように何冊積んでもそのうち必ず読むことを前提に本を買... もっと読む

サロメ

81
3.96

感想・レビュー

 今週の日曜美術館(再)でモロー描くサロメに接し、サロメ愛が再燃する。  何処かの画廊で入手した詩画集があったはず。本棚から引っ張り出して鑑賞する。 ... もっと読む

感情教育(下) (古典新訳文庫)

80
3.94
フローベール 2014年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ついに…読み終えてしまった…!めちゃくちゃにおもしろくて、素晴らしい作品… ①ダンブルーズ氏の葬式における描写。 ・フローベールの死に対するあっけない滑... もっと読む

感情教育 下 (河出文庫)

64
4.29

感想・レビュー

19世紀フランスの作家フローベルの代表的長編小説、副題は「ある青年の物語」、1869年。 フローベールの代表作として『ボヴァリー夫人』と並び称され... もっと読む

ブヴァールとペキュシェ

41
4.60

感想・レビュー

二人の男が様々な学問に中途半端に手を出しては失敗する。滑稽というか、ユーモラスというか。19世紀半ばの学術的知識が全て詰め込まれているのだと思う。たまたま... もっと読む

フローベール全集 5 ブヴァールとペキュシェ/紋切型辞典

5

感想・レビュー

「ブヴァールとペキュシェ」は未完の傑作! 完成してれば、間違いなく超傑作。 こういうものこそ、新訳を頼むよ…絶版なんだよなぁもう。 もっと読む

純な心 (大学書林語学文庫)

3

感想・レビュー

ひたすら従順に主人に仕える女の一生。 ブルジョワ階級に都合のよいストーリー。 もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×