ケント・ギルバートのおすすめランキング

プロフィール

1952年、アメリカ合衆国アイダホ州に生まれる。カリフォルニア州弁護士、経営学修士(MBA)、法務博士(ジュリスドクター)。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に宣教師として初来日。その後、国際法律事務所に就職し、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行してテレビに出演。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。著書には、2017年売上No.1新書に輝いた『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『日本人が知らない 朝鮮半島史』(ビジネス社)など多数。

「2022年 『わが国に迫る地政学的危機 憲法を今すぐ改正せよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケント・ギルバートのおすすめランキングのアイテム一覧

ケント・ギルバートのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)』や『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』や『まだGHQの洗脳に縛られている日本人 (PHP文庫)』などケント・ギルバートの全188作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

874
3.46

感想・レビュー

嫌韓嫌中な点は偏り過ぎている気がする。テレビ放送には賛成反対両論を報道しろと作中で主張しているのだから、本書でも両論展開してもらいたいところだ。 ただ日本... もっと読む

まだGHQの洗脳に縛られている日本人

206
3.93

感想・レビュー

<目次> 第一章 WGIPで失われた日本人の愛国心 第二章 韓国よ、あなた方こそ歴史に学んで恥を知れ 第三章 中国よ、「アジア諸国にとっての脅威」はあなた... もっと読む

まだGHQの洗脳に縛られている日本人 (PHP文庫)

130
4.12

感想・レビュー

「戦前、日本は侵略国家だった」 「日本人は平和憲法を自ら求めてつくった」 戦争に敗れた日本が、二度とアメリカなどに逆らわないよう、GHQが占領政策で広... もっと読む

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

118
3.83

感想・レビュー

以前から疑問に思っていたんですが、 ケント・ギルバード氏は、なぜ英語で情報をもっと発信しないかと? 日本での著作は、豊富ですが、 アメリカでの、著作... もっと読む

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)

111
3.73

感想・レビュー

20190915 読了 ☆4.4評価で四捨五入☆4つ評価 覚書 第一章 君が代・日の丸と星条旗 第二章 愛国心を支えるのは「豊かな言葉」 第... もっと読む

いい加減に目を覚まさんかい、日本人! これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮

96
3.85
百田尚樹 2017年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前から疑問に思っていたんですが、 ケント・ギルバード氏は、なぜあまり英語で発信しないかと?。 お二人とも、非常に日本を愛しているのは、わかりますが、 発... もっと読む

日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人 (SB新書)

94
3.57

感想・レビュー

ケント・ギルバート氏が、海外で尊敬されている日本人について綴った一冊。 既に日本で有名な人もいるが、日本では無名な人もいて、誇らしく思うと同時に、日... もっと読む

中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

90
3.43

感想・レビュー

 中華思想とは自分が1番で他の民族は辺境の野蛮人という考え。  中国も韓国もこの思想に囚われて他国と軋轢を生じさせている。    中華思想という古代からの... もっと読む

日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか

85
3.39

感想・レビュー

 アメリカ人のケントギルバード氏と、帰化した元中国人の石平氏による対談方式の著書。  中国の日本への硬軟織り交ぜた活動、日本を占領し、その精神を蝕むアメリ... もっと読む

米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体 (角川新書)

84
4.00

感想・レビュー

ギルバート氏のいつもの主張、GHQによりつくられた憲法の話。 もっと読む

ケント&幸洋の大放言!

72
3.55

感想・レビュー

読みやすくていい本だが、その当時に読まないといけない本。 後から読むと鮮度が落ちる。 もっと読む

いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

71
3.72

感想・レビュー

なぜ、彼らは日本を弱体化させることばかりしているのかわからなかった。 この本を読んでスッキリしました。 「資本主義国同士の対立を煽って相互に戦争をさせ... もっと読む

天皇という「世界の奇跡」を持つ日本

64
3.94

感想・レビュー

読んでみると、まあ極めて当り前のことかなと思える。以前の職場の同僚に共産党員がいたけれど、彼にこの本の内容を話したら、いろいろと反論するんだろうなとつい考... もっと読む

素晴らしい国・日本に告ぐ! (SERINDO BOOKS)

59
4.19
テキサス親父 2015年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これもAmazon散歩の見つけモノ。 日本を愛するガイジン二人の対談です。 ご自身には何のメリットがあるわけでもないのに これはおかしい!と... もっと読む

日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ!

59
3.52

感想・レビュー

ギルバートさん、改めて当たり前の事を自覚でしました。 日本人としてポリシーを信じ行動していきます。ありがとう。 もっと読む

マスコミはなぜここまで反日なのか

56
2.93

感想・レビュー

なぜ反日か、と言う理由は、おそらくこの本で語っていることだけでは不足だと思う。 が、そのために何が起きているかは良くわかる。 某隣国ほどではないが... もっと読む

日本覚醒

54
4.06

感想・レビュー

戦後、アメリカによって洗脳工作があったことは聞いたことがありましたが、具体的な内容は知らず、本書を通じて理解することができました。 従軍慰安婦の問題など、... もっと読む

東京裁判をゼロからやり直す (小学館新書)

54
3.94
ケントギルバート 2018年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京裁判(極東国際軍事裁判)は、裁判の名を借りた戦勝国の復讐劇であったということ、GHQによる日本占領政策は、日本にすべての戦争責任を負わせ、日本人に拭い... もっと読む

いい加減に目を覚まさんかい、日本人! (祥伝社新書)

54
3.27
百田尚樹 2019年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モノ言う作家・百田尚樹さんと日本在住40年近いカリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさんの対談本。長年、日本のテレビの裏側を見てきた御二人には、日本や... もっと読む
全188アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×