ケン・フォレットのおすすめランキング

プロフィール

1949年、ウェールズ生まれ。新聞記者、出版社勤務などを経て1978年にスパイ小説『針の眼』を発表、同書はアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞した。1989年に発表した『大聖堂』は全世界で2000万部以上を売り上げ、18年後に刊行された続編『大聖堂―果てしなき世界』も大きな話題を呼んだ。壮大なスケールで激動の20世紀を描いた本書「百年三部作」は、フォレット畢生の大作として世界的ベストセラーとなった。

「2016年 『永遠の始まり Ⅳ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケン・フォレットのおすすめランキングのアイテム一覧

ケン・フォレットのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『大聖堂 (上) (ソフトバンク文庫)』や『大聖堂 (中) (ソフトバンク文庫)』や『大聖堂 (下) (ソフトバンク文庫)』などケン・フォレットの全84作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

大聖堂 (上) (ソフトバンク文庫)

1075
3.97
ケン・フォレット 2005年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全三巻1000ページを超える大作ですが、ワクワクが止まらない。 歴史小説の醍醐味は全部入ってます。 とにかく、悪役ウィリアム・ハムレイがまぢサノバビッ... もっと読む

大聖堂 (中) (ソフトバンク文庫)

686
4.11
ケン・フォレット 2005年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(六章) ウィリアムに襲撃され没落したバーソロミュー家。アリエナと弟のリチャードは王に会うためシャーリングからウィンチェスターへ向かうが、王は別の地にい... もっと読む

大聖堂 (下) (ソフトバンク文庫)

673
4.17
ケン・フォレット 2005年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上中下というボリュームに加えて、中身が濃い! 親子、夫婦、恋人、師弟やライバルなどのぐちゃぐちゃな人間関係に絡むようにして、陰謀、謀略、殺人、破壊、権力闘... もっと読む

大聖堂-果てしなき世界(上) (ソフトバンク文庫)

350
4.13
ケン・フォレット 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「大聖堂」の続編。 200年後、既に大聖堂が建っている街キングズブリッジ。 騎士のサー・ジェラルドの長男でのちに建築職人になるマーティンと、その弟で大... もっと読む

大聖堂-果てしなき世界(中) (ソフトバンク文庫)

279
4.27
ケン・フォレット 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖職者ですら悪意を持って世の中を牛耳る世界…なんて未開でいやな世界なんだ。こんな時代に生まれなくてよかった。今の時代はまともだし…と、読んでて思うが、今か... もっと読む

大聖堂―果てしなき世界 (下) (ソフトバンク文庫)

276
4.30
ケン・フォレット 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ペストとの戦いやラルフの暴虐にも決着がつき、よい終わり方だった。でもなぜか、グウェンダとアネットの和解のシーンで胸がいっぱいになった。 それにしても、マ... もっと読む

巨人たちの落日(上) (ソフトバンク文庫)

186
4.14
ケン・フォレット 2011年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月-6。3.5点。 第一次世界大戦前からのスタート。 続編読むために再読。 最初は取っつきにくいが、徐々にペースアップ。 フィッツ、モード、エセ... もっと読む

大聖堂〈上〉 (新潮文庫)

186
3.97

感想・レビュー

どこか優しく繊細な日本作家の本に食傷気味となり、久しぶりに再読した「大聖堂」です。記憶に有るとおり、泥臭く、太く、力強い作品でした。 善悪の対比、特にそ... もっと読む

巨人たちの落日(中) (ソフトバンク文庫)

136
4.12
ケン・フォレット 2011年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月-7。3.5点。 中巻。 第一次世界大戦に入った、それぞれ。 モード・エセルは婦人運動、 ワルターは、ドイツを和平へ持って行こうとする。 フ... もっと読む

巨人たちの落日(下) (ソフトバンク文庫)

136
4.19
ケン・フォレット 2011年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月-8。3.5点。 第一次世界大戦、終戦。 主人公それぞれが、成長・挫折・成功。 次作は、主人公たちの子供が活躍する模様。 楽しみ。 もっと読む

針の眼 (創元推理文庫)

129
4.05

感想・レビュー

読んで損はなし。 もっと読む

大聖堂〈下〉 (新潮文庫)

118
4.17

感想・レビュー

大聖堂の建築を巡って織りなされる壮大な「欲望」の物語。 もっと読む

大聖堂〈中〉 (新潮文庫)

109
4.00

感想・レビュー

トムが脱落してしまうことに落胆した中巻。ひたすらウィリアムがいなくなれば万事解決なのにと思いながら読みました。アルフレッドもきらいです。 この本で好きな... もっと読む

凍てつく世界 I (SB文庫)

106
4.12
ケン・フォレット 2014年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ファシズムの思想がドイツを覆い尽くそうとする時代。自分の置かれた現状を他に求め、踏み潰すことで、己のアイデンティティを守ろうとする恐ろしい世界。そこにある... もっと読む

針の眼 (新潮文庫)

91
3.56

感想・レビュー

この時代に書かれた本なのに、女性の内面の性描写がリアルで躍動的。村上龍オススメ。 もっと読む

凍てつく世界 II (SB文庫)

79
4.15
ケン・フォレット 2014年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月-11。3.5点。 カーラとデイジーの活躍巻。 戦争が激化していき、それぞれの若者の運命が。 ドイツの悲惨さ、ソビエトの過酷さが印象的。 もっと読む

凍てつく世界 III (SB文庫)

71
4.12
ケン・フォレット 2014年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月-1。3.5点。 第3巻。本格化する第二次大戦。 ハワイでは登場人物に、日本軍の攻撃が。 主人公たちの身の危険、愛憎劇等々、読み応えあり。 もっと読む

凍てつく世界 IV (SB文庫)

69
4.13
ケン・フォレット 2014年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お見事の一言。 もっと読む

永遠の始まり I (SB文庫)

69
4.14
ケン・フォレット 2016年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回の舞台は、モスクワ、ワシントンDC、キューバ、ベルリン、モスクワ、ロンドン。1961年の公民権運動、ベルリンの壁建設、キューバ危機を巡る群像劇。政治の... もっと読む

大聖堂 BOXセット (ソフトバンク文庫)

68
4.00
ケン・フォレット 2009年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2日で読み終わっちゃったよ もっと読む
全84アイテム中 1 - 20件を表示

ケン・フォレットに関連する談話室の質問

ツイートする