ケン・リュウのおすすめランキング

ケン・リュウのおすすめランキングのアイテム一覧

ケン・リュウのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)』や『紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)』や『もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)』などケン・リュウの全44作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)

1526
3.93
ケン・リュウ 2017年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作の印象的なタイトルから気になっていた作品だったが、期待以上だった。とても短いページ数の作品ばかりなのに、長編小説を読んだような心持ちになり、素晴らし... もっと読む

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

1119
3.92
ケン・リュウ 2015年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

散々話題になって、2010年代SFのベスト10にも選ばれて、ようやく読んだケン・リュウの『紙の動物園』 確かに面白いのだけど、それ以上にSFというジャン... もっと読む

もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)

637
3.93
ケン・リュウ 2017年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、「紙の動物園」に続く短編傑作集2とのこと。「もののあはれ」、「潮汐」、「選抜宇宙種族の本づくり習性」、「どこかまったく別な場所でトナカイの大群が」... もっと読む

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

593
4.05
郝景芳 2018年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国については個人的にそれなりの思い入れがあって、定期的に現地を訪れていたものの、もう色々あって現地を10年以上訪れていないていたらく(?)です。 現地... もっと読む

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (ハヤカワ文庫SF)

464
4.07
中原尚哉 2019年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ケンリュウが自ら選んだ13篇のSF集。少し暗めのトーンの話が多かったが、「神様の介護係」と「折りたたみ北京」はユーモアもあり(日本語訳もうまかった)、面... もっと読む

スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)

392
3.59
ケン・リュウ 2018年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

>はじめに神は画面を創造された。 >画面は混沌であって、闇がすべてを覆いつくし、なにもなかった。 >神は言われた。「ドットあれ」こうして、ドットがあっ... もっと読む

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

288
4.13
ケン・リュウ 電子書籍 2015年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短い話を立て続けに読むのはつらいなっていう残念さ(私の)。 好きなのは 「良い狩りを」白眉! 「文字占い師」つらかった……。子供の浅はかさに対する代償が... もっと読む

母の記憶に (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

288
3.84
ケン・リュウ 2017年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『紙の動物園』は選りすぐりの短編集で、ベストセラーになったため、残った作品でこの本を編んだようだ。 前と同じくらい読みやすく、情緒的だったり、ストーリー... もっと読む

生まれ変わり (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

238
3.54
ケン・リュウ 2019年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇宙人との共生、電脳世界など人間のあり方とはなんなのか考えさせられた短編集。ケン・リュウ氏のあたたかな描き方がほっとさせられる。他に2冊短編集を出版してい... もっと読む

母の記憶に (ケン・リュウ短篇傑作集3)

208
4.13
ケン・リュウ 2019年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ケンリュウ3作目のSF短編集。大いに期待しながら読んだ。 SF短編集として扱うテーマは手広い。 時間旅行、異星の古代文化、戦争マシンと生命倫理... もっと読む

2010年代海外SF傑作選 (ハヤカワ文庫SF)

177
3.72

感想・レビュー

先日「2000年代海外SF傑作選」を読了しまして、その際の感想は「『綺麗であっさりしすぎている』か『ちょっとやり過ぎでくどい』かどちらか」。あまりピンとく... もっと読む

草を結びて環を銜えん (ケン・リュウ短篇傑作集4)

170
4.58
ケン・リュウ 2019年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

王朝が明から清へ替わる頃。揚州大虐殺をモチーフに美貌と知性を駆使して生き延びようとしたひとりの遊女と下女。生死は偶然でゆえに不公平。それが天の定め=運命な... もっと読む

宇宙の春 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

137
3.75
ケン・リュウ 2021年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

縦長のペーパーバックは軽いし気軽に読めていい、という形の感想は置いといて、中国系米国人の作者によるSFが10編入った短編集で、特に期待せず読み始めたが、ま... もっと読む

世界SF作家会議

131
3.41
新井素子 2021年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは面白かった。 『世界SF作家会議』は2020年から現在までに3回、フジテレビ系列関東ローカルの深夜番組として公開され、放送終了後すぐYouTu... もっと読む

中国・SF・革命

109
3.18
ケン・リュウ 2020年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

河出書房新社文藝2020年春季号(2020年1月)中国・SF・革命を大幅増補して、2020年7月河出書房新社刊。中国SFをテーマにした、日、米、中の作家1... もっと読む

生まれ変わり (ケン・リュウ短篇傑作集5)

108
3.85
ケン・リュウ 2021年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年2月新☆ハヤカワ・SFシリーズ刊の生まれ変わりを2分冊した1冊目として、2021年1月ハヤカワSF文庫刊。地球上での新種人類とのファーストコンタ... もっと読む

蒲公英(ダンデライオン)王朝記 巻ノ一: 諸王の誉れ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

106
3.55
ケンリュウ 2016年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半読み終わった直後の感想。「項羽と劉邦」の物語を知らない人の方がより楽しめるのかもしれない。気になったのは、視点が分散しすぎているのではないかということ... もっと読む

Arc アーク ベスト・オブ・ケン・リュウ

98
3.83
ケン・リュウ 2021年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画『Arc アーク』オフィシャルサイト|2021.06.25 FRI https://wwws.warnerbros.co.jp/arc-movie/ ... もっと読む

神々は繋がれてはいない (ケン・リュウ短篇傑作集6)

92
3.60
ケン・リュウ 2021年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年2月新☆ハヤカワ・SFシリーズ刊の生まれ変わりを2分冊した2冊目として、2021年2月ハヤカワSF文庫刊。1冊目より楽しめた。カルタゴの薔薇と神... もっと読む

蒲公英(ダンデライオン)王朝記 巻ノ二: 囚われの王狼 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

70
4.11
ケン・リュウ 2016年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻よりは確実に乗ってきたーーって感じ。ちゃんと「背水の陣」も「四面楚歌」も「垓下の歌」も登場するので古典好きには嬉しい。マタ=項羽とクニ=劉邦の人物のバ... もっと読む
全44アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×