ゲーテのおすすめランキング

ゲーテのおすすめランキングのアイテム一覧

ゲーテのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『若きウェルテルの悩み (新潮文庫)』や『ゲーテ格言集 (新潮文庫)』や『ファウスト〈1〉 (新潮文庫)』などゲーテの全399作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

2839
3.56
ゲーテ 1951年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二百年以上前に書かれた小説。けれど、後半のウェルテル、ロッテ、アルベルトのそれぞれの心の葛藤を描いたあたりを読むと、人の本質はどの時代でも変わらないのだな... もっと読む

ゲーテ格言集 (新潮文庫)

1696
3.63
ゲーテ 1952年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつでも自分の手の届くところにおいておきたい本だと思う。 気分が落ち込んでいるときや、選択に迷ったとき、また人に何か言葉をささげたいとき、わたしはきっと... もっと読む

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)

1559
3.71
ゲーテ 1967年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文豪ゲーテの代表作とされる長編の戯曲。第一部は1808年、第二部は1833年(ゲーテの死の翌年)に発表された。 15~16世紀にドイツに実在したと言われ... もっと読む

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

1529
3.52
ゲーテ 1978年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ウェルテルの恋とその破局を描いた書簡体小説。とにかくドラマチック、熱い。 ウェルテルの激情は、なかなか理解しがたかった。でも、まったくの共感は出来ずとも... もっと読む

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)

1203
3.60
ゲーテ 1958年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずっと前に授業で読んだ、クリストファー マーロウ版のDr Faustusより、ゲーテ版ファウストのほうが登場人物たちが生き生きしてて面白かった。特にメフィ... もっと読む

ファウスト〈2〉 (新潮文庫)

1035
3.53
ゲーテ 1968年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文豪ゲーテの代表作とされる長編の戯曲。第一部は1808年、第二部は1833年(ゲーテの死の翌年)に発表された。 15~16世紀にドイツに実在したと言われ... もっと読む

ゲーテ詩集 (新潮文庫)

883
3.51
ゲーテ 1951年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩は萩原朔太郎と高村光太郎くらいしか合わない・・・というかさっぱり分からなかったのですが、なかなかどうしてちょくちょくピンとくるものがありました。 かな... もっと読む

ファウスト〈第二部〉 (岩波文庫)

700
3.54
ゲーテ 1958年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新しいタイプのプロレタリア文学です。無理難題をふっかけて、納得するまで金を払わないわがままなクライアント。それに翻弄されて右往左往する個人事業主。やっと報... もっと読む

ファウスト 第一部 新訳決定版 (集英社文庫)

513
3.43
ゲーテ 2004年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〝悲劇〟であることは確かだけれど、想像以上にギャグパートが多くて高速で読めた。幕「ワルプルギスの夜」で神話・歴史上の悪女たちのクロスオーバードリームマッ... もっと読む

ファウスト 第二部 新訳決定版 (集英社文庫)

328
3.28
ゲーテ 2004年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二部は一部とスケールが違う。神々(ギリシャ)世界、古代ローマ、聖書、舞踏会、洞窟…場面が変わるごとに世界も一転してゆく。その分、かなり読みにくく、ストー... もっと読む

ファウスト (まんがで読破)

311
3.25
ゲーテ マンガ 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世間一般的には成功者と思われる著名なドクターが自分の人生に満足しきれず、悪魔に魂を売ってしまうという話。愛する人ができ愛する人を失う。 もっと読む

イタリア紀行(上) (岩波文庫 赤405-9)

201
3.62
ゲーテ 1960年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は地質紀行としても第一級。ただ後半のローマ滞在のところは紀行というよりは思索的・抽象的な記述が多く読むのが大変だった。でもこの思索からのちにたくさんの... もっと読む

ヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈下〉 (岩波文庫)

166
3.81
ゲーテ 2000年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教養小説と呼ばれるからには、多少のお堅さや説教臭さは甘受しなければいけないのだろうなと想像していたが、全然そんな必要はなかった。因果と偶然からなるあらゆる... もっと読む

若きウェルテルの悩み (まんがで読破)

145
3.67
ゲーテ マンガ 2009年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんがで読破を読破するシリーズ。 ゲーテが描いた不朽の青春小説。 純愛であるがゆえに、それが成就できないとなると悲劇になっちゃうんだよな。まるで昼ドラ... もっと読む

イタリア紀行 中 (岩波文庫 赤 406-0)

113
3.71
ゲーテ 1960年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は地質紀行としても第一級。ただ後半のローマ滞在のところは紀行というよりは思索的・抽象的な記述が多く読むのが大変だった。でもこの思索からのちにたくさんの... もっと読む

イタリア紀行 下 (岩波文庫 赤 406-1)

107
3.53
ゲーテ 1960年5月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は地質紀行としても第一級。ただ後半のローマ滞在のところは紀行というよりは思索的・抽象的な記述が多く読むのが大変だった。でもこの思索からのちにたくさんの... もっと読む

ヘルマンとドロテーア (新潮文庫)

90
3.52
ゲーテ 1952年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完璧なストーリーの恋愛小説。短いのでちょっとした時間で読めるのもポイント。ヘルマンの実直なさまが非常によく表現されていて安心して読める。ドロテーアもイメー... もっと読む

ファウスト 悲劇第一部 (中公文庫)

81
3.81
ゲーテ 1974年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015.10.10あらゆる知的探求も内心の欲求を満たさないことに絶望したファウストは、悪魔メフィストフェレスと魂をかけた契約を結び、人生を体験しつくそう... もっと読む

ファウスト (挿絵=クラーク)

79
4.00

感想・レビュー

2012/02/08↓ 3分の2ほど読んだところですが… ハリー・クラークの絵が好きで思いきって買ったのですが、絵は素晴らしいのだけど、訳が…。 面... もっと読む

ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代〈上〉 (岩波文庫)

71
3.61
ゲーテ 2002年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前回作品も読みにくいけれども、いよいよ読みにくくなりましたよ。 とりあえず、秘密結社に入ったヴィルヘルムは息子と一緒に遍歴の旅に出たという事だね。 ... もっと読む
全399アイテム中 1 - 20件を表示

ゲーテに関連する談話室の質問

ツイートする