コナン・ドイルのおすすめランキング

プロフィール

1859年スコットランド、エディンバラ生まれ。小説家。推理小説、歴史小説、SF、戯作など、多岐にわたる作品を残す。中でも「シャーロック・ホームズ」シリーズは、現代のミステリ作品の基礎を築いたとされる。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得る。1930年没。

「2019年 『恐怖の谷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナン・ドイルのおすすめランキングのアイテム一覧

コナン・ドイルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)』や『緋色の研究 (新潮文庫)』や『四つの署名 (新潮文庫)』などコナン・ドイルの全830作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

5105
3.83
コナン・ドイル 1953年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いかな名作と云えど、やはりそれを読む時期というものがあって、本作も例外ではない。 この『シャーロック・ホームズの冒険』はオールタイム・ベスト選出に必ず上... もっと読む

緋色の研究 (新潮文庫)

3915
3.78
コナン・ドイル 1953年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記念すべき名探偵シャーロック・ホームズの初登場作品だが、私は今回初めて読んだ。 で、感想はと云えば、これが思った以上に凝った構成になっていることに驚いた... もっと読む

四つの署名 (新潮文庫)

2750
3.66
コナン・ドイル 1953年12月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シャーロックホームズシリーズを読むとホームズに影響されて推理したくなってしまう。 理論を聞くとなるほど、と思うけれどその理論にたどり着くプロセスがどれほ... もっと読む

シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)

2260
3.85
コナン・ドイル 1953年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海軍条約文書事件の朝食シーンは思わずニヤッとさかてしまう。ホームズの遊び心がよい。 最後の事件は、、、なんとも言えない気持ちになる。 もっと読む

シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)

2222
3.90
コナン・ドイル 1953年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ライヘンバッハの滝で死んだはずのホームズが帰ってきた! 本書には、彼の帰還を描いた「空家の冒険」をはじめとした10編の短編が収められています。 小学生... もっと読む

バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)

2175
3.90
コナン・ドイル 1954年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

The Hound of Baskervills(1902年、英)。 ホームズ・シリーズ、長編。 名家バスカヴィル家の当主が急死した。代々伝わる伝... もっと読む

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)

2082
3.78
コナン・ドイル 1953年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正式なシャーロック・ホームズシリーズとしては本書が最後になるだろうと思うのだが、それを意識せずとも晩年のホームズの活躍が多く散りばめられてシリーズの締め括... もっと読む

シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫)

1672
3.82
コナン・ドイル 1955年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シャーロックホームズの素晴らしさはトリックだとかどんでん返しにあるのではない。 ワトスンの語りから垣間見えるホームズという人間、ワトスンとの関係、魅力的な... もっと読む

恐怖の谷 (新潮文庫)

1637
3.81
コナン・ドイル 1953年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ホームズシリーズ最後の長編作品で、こちらもホームズ達が活躍する第一部と、物語中の人物の事情を描く三人称の第二部とに分かれる二部構成。  第二部では... もっと読む

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)

1612
3.80
コナン・ドイル 1955年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生の頃、偕成社のシャーロック・ホームズ全集を夢中になって読んでいたことを思いだした。 延原謙さんの訳が、わたしにはしっくりくる。すっと物語に入ってい... もっと読む

シャーロック・ホームズの冒険 (角川文庫)

646
3.98
コナン・ドイル 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シャーロックホームズの冒険 なんだか本格的な推理小説を読んでみたかったのでまずはシャーロックホームズシリーズを読んでみようと思った。物語はパターン化でき... もっと読む

緋色の研究 (角川文庫)

419
3.75
コナン・ドイル 2012年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

翻訳は読みにくいと思ってたのに... どんどん進む推理は面白いし、とっつきにくそうなのにワトソンに褒められて喜ぶホームズは可愛い。他人に対する評価は基本辛... もっと読む

失われた世界―チャレンジャー教授シリーズ (創元SF文庫)

350
3.82
コナン・ドイル 1970年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった! コナン・ドイルってシャーロック・ホームズしか知らなかったなぁ。 ホームズとチャレンジャー教授。 何だか正反対なキャラにも思えるけど、根... もっと読む

憂国のモリアーティ 8 (ジャンプコミックス)

344
3.97
三好輝 マンガ 2019年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冤罪明かすストーリーはちょっと起伏すくなかったかなあ。ラストの一人の学生、は面白かった。グッドウィルハンティング思い出した。こんな二人のやりとりは平和その... もっと読む

シャーロック・ホームズの回想 (角川文庫)

321
4.19
コナン・ドイル 2010年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホームズの短編集。 毎度ホームズが依頼人を見ただけで色々と見抜いてしまうのが面白い。今回の収録作ではホームズは大人し目だったかな?「冒険」の方では薬キメ... もっと読む

ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))

297
3.63
コナン・ドイル 1957年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドイル先生はもう、ホームズシリーズを書きたくなかった。 そこで、宿敵モリアティ教授とともに ホームズ先生を滝壺に落として(!)、シリーズを終わらせた。... もっと読む

シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)

225
3.72

感想・レビュー

大学のレポートのために読み始めた言わずと知れた名探偵ホームズシリーズの短編集 「まだらの紐」、「赤髪連盟」など、高い評価を受けている作品はやはり面白かった... もっと読む

バスカヴィル家の犬 (創元推理文庫 101-7)

207
3.46

感想・レビュー

「21世紀版奇想天外」の有栖川有栖を読むに至り、記憶が朧になってたのでご本家を再読。 ホームズは児童版やら映画化やらオマージュだったり、パロディだったり... もっと読む

四人の署名 (創元推理文庫 101-6)

204
3.30
コナン・ドイル 1960年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホームズ物の長編第2作目。1作目の「緋色の研究」がまったく売れず、この作品でホームズ人気が爆発したという事実が、この作品の魅力をよく教えていると思う。 もっと読む

シャーロック・ホームズの事件簿 (創元推理文庫)

203
3.65

感想・レビュー

約四十年にわたって書かれたホームズ譚の最後の十二編。 赤子の首から血を吸う吸血鬼、夜に這いまわる教授、納骨所での主人の怪しい行動といった怪奇趣味なもの、... もっと読む
全830アイテム中 1 - 20件を表示

コナン・ドイルに関連する談話室の質問

ツイートする
×