コルネーリア・フンケのおすすめランキング

プロフィール

1958年ドイツの西部、ヴェストファーレン州の町ドルステンに生まれる。ハンブルク大学で教育学を修め、卒業後、教育者としての仕事のかたわら、専門大学で本のイラストレーションを学ぶ。当初は子どもの本のイラストレーターとして出発。28 歳の時からは自分で文章も書くようになり、
以後フリーのイラストレーター、作家として活躍している。ドイツでもっとも著名な児童文学作家の一人であり、ウィーン児童文学賞、チューリヒ児童文学賞などこれまでに数多くの児童文学賞を受賞している。
著書に『どろぼうの神さま』『竜の騎士』『魔法の声』『魔法の文字』『魔法の言葉』『鏡の世界』(WAVE出版)などがある。

「2016年 『ゴーストの騎士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コルネーリア・フンケのおすすめランキングのアイテム一覧

コルネーリア・フンケのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『どろぼうの神さま』や『新装版 魔法の声』や『竜の騎士』などコルネーリア・フンケの全19作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

どろぼうの神さま

1603
3.67

感想・レビュー

ヴェネチアを舞台に、それぞれ理由があって親と離れた子供たちが身を寄せあって暮らしている。リーダー格が「どろぼうの神様」スキピオ。そこに新たに転がりこんだの... もっと読む

新装版 魔法の声

532
3.80

感想・レビュー

細かく章立てされて、次々にストーリーが展開して、ワクワクしながら一気に読めた。児童文学だが、都合の良すぎる展開はなく、むしろ、終始一貫してシリアスな状況が... もっと読む

竜の騎士

514
3.67

感想・レビュー

ドイツのJKローリングと呼び声高いフンケ作品。 ゲド戦記を読んでから、 竜の物語が大好きになりました。 できれば竜と人間が一緒に暮らしている(敵対関係で... もっと読む

魔法の声

350
3.70

感想・レビュー

本の世界から人物や物を出現させられる魔法の声。その能力ゆえに、自分が出現させてしまった極悪人に狙われてしまう魔法舌。 幼い頃に母を失い、父モーと二人暮ら... もっと読む

魔法の文字

270
3.72

感想・レビュー

大胆な設定で描くファンタジーの傑作。 「魔法の声」に続く2作目。 3部作で、この「魔法の文字」の続きの「魔法の言葉」も既に出ています。 少女メギ... もっと読む

魔法の言葉

89
3.39

感想・レビュー

長かった。 行って、帰ってこない物語。 でも、本の世界の魅力というのは、作家としては否定できないんだろうなぁ。そして、本好きとしては、多分、行ったら帰... もっと読む

ポティラ―妖精と時間泥棒

80
3.32

感想・レビュー

18:内気なアーサー少年が、妖精の国から放り出された女王ポティラと出会い、ともに妖精の国を奪還する物語。子ども向けのファンタジーとしても魅力的ながら、環境... もっと読む

ゴーストの騎士

62
3.58

感想・レビュー

母が再婚しようとしている相手になじめず、反抗ばかりしていたジョンは、寄宿学校に入れられてしまった。しかし、ホームシックよりも恐ろしいことが起こる。ゴースト... もっと読む

サンタが空から落ちてきた

54
4.09

感想・レビュー

毎年この時季になると読む本。 もっと読む

きえた ぐらぐら の は

30
3.43

感想・レビュー

外国の絵本。 抜けた歯を妖精にもっていってもらおうと思っていたアナのぐらぐらの歯。ところが弟のベンと喧嘩しているうちに、すぽーんと抜けてどこかになくなって... もっと読む

もじゃひげせんちょうと かいぞくたち

29
3.38

感想・レビュー

[江東区図書館] 図書館で気がついたら息子が一人で読み始めていた本。おかげでこっちは中身を読めず。あらすじを聞いたら、海賊がさらった女の子の家族が船にの... もっと読む

ゴーストハンター 氷の足あと (フォア文庫)

18
3.00

感想・レビュー

大好きなフンケですが、ちょっと軽すぎる感じが……。 これは、訳のせいなのか、もともと、そんな風にかいているのか……。 でも、読んだ感じだと、フンケ... もっと読む
全19アイテム中 1 - 19件を表示

コルネーリア・フンケに関連する談話室の質問

ツイートする
×