コンラート・ローレンツのおすすめランキング

コンラート・ローレンツのおすすめランキングのアイテム一覧

コンラート・ローレンツのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)』や『ソロモンの指環―動物行動学入門』や『攻撃―悪の自然誌』などコンラート・ローレンツの全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

1081
3.88

感想・レビュー

 ”すりこみ”という動物行動生理学の言葉は今では良く耳にする言葉です。生まれてすぐに目にする、耳にする声に反応してついていくこと、動物が生きるために必要な... もっと読む

ソロモンの指環―動物行動学入門

340
4.13

感想・レビュー

うわー、おもしろい! もともと興味があった動物行動学ですが、おもしろさ倍増です。 以前、訳者の日高敏隆先生の著書の中で書名を見てから気になっていた... もっと読む

攻撃―悪の自然誌

206
3.86

感想・レビュー

本書はノーベル賞学者であり「ソロモンの指輪」の著者で、動物行動学の始祖の一人であるローレンツの名著であります。ただ僕は専門外の分野であまり理解が足りないの... もっと読む

人イヌにあう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

174
3.76

感想・レビュー

ハヤテさんが我が家に来たので読んでみた。ちょっと古かったかも。 もっと読む

ソロモンの指環―動物行動学入門

161
4.03

感想・レビュー

動物行動学と書いてあったので小難しい文字がつらつら並べてあるんだろうな、と遠ざけていたがこの本は違う。初っ端から面白い。動物がここまで人間に近い存在とは思... もっと読む

人イヌにあう (至誠堂選書 1)

73
3.73

感想・レビュー

この間ソロモンの指環を読んで大変面白かったので買ってみました。感想を先に述べるとやっぱりソロモンの指環の方が面白かったなあ、と思いました。 それに... もっと読む

文明化した人間の八つの大罪

27
4.29

感想・レビュー

 エソロジー(動物行動学)の権威、ローレンツの警句。多少ペシミスティックであると思われる読者もいるだろうが、現在においても、彼の指摘した問題が改善されるど... もっと読む

ソロモンの指環―動物行動学入門 (1975年)

19
3.43

感想・レビュー

長年、広い家に様々な動物を飼い観察した動物行動学者のエッセイ。 作者は十分「変人」だと思うが、その観察力からの洞察はすばらしい。 十数羽のカラスの見分け... もっと読む

攻撃 第1―悪の自然誌 (みすず科学ライブラリー 15)

17
4.00

感想・レビュー

(1981.07.13読了)(1975.03.01購入) 副題「悪の自然誌」 *本の表紙より* 本書で著者は、比較行動学の立場から脊椎動物における攻... もっと読む

攻撃 第2―悪の自然誌 (みすず科学ライブラリー 16)

11
5.00

感想・レビュー

(1981.08.01読了)(1975.03.01購入) 副題「悪の自然誌」 *本の表紙より* 本書で著者は、比較行動学の立場から脊椎動物における攻... もっと読む

未来は開かれている―アルテンベルク対談・ホパー・シンポジウム(ウィーン)記録

8
3.75

感想・レビュー

反証主義・批判的手続きによる止揚・真理に対する姿勢・カントへの批判 知らないことを知るということの大切さ。開かれた社会について。 われわれは、歴史上も... もっと読む

ソロモンの指環―動物行動学入門 (1970年)

7
5.00

感想・レビュー

(1974.10.03読了)(1973.11.03購入) (「BOOK」データベースより) 生後まもないハイイロガンの雌のヒナは、こちらをじっとみつめ... もっと読む

ローレンツ なぜそんなくちばしなのか―師ハインロートへの手紙〈上〉

6
3.50

感想・レビュー

絶版ハードカバー。図書館より借りて読了。かつてはちくま文庫でも出版されていたけれどそちらも絶版の模様。近所の図書館には良好な状態で常にあるので数年に1度上... もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示

コンラート・ローレンツに関連する談話室の質問

ツイートする