ゴーゴリのおすすめランキング

ゴーゴリのおすすめランキングのアイテム一覧

ゴーゴリのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『外套・鼻 (岩波文庫)』や『鼻/外套/査察官 (光文社古典新訳文庫)』や『検察官 (岩波文庫)』などゴーゴリの全85作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

外套・鼻 (岩波文庫)

1047
3.64
ゴーゴリ 2006年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリの短編小説2編です。どちらの作品もしがない下級役人の悲哀とその役人の真面目さがかえって滑稽さに結びついているという皮... もっと読む

鼻/外套/査察官 (光文社古典新訳文庫)

442
3.48
ゴーゴリ 2006年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前別の訳で読んで理解できなかったゴーゴリですが、こちらの訳では思い切って落語風になっているために、無闇に深い意味を求めずただの滑稽話として読めて良かった... もっと読む

検察官 (岩波文庫)

91
3.54
ゴーゴリ 1961年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「われわれは「ゴーゴリ」から出てきた」ロシアの作家 愛すべきロシア人たち もっと読む

隊長ブーリバ (潮文学ライブラリー)

40
3.60
ゴーゴリ 2000年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リアリズム作品の特徴といってよいと思うが、どのような視点で読むのかによって一人一人の登場人物への印象は180度変わってしまう。もちろん題名になっているタラ... もっと読む

ディカーニカ近郷夜話 前篇 (岩波文庫 赤 605-7)

38
2.88
ゴーゴリ 1984年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゴーゴリの故郷ウクライナの民話や伝説集。近頃政治的なニュースで耳にすることも多いウクライナですが、ゴーゴリの描くウクライナは古き良きコサック人の時代の、た... もっと読む

(088)逃 (百年文庫)

25
3.33
田村泰次郎 2011年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田村泰次郎『男鹿』 ゴーゴリ『幌馬車』 ハーディ『三人の見知らぬ客』 もっと読む

肖像画/馬車 (岩波文庫 赤 605-0)

19
3.40
ゴーゴリ 1937年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

背筋も凍る恐ろしい物語。強欲、嫉妬、その他の負の感情は、当人の人生ばかりでなく、接する全ての人々を破滅させる。だが、一筋の希望は、人はその罪を悔い、出直す... もっと読む

ロシア1 オネーギン/死せる魂(1・2)/鼻/外套/現代の英雄/初恋/ムツェンスク郡のマクベス夫人/赤い花/四日間/桜の園/かもめ/可愛い女・ほか 集英社ギャラリー 世界の文学 (13) (世界の文学)

16
4.00
プーシキン 1991年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェーホフの戯曲と、短編をいくつか、ツルゲーネフ『はつ恋』、レスコフ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』、ゴーゴリ『外套』を読みました。解説がしっかりついてて... もっと読む

外套・鼻 (1965年) (岩波文庫)

9
4.50

感想・レビュー

風刺的というか寓話的というのか、作品の中には社会批判があるとは思うのだけど、死とか身体の変化といったものも含めて、どこかあっかけらんかとした雰囲気を感じる... もっと読む

死せる魂〈上,中,下〉 (1950年) (岩波文庫)

9
3.00

感想・レビュー

スコットランド、エジンバラなどを舞台とした作品です。 もっと読む

憂愁のロシア文学傑作集

9
プーシキン 電子書籍 2013年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 『大審問官』と『桜の園』がつまらなくて死にそうだった。  誰でも名前は知ってる名作が現代を生きる私にとって得るところがあったり面白かったりするわけではな... もっと読む

死せる魂 (1967年) (旺文社文庫)

7
3.33

感想・レビュー

ユーモアに溢れた描写が秀逸。 もっと読む

鼻/外套/査察官 (光文社古典新訳文庫)

7
3.67
ゴーゴリ 電子書籍 2006年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了。落語風に翻訳してあるんだけど、内容も完全に落語だった。一番落語だったのは「鼻」で(蛇足ながら先にショスタコーヴィチのオペラを知っていて、原作を読んで... もっと読む

ディカーニカ近郷夜話〈前篇〉 (1949年) (岩波文庫)

6
平井肇 1937年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.1.29 読了 *青空文庫 もっと読む

魔女のひつぎ (講談社 青い鳥文庫 Kシリーズ)

5
3.67
ゴーゴリ 1996年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実はこの「魔女のひつぎ」は子供の頃映画で観たもの。 大したSFXではなかったのにもかかわらず、恐ろしさに凍りついた記憶がある。 読んで納得。ゴーゴリだ... もっと読む

死せる魂〈下巻〉 (1953年) (新潮文庫)

4
3.00

感想・レビュー

スコットランド、エジンバラなどを舞台とした作品です。 もっと読む

外套・鼻 (1949年) (岩波文庫)

4
3.67

感想・レビュー

理解できなかったけど、良い。 もっと読む
全85アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする