ゴーリキーのおすすめランキング

ゴーリキーのおすすめランキングのアイテム一覧

ゴーリキーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ゴーリキー短篇集 (岩波文庫 赤 627-1)』や『二十六人の男と一人の女 (光文社古典新訳文庫)』や『どん底 (マンガで完読)』などゴーリキーの全41作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ゴーリキー短篇集 (岩波文庫 赤 627-1)

71
4.00
ゴーリキイ 1966年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イゼルギリ婆さん チェルカッシ 秋の一夜 二十六人の男と一人の少女 鷹の歌 海つばめの歌 零落者の群 もっと読む

二十六人の男と一人の女 (光文社古典新訳文庫)

34
3.00

感想・レビュー

短編4つ。牧歌的というかおとぎ話のような、ゆるりとした空間に濃い人物がわさわさしてるような雰囲気だが、やはり解説を照らし合わせてみると、当時のロシアからソ... もっと読む

どん底 (マンガで完読)

31
3.00
ゴーリキー 2009年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マンガで手軽にどん底を味わおうと思ったら、よくわからなかった。 とりあえず、誰もどん底からは這いあがれない。 もっと読む

ロシア〈3〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈15〉

20
4.60
ゴーリキー 1990年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20世紀のロシア・ソビエト文学を納める。良書である。ザミャーチン、ブルガコーフ、プラトーノフ、ソルジェニーツィンなど。いろいろ楽しめて、お買い得である。2... もっと読む

母 上 (岩波文庫 赤 627-3)

13
3.00
ゴーリキー 1963年8月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8月に読んだクラウス・コルドン著「転換期三部作」に登場した際、気になっていたので読んでみた。初ゴーリキーである。 工場労働者の息子が社会主義活動に傾... もっと読む

母 (1967年) (角川文庫)

3
5.00

感想・レビュー

革命家の息子に影響を受け、母が変わっていく物語 ロシア革命の過程であり、階級社会の葛藤が描かれている もっと読む
全41アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×