サマセット・モームのおすすめランキング

サマセット・モームのおすすめランキングのアイテム一覧

サマセット・モームのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『月と六ペンス (新潮文庫)』や『月と六ペンス (新潮文庫)』や『雨・赤毛 (新潮文庫―モーム短篇集)』などサマセット・モームの全175作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

月と六ペンス (新潮文庫)

1077
4.18

感想・レビュー

 この小説の魅力は、テンポよく大胆に展開するストーリーの面白さ、個性的な登場人物、そして人間に対する作者の深い洞察でしょう。  ストーリーは決して快... もっと読む

月と六ペンス (新潮文庫)

1028
3.80

感想・レビュー

人間の大きさ、を書いた話なのではないかと思う。 ストリックランドその人の巨大さ、というよりは、人間というものが持ちえるある種の極限、を描いているがゆ... もっと読む

雨・赤毛 (新潮文庫―モーム短篇集)

528
3.62

感想・レビュー

南洋の島のジメジメした雨の描写と人間の心理描写のシンクロが見事。鬱屈とした不快感が読み手にまで感染したほど。しかしサスペンスタッチのストーリーテリングの出... もっと読む

読書案内―世界文学 (岩波文庫)

298
3.52

感想・レビュー

紹介する本を選ぶ基準が、楽しく読めること、ってのがいい。さすがに、つまらない部分は飛ばしてしまえばいい、は少し乱暴かなとも思うけど。古典を読みたくなること... もっと読む

ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー)

261
3.64

感想・レビュー

19世紀末から20世紀前半にかけての英米ゲイ文学の短篇を集めたアンソロジー。 O・ワイルド「W・H氏の肖像」「幸福な王子」 H・ジェイムズ「密林の... もっと読む

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

233
4.08

感想・レビュー

これすごい良いですよ。『月と六ペンス』のモームのイメージは吹き飛びました。簡潔で、すごく読みやすいし、物語が転がり始めると一気に吸い込まれて、気がつくと結... もっと読む

月と六ペンス (角川文庫)

226
3.97

感想・レビュー

人間の矛盾を深く、愛情をもって表している本だ。悲劇は喜劇的に見え、喜劇こそが悲劇だと。人間の中には優しく寛大であるにもかかわらず、常にヘマをし、繊細な心を... もっと読む

お菓子と麦酒 (角川文庫)

167
3.53

感想・レビュー

短編集はいくつか読んできたけどモームの長編小説は2冊目。『月と六ペンス』のイメージで読むとちょっと印象が違う。ロウジーはモーム作品でも屈指の魅力的な女性。... もっと読む

九月姫とウグイス (岩波の子どもの本)

144
3.80

感想・レビュー

◆モームの童話。訳:光吉夏弥/絵:武井武雄◆美しい絵本。佳品。◆ウグイスの可憐なイラストの数々が小鳥好きにはたまりません。この本ほしい!◆「お姫さまは、わ... もっと読む

劇場 (新潮文庫)

134
3.46

感想・レビュー

2014/11/16(読了) モームの作品は初めて 面白かったので他の作品も色々と読んでみたい。 恋愛には愛欲と愛情の二つの意味があることを、ジューリアを... もっと読む

モーム短篇選〈下〉 (岩波文庫)

128
4.06

感想・レビュー

「物知り博士」は色んな作品で繰り返されているモームの持論(完全な善人も完全な悪人もいない、むしろ善人の悪徳や悪人の善行に興味を惹かれる的な)が、ぎゅっと凝... もっと読む

コスモポリタンズ (ちくま文庫―モーム・コレクション)

127
3.64

感想・レビュー

コスモポリタン誌に連載されていた短編を集めたもの.いずれも短いので,毎日あいた時間に少しずつ読むと良い. 最後に見事なオチの用意された話もあるし,人生の... もっと読む

世界の十大小説〈上〉 (岩波文庫)

120
3.58

感想・レビュー

三葛館一般 901.3||MA||1 和医大図書館ではココ→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/sea... もっと読む

昔も今も (ちくま文庫)

103
3.93

感想・レビュー

マキャベリとチェーザレ・ボルジアの心理戦がスリリングな歴史小説であり、すぐれたエンターテインメントに仕上がっている。モームの作品はどれも娯楽性に富んでいる... もっと読む

英国諜報員アシェンデン (新潮文庫)

102
3.70

感想・レビュー

特にモームファンというわけではないが、新訳が出たことで気になって手に取った。 タイトルのとおり、「アシェンデン」のコードネームを持つ諜報員がミッショ... もっと読む

世界の十大小説〈下〉 (岩波文庫)

85
3.55

感想・レビュー

実に楽しい「物語」と「その作者」の本。 モームの時に皮肉っぽい、それでいて率直な物言いが大変面白かった。それでいて、読むことに対する楽しみと愛情を感... もっと読む

女ごころ (ちくま文庫)

75
3.75

感想・レビュー

災い転じてほにゃらほにゃ…? 今まで読んだモームの作品の中で 好きの中でも特に上位に入る作品! 今回、ちくま文庫で新訳で出版されたとのことで... もっと読む

月と六ペンス (1959年) (新潮文庫)

70
3.86

感想・レビュー

社会的な生活と芸術に生きる人生の対比を、第三者的主人公の目を通して描いています。 もっと読む
全175アイテム中 1 - 20件を表示

サマセット・モームに関連する談話室の質問

ツイートする