サラ・ウォーターズのおすすめランキング

サラ・ウォーターズのおすすめランキングのアイテム一覧

サラ・ウォーターズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)』や『半身 (創元推理文庫)』や『荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)』などサラ・ウォーターズの全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)

828
3.88

感想・レビュー

映画『お嬢さん』が面白かったので原作も。映画は韓国と日本のちゃんぽんでしたが、原作の舞台はもちろんイギリス。小悪党一家の養われ子スーザン(スウ)が、詐欺師... もっと読む

半身 (創元推理文庫)

693
3.49

感想・レビュー

ブクログを始める前に読んだのか?アップしていなかったのに気づいたので… サラ・ウォーターズのデビュー作。 歴史ミステリ大好きなので、いい作家が出た... もっと読む

荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)

634
3.91

感想・レビュー

下巻は第二部途中から第三部まで。上巻は映画とほぼ同じだったので安心しきって読んでいたのだけど、まさかの、下巻では映画と全く違う展開になっててビックリ!スウ... もっと読む

エアーズ家の没落上 (創元推理文庫)

297
3.69

感想・レビュー

面白くて、上下一気に読了。イギリスのジメッとした暗い雰囲気、答えのわからない不気味な事件、少しずつズレて狂っていく人間関係…じっとりとスリリングです。原文... もっと読む

エアーズ家の没落下 (創元推理文庫)

260
3.57

感想・レビュー

 陰鬱になってしまう。だってタイトルからしてエアーズ家は没落することは約束されているんだもの。  出てくる登場人物たちが美男美女ではなく、世間的な意味で... もっと読む

夜愁〈上〉 (創元推理文庫)

187
3.39

感想・レビュー

第二次世界大戦後のロンドンが舞台。精神病院の二階の窓から放心して外の様子を見ているケイとその周りの女性たちに何があったのか。時間を遡って、さらにまた遡って... もっと読む

夜愁〈下〉 (創元推理文庫)

163
3.47

感想・レビュー

第二次大戦後の英国で生きる人々の人間関係の変遷を、1947年に始まり、1944年、1941年と、時間を遡るかたちで描いていく。この6年間位のあいだに小さな... もっと読む

黄昏の彼女たち〈上〉 (創元推理文庫)

138
3.60

感想・レビュー

読書会課題書の関連書として読んだ。 WWI後のロンドン近郊でお屋敷住まいをする母子が、とある夫婦を下宿人に迎えるところから始まる。とはいっても暮らし... もっと読む

黄昏の彼女たち〈下〉 (創元推理文庫)

110
3.70

感想・レビュー

いやいやもう、これは堪能しました。心理描写の精緻なこと、時代背景の巧みな取り入れ方、人間性への深い洞察、どんどん引き込まれていく語り方、どれをとっても一級... もっと読む

荊の城 上 (創元推理文庫)

22
3.00
サラ・ウォーターズ 電子書籍 2004年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつからそうなったのか思い出そうとしたのは、だいぶたってからだ。それでも、前は離れて歩いていたのに、いまはくっついて歩いているとしか思い出せなかった。 もっと読む

荊の城 下 (創元推理文庫)

16
4.00
サラ・ウォーターズ 電子書籍 2004年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪人ほど幸運はついてまわるものだ。 もっと読む

荊の城 下

サラ・ウォーターズ 電子書籍 2015年5月11日 ブックパスで見る ブックパス ¥ 880
スウが侍女として入ったのは、俗世間とは隔絶した辺鄙な地に建つ城館。そこに住んでいるのは、スウが世話をする令嬢、モード。そ... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示

サラ・ウォーターズに関連する談話室の質問

ツイートする