サルマン・ラシュディのおすすめランキング

サルマン・ラシュディのおすすめランキングのアイテム一覧

サルマン・ラシュディのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『真夜中の子供たち〈上〉 (Hayakawa Novels)』や『真夜中の子供たち(上) (岩波文庫)』や『悪魔の詩 上』などサルマン・ラシュディの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

真夜中の子供たち〈上〉 (Hayakawa Novels)

230
3.93

感想・レビュー

インド・・・学校で習ったこと 人口の多い国、東インド会社、永いイギリスの統治、ガンジー、独立、ネール首相、水爆実験 ・・・人人人の印象、ガンジス河の水... もっと読む

真夜中の子供たち(上) (岩波文庫)

137
3.73

感想・レビュー

ブクログでフォローしている人が絶賛していたので、気になって買ってみた。 実際に購入してみると、帯コメントまでもが絶賛している。 > 刊行当時「... もっと読む

悪魔の詩 上

136
3.35

感想・レビュー

本書に関する「曰くつきの過去」に対する関心で、 一度読んでみようと手に取った。 ジブリールとはガブリエルのことか。 このレベルでつまづく私にはハード... もっと読む

真夜中の子供たち〈下〉 (Hayakawa Novels)

120
4.36

感想・レビュー

(上)の感想の最後に読むのが大変と書いたが、エネルギー溢れる文字の氾濫に、頭がふらふらの状態になって、いやいや老体にはどおっと疲れが出てやっと読み終わりま... もっと読む

悪魔の詩 下

92
3.67

感想・レビュー

「悪魔の詩」(The Satanic Verses)は、1988年にサルマン・ラシュディ(Sir Salman Rushdie)が著した小説。日本語訳は、... もっと読む

真夜中の子供たち(下) (岩波文庫 赤 N 206-2)

86
3.71

感想・レビュー

語り手たる主人公にまつわる秘密が周囲にも明らかになり、特に両親との関係が変化し、一時離れた生活を送ることになる。そうした変化の中、〈真夜中の子供たち会議〉... もっと読む

ハルーンとお話の海

56
4.00

感想・レビュー

「本当でないお話が何になる?」ハルーンのその一言で王国一ストーリーテラーであるお父さんは「お話」ができなくなった!ハルーンは水の精「モシモ」と共に「デモモ... もっと読む

東と西 (新しい「世界文学」シリーズ)

15
3.50

感想・レビュー

「悪魔の詩」は知らなかったが、話題の作家の別な作品を読んでみよう! 1作目は、面白かったけれど 後はあまりぴんとこないので、ざっと読んで中止。 2014... もっと読む

ジャガーの微笑―ニカラグアの旅 (越境の文学 文学の越境)

12
3.25

感想・レビュー

サンディニスタ文化労働者連合の招きに応じ、三週間のニカラグア訪問に出掛けて来たラシュディーはある日老紳士に出会い、杖を手にした小柄なそのおじいちゃんとラシ... もっと読む

恥 (Hayakawa Novels)

9
4.00

感想・レビュー

なんともスケールのでかいおとぎ話のような、でもパキスタンの政治形態を風刺したような作品でした。三人の魔女と呼ばれた不気味な三姉妹の息子として生まれたオマル... もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
ツイートする
×