シェイクスピアのおすすめランキング

プロフィール

1564年イギリス・ストラットフォード生まれ。1592年頃にロンドン演劇界で劇作家として幸運なスタートを切る。およそ20年間劇作に専念し名をなす。1616年没。

「2018年 『新訳 お気に召すまま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シェイクスピアのおすすめランキングのアイテム一覧

シェイクスピアのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マクベス (新潮文庫)』や『ロミオとジュリエット (新潮文庫)』や『ヴェニスの商人 (新潮文庫)』などシェイクスピアの全320作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マクベス (新潮文庫)

2259
3.47
シェイクスピア 1969年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めてシェイクスピアを全部読んでみた。 独特の言い回しが難しかったけど、人間の本質、さがを描いてるんだろうと思う。 まだ「マクベス」は短かったからすぐ... もっと読む

ロミオとジュリエット (新潮文庫)

1615
3.53

感想・レビュー

舞台はヴェロナ。 敵仇同士のモンタギュー家とキャピュレット家の、情熱的でロマンチックかつ悲しい内容でした。 新装版なのか注訳のおかげで、とてもわかり易... もっと読む

ヴェニスの商人 (新潮文庫)

1407
3.54
シェイクスピア 1967年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今月の千年読書会の課題本となります。 子どもの頃に読んだ覚えがありますが、学生時代はどうだったかな。。 うろ覚えながらもイメージ的には、 勧善懲... もっと読む

夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)

1196
3.54
シェイクスピア 1971年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピアの豊かなイマジネーションの結果、喜劇。 「夏の夜の夢 A Midsummer Night's Dream」は、1590年代に書かれたと... もっと読む

オセロー (新潮文庫)

1181
3.61
シェイクスピア 1951年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピア四大悲劇のうちの1つ。 ヴェニスの勇将、ムーア人のオセローは、類い稀な美貌のデズデモーナの愛を勝ち取る。デズデモーナは父の怒りを買いつつも... もっと読む

ハムレット (岩波文庫)

798
3.60
シェイクスピア 2002年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピア 何作か読んだ方がいいかな と思って読んでみた なるほどって感じ笑 翻訳ながら なんとも他の作品では味わえない 表現がたくさ... もっと読む

ジュリアス・シーザー (新潮文庫)

563
3.56
シェイクスピア 1968年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマティックであることを求めるなら、シーザーがルビコン河を渡った瞬間か、あるいはブルータス等の一団に暗殺される場面を劇のクライマックスに選ぶだろう。タイ... もっと読む

マクベス (岩波文庫)

557
3.54
シェイクスピア 1997年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 河合先生が訳したマクベスを読んでみたので、今度は岩波文庫のマクベスを読んでみた。河合先生の方が口に馴染みやすい気はするが、別にこっちのマクベスが特段読み... もっと読む

リア王 (光文社古典新訳文庫)

437
3.59
シェイクスピア 2006年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピアといえば、泣く子も黙る世界最高峰の文学者の一人だが、「リア王」はその中でも四大悲劇の一つとして名高い。残りの三つはいうまでもなく、「ハムレッ... もっと読む

ヴェニスの商人 (岩波文庫)

420
3.37
シェイクスピア 1973年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語というものは、あたかも自律した生命体のように、作者の意図を無視して、勝手に読み手に感銘を与えることがあるらしい。チェーホフは戯曲『桜の園』を喜劇のつも... もっと読む

リア王 (岩波文庫)

391
3.54
シェイクスピア 2000年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピアの悲劇。例によって救いようのないお話です。 学生時代、政治思想系の講義のレポートを書くために読んだ記憶があります。人間にとっての「必要(n... もっと読む

じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ (新潮文庫)

356
3.38
シェイクスピア 1972年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピアの初期の喜劇。 いかにも試行錯誤を続けた感じ。じゃじゃ馬ならしの最初に出てくる酔っ払いの効果や空騒ぎの急激に変化する人間関係など、役者が自由... もっと読む

十二夜 (岩波文庫)

338
3.63
シェイクスピア 1960年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「十二夜」って、お月さまのことかと思ってたら、クリスマスから数えて12夜目にお祭りする、そのために書かれた戯曲だから十二夜だった!そんなの知らなかったよ。... もっと読む

オセロウ (岩波文庫)

248
3.49
シェイクスピア 1960年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピアの四大悲劇の一つ。かわいそうなデズデモウナ!劇中の言葉にもありましたが、人間の嫉妬って疑いから生じるのですね。人を愛するがゆえの嫉妬が生む悲... もっと読む

新訳 ロミオとジュリエット (角川文庫)

239
3.51
シェイクスピア 2005年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あとがきにもあったけど、ト書きが少なく、ほぼ台詞で状況説明がされてるから舞台や映画を見ずこれだけ読んだら理解するのが結構むずかしいと思う。 お互いを想う台... もっと読む

ジュリアス・シーザー (光文社古典新訳文庫)

233
3.56
シェイクスピア 2007年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「もう終っちゃうんだ」というのが読後の最初の感想。 これ以上話は続かないとは思うけど。 いつの世も世論は恐いってことですかね。 渡る世間は... もっと読む

ヴェニスの商人 (まんがで読破)

212
3.46
シェイクスピア マンガ 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんがで読破を読破するシリーズ。 何気にこれで初ヴェニスの商人。 シャイロックが悪人として描かれているけれど、ユダヤ人だからいけないのか、高利貸しだか... もっと読む

リア王 (まんがで読破)

200
3.36
シェイクスピア マンガ 2008年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それにしても、長女と次女の悪いこと悪いこと。これをかーんと懲らしめると拍手喝采となると、日本の時代劇になってしまうか。 もっと読む

十二夜 (光文社古典新訳文庫)

198
3.57
シェイクスピア 2007年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話がこじれていく様が面白い。 道化の話は笑える。 ”御門の前に、悲しみの柳の枝で小屋を建て、お邸のうちに向かって、わが魂たる姫君のお名前を、声を限りに呼び... もっと読む

新訳 マクベス (角川文庫)

190
3.72
シェイクスピア 2009年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「きれいはきたない、きたないはきれい」とか "Tomorrow, and tomorrow, and tomorrow" の台詞で有名なシェイクスピア四... もっと読む
全320アイテム中 1 - 20件を表示

シェイクスピアに関連する談話室の質問

ツイートする