シギズムンド・クルジジャノフスキイのおすすめランキング

プロフィール

ウクライナのポーランド貴族の家庭に生まれる。キエフ大学法学部に在学中から詩やエッセーを発表。大学卒業後は弁護士助手として働くが、1917年のロシア革命で裁判制度が変わったあおりをうけて失業。以後、音楽院・演劇スタジオなどで講師として文学・演劇・音楽などの歴史と理論を教えて生活の糧を得た。
 1919年、短篇「ヤコービと《あたかも(ヤーコブィ)》」を発表して作家デビュー。活動の舞台をキエフから新首都モスクワへ移し、小説・エッセー・評論のみならず、舞台・映画シナリオ等の多岐のジャンルに渡って創作を展開。200を越える作品を残したが、生前にはそれらが書籍にまとめられることはなく、以後の文学史でも忘れ去られた存在になってしまった。ペレストロイカ期に「再発見」され、五巻本の著作集が刊行された。他言語への翻訳も進み、近年、国際的評価が急速に高まっている。
日本語への翻訳は2012年に作品集『瞳孔の中』(松籟社)が、2013年には初期短編集『神童のための童話集』(河出書房新社)が刊行されている。

「2013年 『未来の回想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シギズムンド・クルジジャノフスキイのおすすめランキングのアイテム一覧

シギズムンド・クルジジャノフスキイのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『未来の回想』や『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』などシギズムンド・クルジジャノフスキイの全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

未来の回想

43
3.33

感想・レビュー

未知の作家であり、予備知識ゼロで読んだが、情報過多のご時世にこういう読書も貴重な経験だ。 時間切断機(タイムマシン)の開発に成功した男の伝記の形を借りて... もっと読む

瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集

42
3.80

感想・レビュー

『私は肩をだれかの肩にぴったりと並べて座り、まだ家にいるときに本としおりの間で考えはじめたことを、じっくり考え抜こうとしていた。ところがこのベンチでは、だ... もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする