シュニッツラーのおすすめランキング

シュニッツラーのおすすめランキングのアイテム一覧

シュニッツラーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夢小説・闇への逃走 他一篇 (岩波文庫)』や『花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)』や『(023)鍵 (百年文庫)』などシュニッツラーの全23作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夢小説・闇への逃走 他一篇 (岩波文庫)

154
3.82
シュニッツラー 1990年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波文庫は解説がよい。しっぽまで餡がつまったたい焼きのようで満足。この本も池内紀氏の解説が出色で、世界文学の中で独自の立ち位置を示すシュニッツラーをエピソ... もっと読む

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

86
4.00
シュニッツラー 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずいぶんクラシカルでメランコリックやないの、アタシ向きじゃないわ、と読み進めたが、やっぱこれも怖いやつに思えてきて。。。「あなたあーお帰りなさい。覚めない... もっと読む

(023)鍵 (百年文庫)

53
3.00
H・G・ウェルズ 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮教大OPAC https://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/opac/volume/544450 もっと読む

みれん (岩波文庫 緑 6-3)

35
3.43
シュニッツラー 1985年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

肺を患い余命一年を宣告された男と、彼の傍に付き添う女。近づく死への恐怖から、不安定な情緒の波の中でどんどん陰鬱に陥り、殆ど幼児的と云えるくらいに女に弱々し... もっと読む

輪舞 (岩波文庫 赤 430-1)

21
3.67

感想・レビュー

オーストリア、ウィーンなどを舞台とした作品です。 もっと読む

花―他二篇 (岩波文庫 赤 430-2)

11
4.33
シュニッツラー 1939年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『花』『死人に口なし』『盲のジェロニモとその兄』収録。 三作とも短いですがおもしろかったです。しかし旧字体で少々読みにくかったので星4つ。まああまり気に... もっと読む

ベルタ・ガルラン夫人 (岩波文庫)

7
5.00

感想・レビュー

こちらは「オーストリアのボヴァリー夫人」(赤帯より)と冠されています。引き合いに出されたのは、今度はフローベールです。シュニッツラーは、彼自身として何らか... もっと読む

ギリシャの踊子 他4篇 (岩波文庫 赤 430-3)

6
4.50
シュニッツラー 1940年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作の他、「アンドレーアス・タマイアーの最後の手紙」「新しい歌」「死んだガーブリエル」「レデゴンダの日記」を所収。 おそらく、私が最初に読んだシュ... もっと読む

花―他二篇 (1953年) (岩波文庫)

2
4.00

感想・レビュー

世紀末ウィーンを代表する作家シュニッツラー(1862-1931)の短編三話。 「花」憂愁を湛えた恋慕の幻惑がこの上なく美しい。この男、ときどき醒め... もっと読む

恋愛三昧 (1959年) (角川文庫)

1

感想・レビュー

オーストリア、ウィーンなどを舞台とした作品です。 もっと読む
全23アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×