ショーン・タンのおすすめランキング

プロフィール

ショーン・タン(Shaun Tan)
1974年オーストラリア生まれ。幼い頃から絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学(University of Western Australia)では美術と英文学を修める。これまでに発表したいずれの作品も卓越した内容と表現で評価が高く、オーストラリア児童図書賞など数々の賞を受賞。作品は世界中で翻訳出版されている。現代を代表する新進気鋭のイラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプトアーティストとして活動の場を拡げている。9年の歳月をかけて映画化した『ロスト・シング』で2011年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。同年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞も受賞。現在、メルボルン在住

ショーン・タンのおすすめランキングのアイテム一覧

ショーン・タンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アライバル』や『遠い町から来た話』や『ロスト・シング』などショーン・タンの全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アライバル

1546
4.30
ショーン・タン 2011年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

セリフが一切登場しない絵本。しかし味わいのあるレトロ調の画風で表現される街や人の表情から、街の喧騒や穏やかではない状況、人々の喜怒哀楽が十分伝わってきます... もっと読む

遠い町から来た話

711
4.21
ショーン・タン 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何度も読み返したくなる短編集。落書きから生まれた物語だという。不思議で幻想的で、ちょっと不穏、ユーモラスでどこか希望がある一冊。 『エリック』『他にはな... もっと読む

ロスト・シング

307
3.94
ショーン・タン 2012年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高速社会への風刺。 邪魔されない場所でゆっくりと読むと、前向きになれたりちょっと暗い気持ちにもなるけど、いい本ですね。 もっと読む

エリック

275
4.29
ショーン・タン 2012年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パッと見、子供用のフォークみたいな風貌の「エリック」、我が家に交換留学生としてやってきた。戸棚の中で寝起きし勉強する彼、興味を示すのは飴の包み紙とか空き瓶... もっと読む

鳥の王さま ---ショーン・タンのスケッチブック

204
4.30
ショーン・タン 2012年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただただ贅沢な一冊。スケッチノートの一部でさえ、物語が作られそうです。 明らかに空想のものなのに、なんだかこれ知っているような?本当にあるような?と錯覚さ... もっと読む

セミ

203
4.26
ショーン・タン 2019年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おおおおおおおおお…! つらい。つらい。めちゃくちゃつらい。 短い絵本なのだけど、感情かき乱される。 でもつらいばかりではなく、とても美しい本でもある。 ... もっと読む

夏のルール

175
3.84
ショーン・タン 2014年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シュールな世界。子供より大人向け。いろんな夏のルール。 もっと読む

レッドツリー―希望まで360秒

85
3.70

感想・レビュー

希望を感じた ずっと目の前にあるので自分が気づかないと 相変わらず、絵が、良い もっと大きいので見たい もっと読む

見知らぬ国のスケッチ:アライバルの世界

82
3.85
ショーン・タン 2014年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーーーーわーーーーー! これはすごい。 「アライバル」が作られるまでの多数のスケッチと、著者本人の丁寧な解説。 作品は作品だけで完成されているのだから、... もっと読む

レッドツリー

70
4.13
ショーン・タン 2011年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の孤独感や憂鬱が繊細で迫力のあるショーン・タンの絵に表現されていた。 個人的には文章が少し余計な気もする…。 もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示

ショーン・タンに関連する談話室の質問

ツイートする