ジェイン・アン・クレンツのおすすめランキング

プロフィール

ジェイン・アン・クレンツ Jayne Ann Krentz
米国ロマンス小説界を代表するベテラン作家。サンノゼ州立大学で図書館学の修士号を取得し、デューク大学図書館で司書をしながら執筆活動を続けた。
1979年に処女作を刊行以来、30作以上が<ニューヨーク・タイムズ>紙のベストセラーリストに載る。邦訳作品多数。
ヒストリカル作品にはアマンダ・クイック、パラノーマル作品にはジェイン・キャッスルと複数のペンネームを使いわけている。
現在は航空宇宙関連のエンジニアである夫フランクとともにシアトル在住。

「2019年 『ときめきは心の奥に』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェイン・アン・クレンツのおすすめランキングのアイテム一覧

ジェイン・アン・クレンツのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『緑の瞳のアマリリス (ハヤカワ文庫SF ク 12-1)』や『許される嘘 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)』や『この恋が運命なら (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))』などジェイン・アン・クレンツの全33作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

緑の瞳のアマリリス (ハヤカワ文庫SF ク 12-1)

58
3.54

感想・レビュー

孤立した惑星で文明は退化し、代わりに超能力が使われるようになって久しい世界。他人の能力を強化するプリズム能力者としての仕事をしているアマリリスは、実業家の... もっと読む

許される嘘 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

32
3.67

感想・レビュー

アーケイン・ソサエティシリーズのひとつ。 シリーズで最初に邦訳された作品だと思うけど、シリーズでは第二作なのかな? とても面白かったです! ヒロ... もっと読む

この恋が運命なら (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))

27
3.64

感想・レビュー

亡くなったおばの遺産の整理のため、13年ぶりにおばの家を訪れたルーシー。13年前、怪しいパーティから連れ出してくれた初恋の人メイソンと共に、暖炉を塞いでい... もっと読む

消せない想い (二見文庫 ク 4-10 ザ・ミステリ・コレクション)

23
3.67

感想・レビュー

ミステリ&ロマンス、どちらも程よくミックスされてます。 他の作品も読んでみよう♪ もっと読む

楽園に響くソプラノ(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

23
3.50

感想・レビュー

『歌声』が魅力的なキーワードで、ドキドキしながら読み進めました。 もっと読む

すべての夜は長く (二見文庫 ク 4-8 ザ・ミステリ・コレクション)

20
3.60

感想・レビュー

17年前、両親を亡くした事件から故郷を離れていたアイリーンに、あの日から絶交したままだった親友パメラから、会いたいとのメールが届いた。が、死体となったパメ... もっと読む

霧に包まれた街 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

19
4.00

感想・レビュー

〈アーケイン・ソサエティ・シリーズ〉シリーズ間 数冊すっ飛ばしたけどOK。スカーギル・コーブにたどり着き J&J経営者ヒーローのもとでアシスタントをはじめ... もっと読む

フェニックスに唇が触れる (ヴィレッジブックス)

19
3.45

感想・レビュー

超能力古書ディーラー ×超能力コンサルタント 超能力に慣れるまで戸惑う。ヒーローの一人称が「わたし」なことに萌えた。登場人物が多く混乱。続くこと前提の人物... もっと読む

眠れない夜の秘密 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))

19
3.17

感想・レビュー

胡散臭そうなアファメーションとやら、胡散臭そうな職業満載。 ちょっと暗めのサスペンスの味付けで、今回もおいしいクレンツ節。 もっと読む

夢を焦がす炎 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

18
3.50

感想・レビュー

投資会社社長ヒーロー(超能力者)x私立探偵ヒロイン(超能力者) シリーズ途中から読み始めたらしい、登場人物が多彩すぎてつらかった・・・ でもファロンと... もっと読む

星のかけらを奏でて (ラズベリーブックス)

18
3.44

感想・レビュー

惑星ハーモニー1作目。主役はやはり毛玉(綿ほこり)ペットちゃん。緑水晶の街って、綺麗❤ もっと読む

夜の記憶は密やかに (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))

16
3.29

感想・レビュー

亡くなったホテル経営者の祖母から全てを引き継いだマデリンは、元管理人に呼ばれ、18年前の忌まわしい過去を封印し、それ以来足を踏み入れていなかったクーパー島... もっと読む

星のかけらを紡いで (ラズベリーブックス)

15
4.00

感想・レビュー

惑星ハーモニーシリーズ2。前刊でリディア・スミスが遺跡で失った記憶の謎が明らかになる。 カデンスギルドのボスが狙撃されて重傷を負った為、代理ボスに就任す... もっと読む

琥珀色の光のなかを (ヴィレッジブックス)

15
3.38

感想・レビュー

購入済み 読了 内容(「BOOK」データベースより) 亡霊の姿を見てその声を聞くことができる特殊能力を持つ女性グウェン。彼女の恩師が超自然的としか... もっと読む

ときめきは永遠の謎 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))

12
3.33

感想・レビュー

色んな事情が交錯しているみたいだけど、続編が出るってことかな? もっと読む

誇り高き御曹子 (ハーレクイン・アフロディーテ)

9
3.20

感想・レビュー

ちょっとハラハラドキドキする本書は読み応えのある一冊だった。 ヒーローとヒロインの間には愛だけじゃなくて信頼が強く読めて、新鮮だった。 もっと読む

曇り時々ラテ (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

9
4.20
橋本多佳子 マンガ 2013年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作よりロマンス度高。脇役が濃くて楽しい もっと読む

ダークカラーな夜もあれば (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

7
3.50
狩野真央 マンガ 2013年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クレンツのロマサス。ちょっと急ぎ足。Detailは原作を読もう♪ もっと読む

恋はコインの表裏 (ハーレクイン・ディザイア+ 1476)

6
3.00

感想・レビュー

1984年ステファニー・ジェイムズ作品として発表。 『恋のかけひき』で初邦訳と背表紙にあるが間違い。 『恋のとりひき』で、P158が、新訳ではP1... もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする