ジェイン・オースティンのおすすめランキング

プロフィール

ジェイン・オースティン(Jane Austen)
1775年生まれ。イギリスの小説家。
作品に、『分別と多感』、『高慢と偏見』、『エマ』、『マンスフィールド・パーク』、『ノーサンガー・アビー』、『説得されて』など。
1817年没。

「2019年 『説得されて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェイン・オースティンのおすすめランキングのアイテム一覧

ジェイン・オースティンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『高慢と偏見 上 (ちくま文庫 お 42-1)』や『高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫)』や『高慢と偏見とゾンビ ((二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション))』などジェイン・オースティンの全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

高慢と偏見 上 (ちくま文庫 お 42-1)

799
4.22

感想・レビュー

イギリス古典であり『高慢と偏見』なんてお堅いタイトルなので長い間敬遠してたけど、読み始めたら止まりませんでした。ひと昔前に毎月楽しみにしていた長期連載・恋... もっと読む

高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫)

718
4.10

感想・レビュー

次回の課題本の下敷きとして読んでみた。“Pride and Prejudice”の邦訳は各社より出版されており、よりどりみどりな感もあるが、分冊されずに1... もっと読む

高慢と偏見とゾンビ ((二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション))

574
3.45

感想・レビュー

ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」は大のお気に入りの小説。 しかし、ゾンビって一体‥? 読むのを延ばしていましたが、読んだらめっちゃ面白い。 で... もっと読む

高慢と偏見 下 (ちくま文庫 お 42-2)

527
4.24

感想・レビュー

あらすじを書くと平凡な話なんだけど、当時の身分社会や、結婚観や貞操感を想像すると、みんな必死でおもしろい。 登場人物がなかなかにみんな自分勝手で独りよが... もっと読む

分別と多感 (ちくま文庫)

447
3.82

感想・レビュー

感情豊かなマリアンと、 何事にも理性的で公平な心を持つエリナー。 ありふれた恋や日常といった題材で これほどに人間の美点・欠点、人間関係における 問題点... もっと読む

ノーサンガー・アビー (ちくま文庫)

433
3.91

感想・レビュー

日本人にもつとも愛されてゐるイギリスの小説家はだれか。 もちろん大衆作家はのぞきますよ。さうしないとコナン・ドイルとアガサ・クリスティーの一騎討ちに... もっと読む

説得 (ちくま文庫)

427
4.28

感想・レビュー

8年前に別れた恋人と再会する話。最後の会話が聞こえていたっていうのがオースティンらしい。名誉とか自分がどう思われているかにしか興味ない人っているよなー、と... もっと読む

高慢と偏見〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

396
3.90

感想・レビュー

大学での恩師「内容は少女マンガだよ」 私「マジすか(゜ロ゜)」 という流れで読むことになった『高慢と偏見』。 1790年代に書かれた(とは思えな... もっと読む

自負と偏見 (新潮文庫)

390
4.42

感想・レビュー

タイトルから古典的名作であるということだけは知っていたが、ここまで正統派な恋愛小説であるとは思いもしなかった。 エリザベスがダーシーに対する気持ちを... もっと読む

エマ (上) (ちくま文庫)

344
3.77

感想・レビュー

2019.12.12 【感想】 全員が当たり前に身分を重んじていた エマの性格がなんというか、すごい… 自分の考えが正しく、自分がいちばん恵まれていると... もっと読む

高慢と偏見〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

291
4.02

感想・レビュー

ふとこの登場人物たちの中での高慢度ランキングを考えてみた。レディ・キャサリンは、まあ、当然。お生まれ、お育ちのおかげ。だが、実はミスタ・ベネットがかなり高... もっと読む

マンスフィールド・パーク (ちくま文庫)

273
3.84

感想・レビュー

読んでいる間、主人公・ファニーの待遇ゆえの謙虚さ、忍耐強さにはとても同情したが、しかしそれを手放しで褒めることもできず、どうしたものか、とちょっと困ってし... もっと読む

エマ (下) (ちくま文庫)

257
3.93

感想・レビュー

最初はエマのちょっとうぬぼれたお節介ぶりにやきもきさせられるものの、読み進めていくと、彼女が「本当に」頭のいい女性なのだ、ということがわかってくる。 エ... もっと読む

高慢と偏見 (中公文庫)

207
4.15

感想・レビュー

「高慢と偏見」の翻訳読み比べが趣味の私、 この度、どこをとっても一番と言うのに出会ったのかも! 特に昔の小説の翻訳だと、 ちょっとわかりにくい文... もっと読む

マンスフィールド・パーク (中公文庫)

146
3.73

感想・レビュー

貧しい生まれの少女ファニーと、引き取られた先の裕福な家庭で出会うエドモンドのお話。 これも700ページを超える大長編。 最初がちょっと退屈な感じ。... もっと読む

エマ (中公文庫)

93
3.81

感想・レビュー

イギリス文学の授業で課題図書だったので仕方なく読んだのだけどあまりに面白くて以後ジェインオースティンにハマるきっかけになった。オースティンは女性に人気なイ... もっと読む

ジェイン・オースティンの手紙 (岩波文庫)

92
3.30

感想・レビュー

ジェイン・オースティンの書簡集。ゆめにも世に出るとは思っていない、とりとめもない手紙の数々なのに、面白味たっぷり。さすが、作家! と唸りました。 もっと読む

高慢と偏見 Pride and Prejudice (ラダーシリーズ Level 4)

54
4.20

感想・レビュー

【配置場所】特集コーナー【請求記号】837.7||Y 【資料ID】91133237 もっと読む

説得 (中公文庫)

38
3.89

感想・レビュー

嫁き遅れのアラサー小説(大意)というのに興味をもって手に取った。「高慢と偏見」が好きだった方は是非。 読み始めて半分もいかないうちに、アンとウェントワー... もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示

ジェイン・オースティンに関連する談話室の質問

ツイートする
×