ジャック・フィニイのおすすめランキング

ジャック・フィニイのおすすめランキングのアイテム一覧

ジャック・フィニイのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)』や『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)』や『盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)』などジャック・フィニイの全29作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)

600
3.80

感想・レビュー

古き良き時代のアメリカの、ノスタルジックな世界の中で繰り広げられる とってもロマンチックな世にも奇妙な物語。 新しく変わっていこうとする現代と、古き良... もっと読む

時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)

469
3.58
R・F・ヤング他 2009年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイムトラベルものの短編集。 往年の名作ばかりで、タイプの違うものを取り揃えてあります。 SFにしてはかなり読みやすい方。 ロマンチックなのがやっぱ... もっと読む

盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)

259
3.51

感想・レビュー

ある日突然、一緒に暮らし慣れ親しんだ人に違和感を感じる。 外見も中身も特に変わった箇所は見受けられず、ただただ何かが違うとモヤモヤする。 これはS... もっと読む

ふりだしに戻る〈上〉 (角川文庫)

190
3.64

感想・レビュー

とある極秘プロジェクトの一員として《過去》へ行ってみないか? ある日、イラストレーターとしてNYの広告代理店で平凡な日常をおくっていた主人公サイは、見知ら... もっと読む

ふりだしに戻る (下) (角川文庫)

147
3.57

感想・レビュー

上巻を読んだときに思ったけど、政府主導の研究、しかも莫大な資金を投入している研究ということは、それなりの見返りが国に対してなされなければならない。 歴史... もっと読む

レベル3 (異色作家短篇集)

102
3.66

感想・レビュー

私はこれまでSF作品で人が時空を超えるのは好奇心が理由だとばかり思っていた。しかし、この世界はそうじゃない。これは逃避の文学だ!考えてみればSFだけでなく... もっと読む

夢の10セント銀貨 (ハヤカワ文庫 FT 2)

77
3.20

感想・レビュー

昔読んで面白いと思ったが、今読んでみるとさすがに古い。 よくあるパラレルワールド物だが、後一ひねり欲しい。 もっと読む

盗まれた街 (ハヤカワ文庫 SF 333)

63
3.69

感想・レビュー

侵略物のSF。 終始静かに街が侵されていくその過程が、怖い。 それに比べてラストはちょっと呆気ない。 もっと読む

時の旅人

44
3.00

感想・レビュー

「ふりだしに戻る」の続編。 ストーリーは簡単。 第一次大戦を阻止するためにタイタニック号の沈没を何とか食い止めなければならないサイモン。 191... もっと読む

完全脱獄 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

36
2.92

感想・レビュー

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000323551.html もっと読む

フロム・タイム・トゥ・タイム―時の旅人 (角川文庫)

27
3.13

感想・レビュー

前作よりはコンパクトで読みやすい。「タイタニックの沈没を防げるのか」と宣伝文句があったが、タイタニックが登場するのは最後の50ページ。タイタニックブームに... もっと読む

マリオンの壁 (角川文庫)

27
3.25

感想・レビュー

これはあまり面白くなかった。作者の真骨頂は「現代と過去との時空を超えた連関」にあると実感。 もっと読む

五人対賭博場 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

12
3.57

感想・レビュー

コンゲーム小説というよりは、ワクワク・ドキドキ・ガックリ・ホノボノと移り変わるチョッとビターな青春小説といった感じかな。書かれた当時は斬新なテクノロジーや... もっと読む

レベル3 (異色作家短篇集 3)

11
3.20

感想・レビュー

本当は読んだのは、第三回配本 昭和36年出版のもの。 ミステリーかと思って読んだけれど、どちらかというと「世にも奇妙な物語」風の話だった。誰も死んだ... もっと読む

盗まれた街 (1979年) (ハヤカワ文庫―SF)

8
3.00

感想・レビュー

筒井康隆の緑魔の街だったか、あるいはサラマーゴの複製された男だったか、こうした世界の虚構はいまだに心くすぐられるものである。 自分が自分であること、相対化... もっと読む

ゲイルズバーグの春を愛す (1972年) (世界の短篇)

6
3.50

感想・レビュー

楽しみだった名作短編集  タイトルチューン「ゲイルズバーグの春を愛す」はさすがの美しさ。過去の郷愁がはじけている。いい作品だな。古き良き時代を懐かしむ、... もっと読む
全29アイテム中 1 - 20件を表示

ジャック・フィニイに関連する談話室の質問

ツイートする