ジャック・ロンドンのおすすめランキング

プロフィール

アメリカの作家。1876年、サンフランシスコ生まれ。工場労働者、アザラシ漁船の乗組員など多くの仕事に就いた後、『野性の呼び声』(光文社他)で一躍流行作家となる。アラスカの自然と生の苛酷さを描いた短編や、海洋小説、ボクシング小説、SF、幻想小説、ルポルタージュなど、多彩な作品を発表、世界的名声を博したが、1916年に急死。邦訳に『白い牙』(光文社他)、『火を熾す』『犬物語』(スイッチパブリッシング)他多数。

「2018年 『マーティン・イーデン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・ロンドンのおすすめランキングのアイテム一覧

ジャック・ロンドンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)』や『白い牙 (新潮文庫)』や『野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)』などジャック・ロンドンの全99作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)

438
4.16

感想・レビュー

『野生の呼び声』で有名なアメリカの作家ジャック・ロンドン(1876~1916)。40歳の若さで他界したのですが、50冊以上、200以上の短編と多くの作品を... もっと読む

白い牙 (新潮文庫)

399
3.87

感想・レビュー

冒頭から、アラスカの雪の平原でハラペコ狼にとりかこまれ、一匹一匹食べられていくソリ犬・・・ついには人間も・・・な展開でつかみからがっつり。狼好きのバイブル... もっと読む

野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)

270
3.69

感想・レビュー

NUMA BOOKSに選んで貰った1/12冊。 ほんとは現代教養文庫、辻井栄滋訳のものなんだけどブクログでヒットしなかった。 読み始めた時はどうし... もっと読む

どん底の人びと―ロンドン1902 (岩波文庫)

169
3.86

感想・レビュー

ジャック・ロンドンの作品はその描写が見事で、人間性や感受性がじつに豊かで面白い。机上で学んでも決して得ることのできない天性のセンスが備わっている人なのです... もっと読む

荒野の呼び声 (岩波文庫)

153
3.83

感想・レビュー

名作です 配置場所:2F文庫書架 請求記号:933||L 84 資料ID:C0020222 もっと読む

白い牙 (光文社古典新訳文庫)

100
3.42

感想・レビュー

昔から大好きな小説でしたが、新訳という事で新たに読んでみました。 確かに、昔の訳より格段にとっつきやすくなっています。 所々以前と違う訳がありますが、... もっと読む

犬物語 (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン) (柴田元幸翻訳叢書ジャック・ロンドン)

81
4.33
柴田元幸 2017年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 難波で飲み会がなければ高島屋丸善に立ち寄ることもなく、ジャック・ロンドンの「マーティン・イーデン」を手に取ることもなかっただろう。「マーティン・イーデン... もっと読む

野性の呼び声 (新潮文庫 ロ 3-2)

64
4.00

感想・レビュー

再読本。 前半部の苦労するバックも好きだったが、今再読すると後半部の活躍するバックの方が興奮できる内容だった。 成長を喜べるということで、自分もこのバ... もっと読む

ジャック・ロンドン放浪記 (地球人ライブラリー (014))

54
3.88

感想・レビュー

アメリカ大陸横断鉄道の黎明期に、列車にタダ乗りしては全米を股に掛ける放浪者群がいたという。その名をホーボー。 ジャック・ロンドンと言えば、「野性の呼... もっと読む

掟 (百年文庫 20)

52
3.31
戸川幸夫 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戸川幸夫「爪王」 秋田県の山中に生まれた孤高の若クマタカと、鷹匠の末裔の老人。 残り少ない余生をかけて「名鷹」を育てあげんとする鷹匠に捕らえられた... もっと読む

世界が若かったころ―ジャック・ロンドンショートセレクション (世界ショートセレクション)

39
3.56

感想・レビュー

短編集。 初めて読む著者で、作風も全く分からなかったが、意外と楽しめた。 表題作が○○○○ものとして良い出来。 「キーシュの物語」「マーカス・オブラ... もっと読む

マーティン・イーデン (エクス・リブリス・クラシックス)

39
4.38

感想・レビュー

私の愛読する英語学習者向けサイト「VOA learning English」にAMERICAN STORIESというコーナーがあって、まだ語彙の多くない人... もっと読む

野生の呼び声 (名作再発見シリーズ)

22
4.00

感想・レビュー

たんたんとしているけど、ストーリーテリングのうまさは素晴らしい。 もっと読む

死の同心円 (バベルの図書館)

18
3.60

感想・レビュー

ボルヘス編纂「バベルの図書館」シリーズ ジャック・ロンドン編。 文章は鋭く目線は容赦ない。現実的なのですが鋭すぎて不条理小説のよう。 海からあげら... もっと読む

ジャック・ロンドン幻想短編傑作集

14
2.43

感想・レビュー

初読 初ジャック・ロンドンなんだけど…… かなりの苦痛。訳が良くないの? 「夜の精」 プロットは面白い。 働き続けた女性が夫も捨て、インディアンの酋長... もっと読む

試合―ボクシング小説集 (現代教養文庫―ジャック・ロンドン・セレクション)

12
4.20

感想・レビュー

20世紀初頭のアメリカを舞台にしたボクシング小説集 作者のジャック・ロンドンがパンツ一丁でワキの甘いポーズを決めている 「試合」 おれ、この試合... もっと読む

極北の地にて

12
3.40

感想・レビュー

短編の名手といわれる所以がよくわかる一冊。「焚き火」が圧巻。 もっと読む

Coyote No.66 特集:北に遊び 小屋に暮らす

11
3.00
石川直樹 雑誌 2018年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集のサイクル的に類似が近くなった感あり もっと読む
全99アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする