ジャネット・ウィンターソンの新刊情報

ジャネット・ウィンターソンの新刊情報のアイテム一覧

ジャネット・ウィンターソンの新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2015年4月2日発売『GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02』や2013年11月1日発売『ライオンと一角獣とわたし―クリスマスの物語』や2012年4月4日発売『カプリの王さま』などジャネット・ウィンターソンの全13作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

ライオンと一角獣とわたし―クリスマスの物語

33
3.86

感想・レビュー

新約聖書のキリスト降誕をジャネット・ウィンターソンが〈わたし〉の視点で物語化したもの。 読んでいるあいだ、黄金色の大きな翼を持つ天使が寄り添ってくれてい... もっと読む

カプリの王さま

30
3.50

感想・レビュー

作者の都合が見える もっと読む

灯台守の話 (白水Uブックス175)

248
4.07

感想・レビュー

今にも崖からおちそうな家で、命綱をしながら暮らしていた少女シルバー。母親がなくなったことで、孤児となり灯台守ピューとともに暮らすことになる。 ピュー... もっと読む

タングルレック

18
3.60

感想・レビュー

両親と妹が列車事故のあと行方不明になってから、シルバーはタングルレック屋敷に、叔母と名乗るミセス・ロカバイと暮らしていた。ロカバイにはペットのうさぎビガミ... もっと読む

灯台守の話

331
3.93

感想・レビュー

数年前にこの作品を知り、迷いなく購入したものの長らく本棚で熟成させてしまっていた1冊。ふとした拍子ではじめの文章を読んでしまってからは、途中で止めることが... もっと読む

永遠を背負う男 世界の神話 (THE MYTHS)

37
3.57

感想・レビュー

図書館で。このシリーズは個人的には大当たり。他のも読んでみようっと。 世界の始まりや起源を説く神話と現在の天文学や進化論がどう折り合いを付けるか、と... もっと読む

オレンジだけが果物じゃない (文学の冒険シリーズ)

195
3.67

感想・レビュー

2対8の割合で元気づけられ心細くなる。ウィンターソンの作品は2冊目で、主人公の女の子は二人とも強い子だ。語られないことも多いのだろうけれど、腹の据わりかた... もっと読む

さくらんぼの性は (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

175
3.89

感想・レビュー

過去、現在、未来、現実と幻想、歴史と寓話のあいだを揺れ動くうちに、だんだん重力を感じなくなる。恋の疫病とやらでバタバタ人が死ぬ変なエピソード、強烈な描写と... もっと読む

恋をする躰 (Voices overseas)

35
3.25

感想・レビュー

図書館で。 何作か読んで面白い作家さんだと思ったので借りてみたのですがこれは読み切れなかった。恋愛のドロドロとかそう言うのにどっぷり浸りたいときなら読め... もっと読む

さくらんぼの性は (新しいイギリスの小説)

29
3.75

感想・レビュー

何か読むべきものだったとしてタイトルを覚えていたので。 図書館で初めて本借りました。 汚いロンドンの感じが懐かしい。 でも思ってたより幻想的なやつではなか... もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする