ジャン=リュック・ナンシーのおすすめランキング

プロフィール

ジャン=リュック・ナンシー(Jean-Luc Nancy) 1940年、フランス・ボルドー生まれ。哲学者。ストラスブール・マルク・ブロック大学名誉教授。著書に、『無為の共同体─哲学を問い直す分有の思考』(1986年/邦訳、以文社、2001年)、『自由の経験』(1988年/未來社、2000年)、『限りある思考』(1990年/法政大学出版局、2011年)、『世界の創造あるいは世界化』(2002年/現代企画室、2003年)、『イメージの奥底で』(2003年/以文社、2006年)、『モーリス・ブランショ 政治的パッション』(2011年/水声社、2020年)など多数。

「2021年 『あまりに人間的なウイルス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャン=リュック・ナンシーのおすすめランキングのアイテム一覧

ジャン=リュック・ナンシーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『思考の取引――書物と書店と』や『あまりに人間的なウイルス: COVID-19の哲学』や『フクシマの後で: 破局・技術・民主主義』などジャン=リュック・ナンシーの全18作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

思考の取引――書物と書店と

192
3.73

感想・レビュー

タイトルと本の質感が気に入って、六本木の文喫で買ってそのまま一日で読了。短いので。 フランス人ってやっぱ嫌いだなーと思ってしまうのは、フランス語が恐らく日... もっと読む

あまりに人間的なウイルス: COVID-19の哲学

65
3.38

感想・レビュー

https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000107101 ☆学外からは学認により利... もっと読む

フクシマの後で: 破局・技術・民主主義

62
4.11

感想・レビュー

ジャン=リュック・ナンシーが2011.3.11の福島原発事故について書いた!ということで注目されるが、実は原子力発電の可否を云々しているのではない。反原発... もっと読む

イメージの奥底で

45
3.55

感想・レビュー

意味不在の論理 ユダヤーキリスト教に於ける 、その意味が意味不在であるような現前。遠ざかることによってみずからを作りだすところの神聖性。 不在の論理 プ... もっと読む

私に触れるな: ノリ・メ・タンゲレ (ポイエーシス叢書 55)

40
4.00

感想・レビュー

マリアはイエスを見るだろう、イエスは彼女に見られるがままになるだろう、ときうのも彼女は墓のなかを見ることができたのだから。 見るべきでないものを見ることが... もっと読む

nyx ニュクス

38
3.00
佐々木雄大 2015年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌 もっと読む

侵入者―いま〈生命〉はどこに?

30
3.33

感想・レビュー

ナンシーの「個的で完結し自立した主体にもとづく哲学的思考の脱構築」への貢献は、『無為の共同体』で示された「分割=分有」の概念の創出と、それに連動する「有限... もっと読む

遠くの都市

19
3.50

感想・レビュー

上京して間もない頃だった。神楽坂の毛細血管のような街で迷子になった。 歩いても歩いても、目的地らしいものは見当たらず、ケバケバしいパチンコ屋のネオンと音... もっと読む

ポストフクシマの哲学――原発のない世界のために

6
岩田渉 2015年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カテゴリ:図書館企画展示 2017年度第8回図書館企画展示 「震災に係る本学教員の研究等」 展示中の図書は借りることができますので、どうぞお早め... もっと読む
全18アイテム中 1 - 18件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×