ジャン=リュック・ナンシーのおすすめランキング

プロフィール

Jean-Luc NANCY 1940年生まれ。フランス現代思想界を代表する哲学者。共同体の問題を始め、政治論、身体論、芸術論など幅広い分野で数多くの著作を発表しているが、「キリスト教的西洋の脱構築」とはそれらに通底する主題でもある。

「2014年 『アドラシオン キリスト教的西洋の脱構築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャン=リュック・ナンシーのおすすめランキングのアイテム一覧

ジャン=リュック・ナンシーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『思考の取引――書物と書店と』や『フクシマの後で: 破局・技術・民主主義』や『イメージの奥底で』などジャン=リュック・ナンシーの全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

思考の取引――書物と書店と

114
3.86

感想・レビュー

タイトルと本の質感が気に入って、六本木の文喫で買ってそのまま一日で読了。短いので。 フランス人ってやっぱ嫌いだなーと思ってしまうのは、フランス語が恐らく日... もっと読む

フクシマの後で: 破局・技術・民主主義

52
4.00

感想・レビュー

ジャン=リュック・ナンシーが2011.3.11の福島原発事故について書いた!ということで注目されるが、実は原子力発電の可否を云々しているのではない。反原発... もっと読む

イメージの奥底で

39
3.55

感想・レビュー

意味不在の論理 ユダヤーキリスト教に於ける 、その意味が意味不在であるような現前。遠ざかることによってみずからを作りだすところの神聖性。 不在の論理 プ... もっと読む

nyx ニュクス

29
3.00
佐々木雄大 2015年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌 もっと読む

私に触れるな―ノリ・メ・タンゲレ (ポイエーシス叢書 (55))

26
4.00

感想・レビュー

マリアはイエスを見るだろう、イエスは彼女に見られるがままになるだろう、ときうのも彼女は墓のなかを見ることができたのだから。 見るべきでないものを見ることが... もっと読む

侵入者―いま〈生命〉はどこに?

18
3.33

感想・レビュー

ナンシーの「個的で完結し自立した主体にもとづく哲学的思考の脱構築」への貢献は、『無為の共同体』で示された「分割=分有」の概念の創出と、それに連動する「有限... もっと読む

ポストフクシマの哲学――原発のない世界のために

6
岩田渉 2015年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カテゴリ:図書館企画展示 2017年度第8回図書館企画展示 「震災に係る本学教員の研究等」 展示中の図書は借りることができますので、どうぞお早め... もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする