ジャン・ジオノのおすすめランキング

プロフィール

Jean Giono.1895~1970. 
作家。プロヴァンス地方マノスク生まれ。
16歳で銀行員として働き始める。
1914年、第一次世界大戦に出征。
1929年、長編小説『丘』がアンドレ・ジッドに認められ出版。
第二次世界大戦では徴兵反対運動を行う。
1939年、逮捕される。
1953年の『木を植えた男』はジオノ没後、
20数か国語に翻訳された。
邦訳書に
『丘 岩波文庫』
(山本省訳、2012年)、
『ボミューニュの男』
(山本省 訳、彩流社、2019年)、
『二番草』
(山本省 訳、彩流社、2020年)、
『世界の歌』
(山本省訳、河出書房新社、2005年)、
『気晴らしのない王様』
(酒井由紀代訳、河出書房新社、1995年)、
『いかさまトランプ師の冒険』
(酒井由紀代訳、河出書房新社、1997年)、
『木を植えた男』
(山本省訳、彩流社、2006年、他多数翻訳あり)、
『屋根の上の軽騎兵』
(酒井由紀代訳、河出書房新社、1997年)、
『喜びは永遠に残る』
(山本省訳、河出書房新社、2001年)、
『憐憫の孤独』
(山本省 訳、彩流社、2016年)などがある。



「2020年 『青い目のジャン(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャン・ジオノのおすすめランキングのアイテム一覧

ジャン・ジオノのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『木を植えた男』や『木を植えた人』や『丘 (岩波文庫)』などジャン・ジオノの全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

木を植えた男

923
4.00
ジャン・ジオノ 1989年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普通の速度で音読しても30分以上はかかるため、お話会には到底不向きな一冊。 でも大人はもちろんのこと、高学年以上の子にぜひおすすめしたい名作。 ひとは... もっと読む

木を植えた人

355
3.89
ジャン・ジオノ 1989年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

座右の書です。 日本語ではいちばんいい本だと思います。 もっと読む

丘 (岩波文庫)

58
3.82
ジャン・ジオノ 2012年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心にじわーっと何かが広がる忘れられない一冊。 人と自然、アニミズム的な世界感が躍動的に描かれています。 私、好きです。 もっと読む

木を植えた男 (あすなろセレクト)

57
4.10

感想・レビュー

もちろん訳本ではあるが、言葉の持つ喚起力を感じずにはいられない。 ブフィエという老人が実在したかどうかは何の問題にもならない。 ブフィエという老人が実... もっと読む

あすなろセレクション 木を植えた男

38
3.27
ジャン・ジオノ 2015年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求記号:D953||G 47 資料ID:W0187480 もっと読む

木を植えた男 The Man Who Planted Trees (ラダーシリーズ Level 5)

31
3.67
ジャン・ジオノ 2017年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当方TOEIC 750点程度 読み切るのに、中々苦労した。ビジネス的なワードと文学的なワードは違うらしい。Toeic では、お目にかからない単語が多く勉強... もっと読む

木を植えた男

31
4.00

感想・レビュー

「物語のねらいは、読者に木を好きになってもらうこと、あるいはより正確に言うと、木を植えることを好きになってもらうことにありました。」というのが原作者ジャン... もっと読む

木を植えたひと

22
3.25
ジャン・ジオノ 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランスの短編小説。 荒廃した大地に淡々と種を蒔き続け、ついに豊かな森林を創り上げてしまう男の話です。 小さな変化が重なって、やがて奇跡のよう... もっと読む

朗読CD付 対訳 フランス語で読もう「木を植えた男」

21
4.67
ジャン・ジオノ 2011年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有名な話なのに、フランス語で読んだことがなかった。CDなのですぐ聞ける。 もっと読む

世界の歌

13
4.00
ジャン・ジオノ 2005年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公と目の見えない女性の、水を流れて辿り着く新しい生活の事を考えるとしみじみと希望が湧いてきます。 もっと読む

喜びは永遠に残る

10
3.80

感想・レビュー

「木を植えた人」の原点となった小説…らしい?始まりは非常に美しい。読み進めるにつれてなぜか困惑していった。 都会では幸せになれない。なら、田舎なら?... もっと読む

気晴らしのない王様

8
3.80

感想・レビュー

作者はプロヴァンス地方の田舎で生まれ育ち、全くフランスの文壇と付き合いはなかったよう。 内容は、昔を回想してるから語り手の独断で進む。正直全然世界観が想像... もっと読む

いかさまトランプ師の冒険

7
3.33

感想・レビュー

ストーリーを追うことであるとか、意味を解することを止めるよう、作者がルールを提示していることは、読み始めてすぐに気付く。その場合に読者としてはイメージの豊... もっと読む

改訂版 対訳 フランス語で読もう「木を植えた男」

2
3.00
ジャンジオノ 2016年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

L'homme qui plantait des arbres https://www.youtube.com/results?search_query=... もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする