ジャン=ポール・サルトルのおすすめランキング

プロフィール

1905-80年。フランスの哲学者・文学者。主な哲学著作は、本書(1940年)のほか、『想像力』(1936年)、『存在と無』(1943年)、『弁証法的理性批判』(1960年)など。

「2020年 『イマジネール 想像力の現象学的心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャン=ポール・サルトルのおすすめランキングのアイテム一覧

ジャン=ポール・サルトルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『主体性とは何か?』や『イマジネール 想像力の現象学的心理学 (講談社学術文庫)』や『敗走と捕虜のサルトル 〔戯曲『バリオナ』「敗走・捕虜日記」「マチューの日記」〕』などジャン=ポール・サルトルの全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする