ジュリアン・バーンズのおすすめランキング

ジュリアン・バーンズのおすすめランキングのアイテム一覧

ジュリアン・バーンズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス)』や『フロベールの鸚鵡 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)』や『人生の段階 (新潮クレスト・ブックス)』などジュリアン・バーンズの全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス)

508
3.69

感想・レビュー

R40いや、R50の作品だと思う。若いときに読んだら、こんなに心に響かなかっただろう。まずまず穏やかで平均的な人生を歩んでいると思っていた初老の男に、1通... もっと読む

フロベールの鸚鵡 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

84
3.58

感想・レビュー

生地を訪ねてみれば、偉大な作家が手ひどい扱いを受けている。銅像の一部は欠け落ち、小説に登場する鸚鵡のモデルとなった剥製があろうことか複数の場所に本物として... もっと読む

人生の段階 (新潮クレスト・ブックス)

74
3.69

感想・レビュー

妻を(正確には最愛の妻を)なくした作家の記録。 感傷を超えた先の、いっそ淡々とした風なのだけど、傷は一切癒えてなんていない。まだ生傷のままだ。瘡蓋になんて... もっと読む

文士厨房に入る

69
3.35

感想・レビュー

バーンズの料理に対する姿勢、料理本の読み方が非常に面白くあらためてバーンズファンに。 もっと読む

101/2章で書かれた世界の歴史 (白水Uブックス)

65
3.57

感想・レビュー

歴史とは、過去に起こった事実である。 と、この本を読むまで思っていた。 この本では、歴史とは語られた物語である。 誰が語るのかで、物語の見え方は... もっと読む

イングランド・イングランド (海外文学セレクション)

56
3.20

感想・レビュー

大金持ちが島を買って、金にあかせて島を好き勝手に作り変えてしまうという話が主題の一つになっている。ポオの『アルンハイムの地所』や『ランダーの別荘』に想を得... もっと読む

アーサーとジョージ

51
3.63

感想・レビュー

ジュリアン・バーンズは『終わりの感覚』で衝撃を受けたので、次回作が刊行されれば読みたいとずっと思っていた。帯には“ヒストリーにしてミステリー”とあるが、確... もっと読む

ベスト・ストーリーズIII カボチャ頭

28
4.00

感想・レビュー

2016/11/?? ※登録し忘れ。読了日失念。 昔の恋人, ウィリアム・トレヴァー/流されて, アリス・マンロー/足下は泥だらけ, アニー・プル... もっと読む

海峡を越えて

11
3.00

感想・レビュー

アイルランドの隠し味? とりあえず、「永遠に」を。第一次世界大戦で亡くした弟の為に毎年フランスの共同墓地詣りをするイギリス人女性…ユダヤ人であることが最... もっと読む

ここだけの話

8
3.75

感想・レビュー

前にこの方の料理エッセイを読んで面白かったので他の作品も読んでみようと図書館で借りて読みました。話は一言で言えばありがちな嫌な話ですがこの小説はあらすじが... もっと読む

【ハ゛ーケ゛ンフ゛ック】 ここだけの話

1
2.00

感想・レビュー

図書館で。 どうやら再読らしい… 全然気づかなかった…悔しい(笑) やっぱり3人とも好きになれない話だなぁ。まあ一言で言うとスチュアートとジリアン... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする