ジュール・ミシュレのおすすめランキング

プロフィール

ジュール・ミシュレ(Jules Michelet)フランス革命末期の1798年8月にパリで生まれ、父親の印刷業を手伝いながら、まだ中世の面影を色濃く残すパリで育ち勉学に励んだ。1827年、高等師範の歴史学教授。1831年、国立古文書館の部長、1838年からコレージュ・ド・フランス教授。復古的王制やナポレオン三世の帝政下、抑圧を受けながら人民を主役とする立場を貫いた。1874年2月没。

「2020年 『フランス史 宗教改革』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジュール・ミシュレのおすすめランキングのアイテム一覧

ジュール・ミシュレのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ジャンヌ・ダルク (中公文庫)』や『フランス革命史〈上〉 (中公文庫)』や『フランス革命史〈下〉 (中公文庫)』などジュール・ミシュレの全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ジャンヌ・ダルク (中公文庫)

109
3.29

感想・レビュー

そういえばジャンヌ・ダルをちゃんと知らないかったわ、と。 ジャンヌ・ダルク本は他にもあるだろうに、なんでミシュレなんだと言われたら、「魔女」を読み損なっ... もっと読む

フランス革命史〈上〉 (中公文庫)

106
3.78

感想・レビュー

人民史家ミシュレ フランス革命史(革命のはじまり;新生フランス;一進一退;立憲王政のこころみ;王政との闘い) 著者:ジュール・ミシュレ(Miche... もっと読む

フランス革命史〈下〉 (中公文庫)

69
4.06

感想・レビュー

現代の神話。ルイ16世と,ジロンド派と,ロベスピエールの処刑(処刑直前)の場面が個人的にはハイライト。でっちあげ裁判や自らが粛清される恐怖から敵を作り出す... もっと読む

フランス史 4 〔17世紀 ルイ14世の世紀〕 (フランス史(全6巻))

14

感想・レビュー

「美しく完成された時代ーが、何一つ創出しなかった」 17世紀アンリ4世、ルイ13世から14世没まで。 歴史書だが相変わらずの語り。最初ではなく、多少基礎知... もっと読む

ジャンヌ・ダルク (中公文庫プレミアム)

14
3.00

感想・レビュー

〈祖国〉はひとりの少女から生まれた――。『フランス史』で知られる歴史家・ミシュレが情熱をこめて描く、救国のヒロインの受難と死。〈解説〉佐藤賢一 もっと読む

世界史入門―ヴィーコから「アナール」へ

13
3.67

感想・レビュー

ミシュレの歴史学に対する姿勢や思想を、その著作からわかりやすく追ってまとめられた本。 革命について。ミシュレの奉ずる自由について。それら全てが「民衆」と... もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×