ジュール・ルナールのおすすめランキング

ジュール・ルナールのおすすめランキングのアイテム一覧

ジュール・ルナールのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『博物誌 (新潮文庫)』や『にんじん (新潮文庫)』や『にんじん (角川文庫クラシックス)』などジュール・ルナールの全102作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

博物誌 (新潮文庫)

394
3.59

感想・レビュー

ここにあるのは豊富な挿絵が添えられた、詩的な生物観察からなる短文の集まりです。著者は例えば以下のように生き物たちへの愛着を感じさせる視点で表現しており、俳... もっと読む

にんじん (新潮文庫)

233
3.43

感想・レビュー

#読了 2020.6.11 小学4年生以来の再読。 やっぱりなぜこれが児童文学の名作なのか考えてしまう。何かとハラスメントとうるさい昨今だけど、それ抜き... もっと読む

にんじん (角川文庫クラシックス)

214
3.39

感想・レビュー

赤毛のアンの男の子バージョンに近い。 子どもに読ませたい一冊。 もっと読む

博物誌 (岩波文庫)

122
3.47

感想・レビュー

蛇のことを「長すぎる」とだけ切って捨ててあるのを愉快そうに教えてくれたのは私の祖母だ。 確かにいいんですよこの本。 もっと読む

ぶどう畑のぶどう作り (岩波文庫)

40
4.00

感想・レビュー

日本人がいかにも好みそうな詩的な美しさ。一番好きな訳。 もっと読む

にんじん (ポプラ社文庫)

33
3.19

感想・レビュー

 小さい頃は何度読んでもよくわからなかったんだ。 なんでお母さんはにんじんに辛く当たるのか。なんでお父さんは助けてくれないのか。大きくなるにつれてその理... もっと読む

生きものたちのささやき―「博物誌」より

15
3.00

感想・レビュー

発想がものすごく新鮮で、鱗が落ちる。ルナールの目には生きものたちがこんな風に見えているのか、と大変感慨深い。 何でも「枠」に当てはめて物事を捉えすぎ... もっと読む

にんじん (1966年) (旺文社文庫)

14
4.00

感想・レビュー

主人公にんじんの生活を母から子への陰惨な虐待、子供の残虐さを中心に描いた作品。文章は読みやすいけれど、内容が辛くて、虐待を止めない家族にイライラして、読み... もっと読む

にんじん (角川文庫)

10
2.33
ジュール・ルナール 電子書籍 2000年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

にんじんと呼ばれる末息子。母親をはじめ家族からの愛情に飢えている。何を読み取ればよいのだろうか…少し難しかった。 もっと読む

ジュール・ルナール全集 (11) 日記 (1)

7

感想・レビュー

「読みたい」美しい文章だと本気で思った一冊。全集はいつか手にいれたい・・・!! もっと読む
全102アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×