ジョン・ルカーチの新刊情報

プロフィール

1924年ハンガリー生まれ。1946年、共産化するハンガリーを離れ、アメリカに移住する。1947~94年までチェスナット・ヒル・カレッジ(Chestnut Hill College)歴史学部で教鞭をとったほか、ジョンズ・ホプキンス大学、コロンビア大学、プリンストン大学などの客員教授を務めた。30冊を超える著書があるが、邦訳書として、『大過渡期の現代』(救仁郷繁訳、ぺりかん社、1978年)、『ブダペストの世紀末』(早稲田みか訳、白水社、1991年)、『ヒトラー対チャーチル』(秋津信訳、共同通信社、1995年)がある。また、近著には、Churchill: Visionary, Statesmen, Historian (New Haven, Conn.: Yale University Press, 2004), June 1941: Hitler and Stalin (Yale UP, 2006), The Legacy of the Second World War (Yale UP, 2010), The Future of History (Yale UP, 2011) などがある。

「2011年 『評伝 ジョージ・ケナン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョン・ルカーチの新刊情報のアイテム一覧

ジョン・ルカーチの新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2013年11月23日発売『歴史学の将来』や2011年6月27日発売『評伝 ジョージ・ケナン』や2010年10月28日発売『ブダペストの世紀末 都市と文化の歴史的肖像(新装版)』などジョン・ルカーチの全6作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

評伝 ジョージ・ケナン

23
2.33
ジョン・ルカーチ 2011年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ケナンの言葉は含蓄に富む、著者の礼賛がすぎていて読み物としてはいまいち もっと読む

ブダペストの世紀末―都市と文化の歴史的肖像

12
3.50

感想・レビュー

前から読みたいと思っていた本で、昨年の京都の古本祭りで出会ったので購入しました。 オーストリア=ハンガリー二重帝国の1つの中心として、19世紀後半に... もっと読む

ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘

9
2.50

感想・レビュー

ヒトラーのイギリス観は単純ではない。ヒトラーはイギリスの協力、友好関係、あるいは最低限、中立を望んでいた。しかしイギリスに拒絶されると、それまで望んでいた... もっと読む
全6アイテム中 1 - 6件を表示
ツイートする
×