ジョン・ル・カレのおすすめランキング

ジョン・ル・カレのおすすめランキングのアイテム一覧

ジョン・ル・カレのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)』や『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)』や『スマイリーと仲間たち (ハヤカワ文庫 NV (439))』などジョン・ル・カレの全82作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

844
3.60

感想・レビュー

スパイものの古典かつ金字塔と言われる作品らしい。その手の『分野で一番』と言われる作品は読めるうちに読んでおきたい、と思って読んでみた。 ラスト30頁で見... もっと読む

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

836
3.73
ジョンル・カレ 2012年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画「裏切りのサーカス」を観てから読みました。 ストーリーの大まかな流れは同じだけど、原作のこちらの方がかなり濃密で複雑。 冷戦の知識がないので苦労しなが... もっと読む

スマイリーと仲間たち (ハヤカワ文庫 NV (439))

263
4.07
ジョン・ル・カレ 1987年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スマイリー三部作完結編で、旧ソ連の宿敵〝カーラ〟との最終的決着までを描く。重厚な筆致は更に磨きが掛けられており、ル・カレ独自の世界がゆっくりと始動する。前... もっと読む

ナイロビの蜂 上 (集英社文庫)

226
3.38
ジョン・ル・カレ 2003年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ナイロビ駐在の英国高等弁務官の妻がボランティア活動中にアフリカで同行のアフリカ人医師と共に殺害される。英国警察の調査で不倫の疑いがあった妻とアフリカ人医師... もっと読む

ナイロビの蜂 下 (集英社文庫)

196
3.35
ジョン・ル・カレ 2003年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スパイ小説の大家である作者が、冷戦後の世界を舞台に2000年代に書いた国際謀略小説。冷戦後の世界の謀略の舞台はアフリカはケニアであった。映画化されヒロイン... もっと読む

誰よりも狙われた男 (ハヤカワ文庫NV)

150
3.63
ジョン・ル・カレ 2014年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョン・ル・カレの新作が出ると昨年聞いたときにすぐ読めばよかったのだけど、「ひょっとしたら…」と地味に待ち続け、予想通り(でもないけど)の文庫化! ... もっと読む

われらが背きし者

147
3.38
ジョン・ル・カレ 2012年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョン・ル・カレ著。ロシアマフィアとイギリス諜報部との橋渡しを偶然やることになったカップル。みんなゴールに向かって必死にやってきたのにこの結末はあっけない... もっと読む

地下道の鳩: ジョン・ル・カレ回想録

134
4.05

感想・レビュー

序文だけでもうすっかり心つかまれてしまった。 大人による、大人のための文章。 これよ、これ! こういうのが読みたかったのー! と、私の脳みそ含むからだ全部... もっと読む

寒い国から帰ってきたスパイ

113
3.67

感想・レビュー

ティンカーテイラーソルジャースパイといい場転多用のぶつ切り展開はさすがに読みにくいがすぎる。良さが分からん。 もっと読む

スパイはいまも謀略の地に

98
3.17
ジョン・ル・カレ 2020年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョン・ル・カレは、映画にもなった『寒い国から帰ってきたスパイ』、『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(邦題『裏切りのサーカス』)、『誰よりも狙わ... もっと読む

スパイたちの遺産

92
3.80
ジョンル・カレ 2017年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『寒い国から帰ってきたスパイ』と、スマイリー三部作の続編。 特に『寒い国から~』に直接的な繋がりが多いので、最低でも『寒い国から~』は読んでからのほうが... もっと読む

リトル・ドラマー・ガール〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

85
3.23
ジョン・ル・カレ 2015年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほとんど頭に入って来ないストーリー。翻訳がわかりにくいのか。 もっと読む

スパイたちの遺産 (ハヤカワ文庫NV)

84
3.55
ジョン・ル・カレ 2019年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スパイ小説の大御所ジョン・ル・カレの名作『寒い国から帰ってきた』と『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』の続篇。 といってもこれだけで十分楽しめる作... もっと読む

誰よりも狙われた男 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

81
3.67
ジョン・ル・カレ 2013年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず第一に、小なる者が大なる者に押し潰される悲劇という冷戦下でこそ描きやすかった物語を、「テロとの戦い」によって成立させたその手腕に脱帽。むしろこの結末は... もっと読む

パナマの仕立屋

72
3.16
ジョン・ル・カレ 1999年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕立て屋の噓はふくらみ、妻は怒り、大使館は揺れる。冷戦後のエスピオナージを舞台に、パナマ運河奪還をめぐる策略を、サスペンスにユーモアをまじえて描いたポスト... もっと読む

ナイト・マネジャー〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

71
3.45
ジョンル・カレ 2016年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先にトム・ヒドルストンが主演の海外ドラマを見て、原作を読んでみようと思いました。ジョン・ル・カレだし。 ですが、、まあ結末を知っているからかもしれません... もっと読む

われらが背きし者 (岩波現代文庫)

70
3.70
ジョン・ル・カレ 2016年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

え?って思うようなラスト。 これだけハラハラさせといてこれで終わりなのかよー。 おもしろかったですけど。 もっと読む

地下道の鳩: ジョン・ル・カレ回想録 (ハヤカワ文庫NV)

64
4.00
ジョンル・カレ 2018年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”地下道の鳩: ジョン・ル・カレ回想録”読了。 2020年12月12日に他界した巨匠の回想録は、重厚な趣で始まったので身構えましたが、ユーモアに溢れたエッ... もっと読む

リトル・ドラマー・ガール〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)

61
3.44
ジョン・ル・カレ 2015年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あいかわらず、ジョン・ル・カレの文章(翻訳のせいだけではないはず)は読みにくい。。。 「ティンカー・テイラー…」は映画が好きなのでなんとか面白く読めたけど... もっと読む
全82アイテム中 1 - 20件を表示

ジョン・ル・カレに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×