ジョージ・エリオットのおすすめランキング

プロフィール

George Eliot(Mari Anne Evans)1819-1880.
本名マリアン・エヴァンズ。
男性名で評論、小説、詩作品を発表し、
英国小説史におけるもっとも傑出した
リアリズム小説家と評される。

「2018年 『サイラス・マーナー (仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・エリオットのおすすめランキングのアイテム一覧

ジョージ・エリオットのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『サイラス・マーナー (岩波文庫)』や『ミドルマーチ〈1〉 (講談社文芸文庫)』や『ミドルマーチ〈3〉 (講談社文芸文庫)』などジョージ・エリオットの全45作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

サイラス・マーナー (岩波文庫)

102
3.72

感想・レビュー

「書店主フィクリーのものがたり」がこちらのオマージュ要素アリ、と解説に書いてありまして読みました。 お金が充分になくても幸せになれるということだ。 もっと読む

ミドルマーチ〈1〉 (講談社文芸文庫)

56
3.78

感想・レビュー

ウルフ先輩が褒めちぎっているという 噂を聞きつけて読んでみました。 舞台はイングランド中部の商業都市ミドルマーチ、 私はこんな風に主人公がい... もっと読む

ミドルマーチ〈3〉 (講談社文芸文庫)

26
3.75

感想・レビュー

カソーボン氏の厄介なことと言ったら! ドド姉さまの妹、シーリアが 「私はカソーボン氏に出会った時から 顔が嫌だった」と言ってたけど、 私も一緒... もっと読む

ミドルマーチ〈4〉 (講談社文芸文庫)

26
3.88

感想・レビュー

へえ~、バルストロウドがねえ!ふんふん。 ウィルが、へえ~、そうですか。 世界って狭いんですのね。 小さな町の壮大な物語って感じだったけど、... もっと読む

ミドルマーチ〈2〉 (講談社文芸文庫)

26
3.63

感想・レビュー

「赤毛のアン」でアンが激昂したときに、 『かあっとのぼせても、すぐさめるかんしゃくもちには、ずるいのや、うそつきがいない』って リンドの小母さんが言っ... もっと読む

ヴィクトリア朝怪異譚

20
3.67

感想・レビュー

怪異譚としては特にどうということもないが、描写されているヴィクトリア時代の風俗が非常に面白い。良家の青年がグランドツアーに行くの本当なんだなとか、きちんと... もっと読む

スペインのジプシー 他2篇: とばりの彼方、ジェイコブ兄貴 (ジョージ・エリオット全集)

6

感想・レビュー

ジプシーなど一切顧みない神を拝め、自分の民族を見捨て、同法を貧困に打ち捨てたまま、その悲しみを嘲る幸運なやからたちの仲間入りをする、そんな子供は、父の希望... もっと読む

サイラス・マーナー (研究社小英文叢書)

3
木村ふみ 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

  http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4327010189 ── 木村 ふみ・解説注釈《サイラス... もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする