ジョージ・オーウェルのおすすめランキング

プロフィール

1903-50 インド・ベンガル生まれ。インド高等文官である父は、アヘンの栽培と販売に従事していた。1歳のときにイギリスに帰国。18歳で今度はビルマに渡る。37年、スペイン内戦に義勇兵として参加。その体験を基に『カタロニア讃歌』を記す。45年『動物農場』を発表。その後、全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の執筆に取り掛かる。50年、ロンドンにて死去。

「2018年 『アニマル・ファーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・オーウェルのおすすめランキングのアイテム一覧

ジョージ・オーウェルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)』や『動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)』や『動物農場 (角川文庫クラシックス オ 1-1)』などジョージ・オーウェルの全149作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

14822
4.09

感想・レビュー

初出は1949年。高橋和久訳。 動物農場に引き続き、オーウェルの名高いディストピア小説をオーディブルで読んでみた。 ナレーターの松木伸仁さんは、過度の... もっと読む

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

3037
4.10

感想・レビュー

ゴクリ。 唾を飲み込む。 恐ろしい世界観だった。 これはとんでもないものを掘り出して読んでしまった… いやいや、だいぶ前に掘り出されてずっと読み継がれて... もっと読む

動物農場 (角川文庫クラシックス オ 1-1)

2415
3.92

感想・レビュー

笑えて、考えさせられて、絶望的に楽しい。 血のにじむような、パンクで愉快でダークで知的なドタバタ物語。 「動物農場」ジョージ・オーウェルさん。 ... もっと読む

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

1453
4.05
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2009年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デストピア小説、というジャンルを意識し始めたのはいつ頃からだったか。かつての「ユートピア」はどこへいったのだろう。極限の管理社会を描いたこの小説は、あまり... もっと読む

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

1434
3.81

感想・レビュー

読了できず・・・(涙) 知的な同僚さんに「私のイチオシです」と以前からオススメされていたのをようやく今年の夏休みに読もうと決意して借りたまま2カ月が... もっと読む

1984 (角川文庫)

1383
4.09

感想・レビュー

監視社会を描いたディストピア小説。『ビッグ・ブラザー』が支配する世界では、寝言や表情、頭の中までもが徹底的に監視下に置かれ、過去も都合のいいように書き換え... もっと読む

動物農場: おとぎばなし (岩波文庫)

1049
4.08

感想・レビュー

登場人物を動物にしてロシア革命以後のソヴィエトの体制を批判した本書は、1945年8月出版されたが、そこに至るまでに数々の障害があり難航を極めたらしい 『... もっと読む

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)

731
4.00

感想・レビュー

『1984年』が面白かったので、こっちも読んでみた。 社会は権力を必要とし、権力は牽制機能が無ければ堕落していく、という理を、寓話として語る傑作。 今... もっと読む

パリ・ロンドン放浪記 (岩波文庫)

598
4.25

感想・レビュー

『屋根裏部屋の一つには、仮装舞踏会で履くようなアメリカ向けのけばけばしい靴を作っている、ブルガリア人の学生がいた。この学生は六時から十二時までベッドの上に... もっと読む

一杯のおいしい紅茶-ジョージ・オーウェルのエッセイ (中公文庫)

437
3.55

感想・レビュー

津村紀久子さんの「苦手から始める作文教室」の中で、紹介されていたので、すぐ本屋で買って読みました。「動物農場」「1984年」など、全体主義に対する反体制の... もっと読む

1984年 (まんがで読破 MD100)

417
3.49
ジョージ・オーウェル マンガ 2012年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説を読む前に、と思って読んでみました。 大体の内容はわかったけど、じっくりと小説のもつ不気味さ味わうことはできなかったです。 『二重思考』という概念が難... もっと読む

動物農場 (角川文庫)

390
4.09
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2015年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとも、もうしわけございません。 (最初からそう思ってしまいました) (どうぶつたちが)最初に掲げた目ざすところはとてもよかった。 でも、その... もっと読む

カタロニア讃歌 (岩波文庫)

263
3.61

感想・レビュー

スペイン内戦を表した文学の一つ。この本を読んで、バルセロナに行きたいと思い、スペイン語を勉強した。ガウディという名のホテルに泊まり、ガウディの立て始めた教... もっと読む

1984年 ─まんがで読破─

230
3.30
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全体主義の恐ろしさがよくわかった。相互監視の社会。ちくり社会というのか?。そこでは、性欲すらも否定される。部屋や道や店が監視されていて、戦前の日本や共産主... もっと読む

あなたと原爆 オーウェル評論集 (古典新訳文庫)

194
4.27

感想・レビュー

毎年8月は太平洋戦争(第二次大戦を含む)とりわけ原爆について書かれたものについて読むことにしてるんです と言っても今年で2年目ですがw 8月になると急... もっと読む

動物農園 (単行本)

193
3.94

感想・レビュー

人間の支配に対して反旗を翻したある農園の動物たち。彼らは人間を追い出すことに成功、動物たちの自治が始まる。リーダー格は二匹の豚、スノーボールとナポレオン。... もっと読む

1984 (角川文庫)

187
4.21
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2021年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二重思考《ダブルシンク》。 世界のあらゆる歪の要因もこの思考にあるのではないか。 もっと読む

オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)

168
3.79

感想・レビュー

「ナショナリズムとは何か」と問う時、最も明確な指標を与えてくれる作家。ナショナリズムが帰属するのは国家民族に限らず、本質的に権力志向と結びついている。WW... もっと読む

一杯のおいしい紅茶

151
3.58

感想・レビュー

『1984年』や『動物農場』で有名なイギリスの作家、ジョージ・オーウェルのエッセイ。 ユーモアたっぷりに当時の世の中を語っています。 紅茶に関する本を... もっと読む

アニマル・ファーム (ちくま文庫)

142
3.81
石ノ森章太郎 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石ノ森章太郎『アニマル・ファーム』ちくま文庫。 ジョージ・オーウェルの諷刺小説『動物農場』を原作にした表題作の『アニマル・ファーム』と小松左京の傑作ホラ... もっと読む
全149アイテム中 1 - 20件を表示

ジョージ・オーウェルに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×