ジョージ・オーウェルのおすすめランキング

プロフィール

(1903年-1950年)イギリスの作家・ジャーナリスト。生誕地はイギリス植民地時代のインド。全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の作者で知られる。『1984年』は、1998年にランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」、2002年にノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に選ばれ、オーウェルは20世紀のイギリス文化における最高の記録保持者とみなされている。

「2021年 『1984』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・オーウェルのおすすめランキングのアイテム一覧

ジョージ・オーウェルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)』や『動物農場 (角川文庫)』や『動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)』などジョージ・オーウェルの全137作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

10625
4.11

感想・レビュー

じゃあ 「手ぇ洗ったの!?」 「なんでここに置くの!?」 「テーブル拭いたの!?」 「部屋の温度が上がってる何故エアコンの温度を下げない?」 「なんでそこ... もっと読む

動物農場 (角川文庫)

2049
3.90

感想・レビュー

ロシア革命を風刺した寓話。現代の日本に当て嵌めても面白い。自分たち(権力者)にとって良いように解釈される法。そこになんとなく違和感を感じつつも抵抗しない国... もっと読む

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

1506
4.10

感想・レビュー

スターリン批判、権力構造批判、風刺文学、寓話形式… と評される作品である また、スターリン批判がモロバレとのことで、当時のイギリスで出版がなかなか出来... もっと読む

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

1377
3.81

感想・レビュー

読了できず・・・(涙) 知的な同僚さんに「私のイチオシです」と以前からオススメされていたのをようやく今年の夏休みに読もうと決意して借りたまま2カ月が... もっと読む

動物農場: おとぎばなし (岩波文庫)

798
4.10

感想・レビュー

登場人物を動物にしてロシア革命以後のソヴィエトの体制を批判した本書は、1945年8月出版されたが、そこに至るまでに数々の障害があり難航を極めたらしい 『... もっと読む

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

757
4.03
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2009年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

隷属は自由。ディストピアは実はユートピア。 常に監視され管理され、従うこと、考えないことを強いられる社会。 身体的に不自由や不満を感じることはあるものの、... もっと読む

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)

574
4.01

感想・レビュー

とても面白かった!動物達による理想国家建国から次第に恐怖政治へと変貌していく過程がとてもスリリングで一気に読んでしまった。豚達体制側の詭弁にイライラしたけ... もっと読む

パリ・ロンドン放浪記 (岩波文庫)

447
4.26

感想・レビュー

「1984年」で知られるイギリスの作家である著者の、有名になる前の経験を下敷きにした作品。 名門校を出て公務員になったのに、安定した人生を捨ててパリとロ... もっと読む

1984年 (まんがで読破 MD100)

384
3.53
ジョージ・オーウェル マンガ 2012年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独特の世界観で面白い。ディストピアとも現実の風刺とも取れる。 ただ主人公の男クソでは? ほとんどの行動を起こす動機がセックスだし、いざピンチになると自分... もっと読む

カタロニア讃歌 (岩波文庫)

219
3.57

感想・レビュー

スペイン内戦を表した文学の一つ。この本を読んで、バルセロナに行きたいと思い、スペイン語を勉強した。ガウディという名のホテルに泊まり、ガウディの立て始めた教... もっと読む

1984年 ─まんがで読破─

200
3.30
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全体主義の恐ろしさがよくわかった。相互監視の社会。ちくり社会というのか?。そこでは、性欲すらも否定される。部屋や道や店が監視されていて、戦前の日本や共産主... もっと読む

動物農場 (角川文庫)

195
4.12
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2015年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

その時の政治を知っていたらもっと楽しめたかも知れない。 文学の力は計り知れない。 もっと読む

一杯のおいしい紅茶-ジョージ・オーウェルのエッセイ (中公文庫)

163
3.05

感想・レビュー

1984の作者ってこういう人だったのか、という驚き、安心。最後の「なぜ書くか」があって1984の見方が変わった。 もっと読む

オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)

144
3.79

感想・レビュー

「ナショナリズムとは何か」と問う時、最も明確な指標を与えてくれる作家。ナショナリズムが帰属するのは国家民族に限らず、本質的に権力志向と結びついている。WW... もっと読む

一杯のおいしい紅茶

138
3.57

感想・レビュー

『1984年』や『動物農場』で有名なイギリスの作家、ジョージ・オーウェルのエッセイ。 ユーモアたっぷりに当時の世の中を語っています。 紅茶に関する本を... もっと読む

動物農場- Animal Farm【講談社英語文庫】

115
4.14

感想・レビュー

動物に関する単語などは分からなかったが、平易な英語で書かれており、ストーリーを分かっていればスラスラ読める もっと読む

一九八四年

111
4.36
ジョージ・オーウェル 電子書籍 2012年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

英国の作家ジョージ・オーウェルが1949年に刊行した小説。 1984年、世界は3つの超大国に分かれていた。すなわちオセアニア(英国、南北アメリカ、オース... もっと読む

あなたと原爆 オーウェル評論集 (古典新訳文庫)

107
4.14

感想・レビュー

慧眼だけでなく、オーウェルの「動く人」としての人間臭さが感じられた。 「象を撃つ」の描写力には打ちひしがれざるを得ない もっと読む

アニマル・ファーム (ちくま文庫)

98
3.83
石ノ森章太郎 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石ノ森章太郎『アニマル・ファーム』ちくま文庫。 ジョージ・オーウェルの諷刺小説『動物農場』を原作にした表題作の『アニマル・ファーム』と小松左京の傑作ホラ... もっと読む

1984 (角川文庫)

95
3.91

感想・レビュー

「予言の書」としての『1984』 - 内田樹の研究室 http://blog.tatsuru.com/2021/04/27_0844.html 1984... もっと読む
全137アイテム中 1 - 20件を表示

ジョージ・オーウェルに関連する談話室の質問

ツイートする
×