スタインベックのおすすめランキング

スタインベックのおすすめランキングのアイテム一覧

スタインベックのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『怒りの葡萄 (上巻) (新潮文庫)』や『怒りの葡萄 (下巻) (新潮文庫)』や『スタインベック短編集 (新潮文庫)』などスタインベックの全82作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

怒りの葡萄 (上巻) (新潮文庫)

665
3.87
スタインベック 1967年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★評価は読了まで保留。 スプリングスティーンの”The Goast of Tom Joad"の新録を聴き再々読。 多くの方が指摘するように、少々頂けな... もっと読む

怒りの葡萄 (下巻) (新潮文庫)

485
3.84
スタインベック 1967年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに感銘を受けた一冊。 全編を通して「生」に真っ向から向き合い「希望」を捨てない、 母親がとても素晴らしい。 最初はなかなか馴染めず退屈だったんだ... もっと読む

スタインベック短編集 (新潮文庫)

272
3.65
スタインベック 1954年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇妙であったり、ホラーであったりミステリーであったりと、淡々とした文に様々な要素がある。 「蛇」がよかった。 怖い。 もっと読む

赤い小馬 (新潮文庫)

169
3.56

感想・レビュー

ジョーディ少年の牧場での暮らし。 子馬だったり、出産だったり、祖父だったり・・・ そういう生き物や人との関わりの中で、 少年は少しずつ成長していく。... もっと読む

二十日鼠と人間 (新潮文庫 ス 4-1)

140
3.67

感想・レビュー

小男ジョージと大男レニーの悲劇。大人計画の「母を逃がす」で知った。 もっと読む

怒りの葡萄(上) (新潮文庫)

79
3.58

感想・レビュー

大地と人の絆が引き裂かれた時の叫びが、全体を通じて響いている。故郷を追われて当て所なくさまよわなくてはならない不安。帰る家のあることがいかに幸せか。 カ... もっと読む

(015)庭 (百年文庫)

68
3.56
梅﨑春生 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

春になり雪も解けて庭にクロッカスも咲き始めたので、『百年文庫 庭』を。百年文庫15。 梅﨑春生「庭の眺め」…☆3.5 野生動物、猫、汲取屋の馬ま... もっと読む

怒りのぶどう 上 (岩波文庫 赤 327-1)

60
3.25
スタインベック 1961年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学的にも優れているのだろうが(文学オンチなので正直よく分からないけど)、理系的な視点(気候学、地理学)から見ても、なかなかよく書けていると思う。解説を読... もっと読む

怒りの葡萄(下) (新潮文庫)

59
4.19

感想・レビュー

生きるということはとても厳しいということがよくわかる。そして権力はいつの時代も残酷だ。 もっと読む

怒りのぶどう 下 (岩波文庫 赤 327-3)

37
4.00
スタインベック 1961年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ああ…見事。 上中巻の疾走感を失わないまま、最後の荘厳なラストシーンまで連れて行ってくれた。 この巻でも報われない苦闘が続くが、作者の、彼らと共にありたい... もっと読む

怒りのぶどう 中 (岩波文庫 赤 327-2)

35
3.67
スタインベック 1961年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ねーーーえーーー!!面白過ぎるんですけどーーー?! カリフォルニアにたどり着き、「楽園」の実態を目の当たりにする主人公一家。 ポロポロと家族が欠けていき、... もっと読む

真珠 (角川文庫 赤 157-8)

26
3.11

感想・レビュー

再読。概算182枚。一種の名作。虻蜂取らずの教訓より一偶発事に注目・驚嘆すべき。小学生の時、米国で、オセティアのケネディ(=フィッツジェラルド)から一読す... もっと読む
全82アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする