スタンリー・カヴェルのおすすめランキング

プロフィール

(Stanley Cavell)
1926年、アメリカ・ジョージア州アトランタに生まれる。47年、カリフォルニア大学バークリー校で文学士号取得(音楽専攻)。61年、ハーヴァード大学で博士号取得(哲学専攻)。63年より同大学哲学部で教鞭をとる。96-97年、アメリカ哲学会(東部支部)会長。97年よりハーヴァード大学哲学部名誉教授。特定の「学派」に属さず、日常言語の哲学、文学と文芸批評、美学、政治学、映画とオペラ研究などで、哲学の境界と精神を広げ、生活・文化・教育が意味するもののヴィジョンを追究している。『センス・オブ・ウォールデン』(法政大学出版局)、『哲学の〈声〉──デリダのオースティン批判論駁』、共著『〈動物のいのち〉と哲学』(春秋社)の邦訳があるほか、主著にMust We Mean What We Say?(1969); The Claim of Reason: Wittgenstein, Skepticism, Morality, and Tragedy(1979); Pursuits of Happiness: The Hollywood Comedy of Remarriage(1981); Disowning Knowledge in Seven Plays of Shakespeare(1987); Little Did I Know: Excerpts from Memory(2010)など。

「2022年 『眼に映る世界〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタンリー・カヴェルのおすすめランキングのアイテム一覧

スタンリー・カヴェルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『“動物のいのち”と哲学』や『眼に映る世界: 映画の存在論についての考察 (叢書・ウニベルシタス 973)』や『幸福の追求: ハリウッドの再婚喜劇 (叢書・ウニベルシタス 1144)』などスタンリー・カヴェルの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

“動物のいのち”と哲学

84
3.83

感想・レビュー

哲学 思索 動物 これを読む もっと読む

眼に映る世界: 映画の存在論についての考察 (叢書・ウニベルシタス 973)

34
3.50

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_s... もっと読む

幸福の追求: ハリウッドの再婚喜劇 (叢書・ウニベルシタス 1144)

34

感想・レビュー

The Lady Eve(1941) https://www.imdb.com/title/tt0033804/ It Happened One Nigh... もっと読む

道徳的完成主義: エマソン・クリプキ・ロールズ

31

感想・レビュー

こちらは最後までみたけどほぼ挫折。読書会開催は断念しそう。 もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×