スティーヴエリクソンの新刊情報

スティーヴエリクソンの新刊情報のアイテム一覧

スティーヴエリクソンの新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2009年11月1日発売『エクスタシーの湖』や2005年8月1日発売『黒い時計の旅 (白水uブックス)』や2001年4月1日発売『真夜中に海がやってきた』などスティーヴエリクソンの全9作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

エクスタシーの湖

85
4.00

感想・レビュー

いとうせいこう曰く「うわ、確かに選りすぐりの今だ。」 その一。 確かに凄い。 独白と物語が同時進行で流れていく。 腰を据えて読む必要を感じたので、図... もっと読む

黒い時計の旅 (白水uブックス)

468
3.76

感想・レビュー

読み終えてただ圧倒されてしまった作品。 壮大なスケールと、細やかで幻想的な筆致は素晴らしい!のひとこと。 物語の筋を追うだけなら、ヒトラーの私... もっと読む

真夜中に海がやってきた

78
3.67

感想・レビュー

けっこうSFだった・・・設定すごい・・・ もっと読む

彷徨う日々

74
4.00

感想・レビュー

なんて奇妙な物語なんだろう。 自分は『ゼロヴィル』のあとにこれを読んだのだけれど、「サールの『マラーの死』」とだけ登場する映画がこれだけの物語を孕んでいた... もっと読む

リープ・イヤー

29
3.29

感想・レビュー

2008/12/6購入 2016/10/2読了 もっと読む

黒い時計の旅 (福武文庫)

47
3.46

感想・レビュー

ヒトラーのためにポルノグラフィを書かされるという奇異な設定のみに意識が行きそうになる。 しかし、世界が変容する、時空を行き来するということに「書くという... もっと読む

ルビコン・ビーチ

75
3.22

感想・レビュー

 表紙は横尾忠則さんの絵。一見すると、趣味に合わないが、島田雅彦訳とのことで購入。読んでみたら、カフカの様だった。この物語では世界がはっきりしておらず、夢... もっと読む

黒い時計の旅

39
3.79

感想・レビュー

 これまでスティーヴ・エリクソンの小説は読んだ事がなかった。今回初めてその作品に触れて、アメリカ文学の奥の深さに衝撃を受けた。  1930年代、見... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
ツイートする