スティーヴン・ハンターのおすすめランキング

プロフィール

Stephen Hunterスティーヴン・ハンター1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞。

「2016年 『我が名は切り裂きジャック(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・ハンターのおすすめランキングのアイテム一覧

スティーヴン・ハンターのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)』や『極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)』や『狩りのとき〈上〉 (扶桑社ミステリー)』などスティーヴン・ハンターの全137作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)

643
4.01

感想・レビュー

私の評価基準 ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版 ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも ☆☆☆ ... もっと読む

極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)

547
4.10

感想・レビュー

これはなかなか。 渋いおっさんがいちいち窮地に追い込まれて、そこから復活するわけなんだけども、その追い込まれっぷりがけっこう絶望的で、単にそうなだけでなく... もっと読む

狩りのとき〈上〉 (扶桑社ミステリー)

269
3.87

感想・レビュー

これはシリーズ順番に読み薦めて堪能いただきたい一品! もっと読む

ブラックライト〈上〉 (扶桑社ミステリー)

259
3.65

感想・レビュー

ボブとアールが錯綜する!スワガー・サーガ第三弾! もっと読む

ダーティホワイトボーイズ (扶桑社ミステリー)

240
3.59

感想・レビュー

日本経済新聞社 小中大 記事利用について 印刷 印刷 読書日記ナレーター 近藤サト(3) 『ダーティホワイトボーイズ』 命の重さ... もっと読む

ブラックライト〈下〉 (扶桑社ミステリー)

238
3.65

感想・レビュー

上巻は過去のアール視点と現在のボブ視点が交互で独特のリズムだったが下巻は現在のボブ視点のみ。 上巻の構成が面白かったので下巻はやや普通感がして(上巻で過... もっと読む

狩りのとき〈下〉 (扶桑社ミステリー)

234
3.81

感想・レビュー

いやぁ、鳥肌モノでしょ!冒険小説好きなら必読です。 もっと読む

蘇えるスナイパー (上) (扶桑社ミステリー)

193
3.73

感想・レビュー

スワガーシリーズの中で1番かもしれないっていうの、 ホントかも。 すっごく魅力的になった、ニック・メンフィスもまたいい! 食指をそそられる内容で、い... もっと読む

極大射程 上 (扶桑社ミステリー)

181
4.22

感想・レビュー

伝説のスナイパー ボブ・リー・スワガーの一冊目 ここから「スワガー・サーガ」と呼ばれる父か祖父?子らのシリーズが続くそうです。 罠にはめられたボブ なんで... もっと読む

第三の銃弾 (上) (扶桑社ミステリー)

174
3.50

感想・レビュー

JFKの暗殺を背景にしたストーリーだが、ハンターの名作、極大射程の続編だった。偶然に極大射程だけはつい最近読んでいたので、入りやすかった。銃に関連すること... もっと読む

第三の銃弾 (下) (扶桑社ミステリー)

157
3.57

感想・レビュー

【上下巻のレビュー】 あのボブ・リーが20世紀最大のミステリー「JFK暗殺」に挑む! 「JFK暗殺」といえば陰謀説の枚挙にいとまがないが、銃器に詳... もっと読む

真夜中のデッド・リミット〈上巻〉 (新潮文庫)

151
3.63

感想・レビュー

冒険小説好きの方には、超絶オススメです! もっと読む

極大射程 下 (扶桑社ミステリー)

150
4.31

感想・レビュー

下巻から ようやく本格的な戦闘へ 敵味方の両脇役たちもいい味を出してきます。 ボブがまたどうにもカッコいい 御都合主義?いやいやベタでいいじゃんよ 最後の... もっと読む

四十七人目の男〈上〉 (扶桑社ミステリー ハ 19-14)

149
3.27

感想・レビュー

ボブ・リーに戻してのシリーズ再開! もっと読む

黄昏の狙撃手 (上) (扶桑社ミステリー)

144
3.35

感想・レビュー

スワガー・サーガ。手に取っちゃうでしょ。 もっと読む

黄昏の狙撃手 (下) (扶桑社ミステリー)

137
3.30

感想・レビュー

覚えちゃいないけど、スワガー・サーガが読めるということで冷静に評価なんてできるわけもなく、贔屓目ボンバーで面白かった!と言い切っちゃおう。 もっと読む

魔弾 (新潮文庫)

137
3.30

感想・レビュー

ハンターデビュー作。古本屋で購入。 第二次大戦末期の武装親衛隊中佐が主人公。 収容所から逃げたユダヤ人と米軍情報部の思惑が交錯する。 中佐が新型狙撃... もっと読む

真夜中のデッド・リミット〈下巻〉 (新潮文庫)

135
3.60

感想・レビュー

まだハンターがブレイクしていなかったのだろうか。「ランボーみたいなやつが頑張ってやがる!」セリフが2回でてきたところは編集が甘かったのかな。それは差し置い... もっと読む
全137アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする