スティーヴン・ハンターのおすすめランキング

プロフィール

Stephen Hunterスティーヴン・ハンター1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞。

「2016年 『我が名は切り裂きジャック(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・ハンターのおすすめランキングのアイテム一覧

スティーヴン・ハンターのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)』や『極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)』や『狩りのとき〈上〉 (扶桑社ミステリー)』などスティーヴン・ハンターの全121作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)

598
4.01

感想・レビュー

私の評価基準 ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版 ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも ☆☆☆ ... もっと読む

極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)

508
4.11

感想・レビュー

5月22日読了。下巻は上巻の数倍面白い。なるほどこれが「このミス」総合第4位の実力か!!上巻で罠にはめられ反撃に転じるボブと、彼と行動を共にするFBI捜査... もっと読む

狩りのとき〈上〉 (扶桑社ミステリー)

252
3.86

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 1971年ワシントンDC。二十二歳になる海兵隊所属ダニー・フェンはかの地ヴェトナムでの軍務をはたし本国へ帰還、退役ま... もっと読む

ブラックライト〈下〉 (扶桑社ミステリー)

216
3.65

感想・レビュー

上巻は過去のアール視点と現在のボブ視点が交互で独特のリズムだったが下巻は現在のボブ視点のみ。 上巻の構成が面白かったので下巻はやや普通感がして(上巻で過... もっと読む

狩りのとき〈下〉 (扶桑社ミステリー)

216
3.80

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) ダニーとボブの狙撃ティーム“シエラ・ブラヴォー・フォー”は幾多の戦闘を勝ち抜く。が、北ヴェトナム軍を支援するソ連は超... もっと読む

ダーティホワイトボーイズ (扶桑社ミステリー)

212
3.57

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) オクラホマ州立マカレスター重犯罪刑務所に収監されていた終身囚ラマー・パイはシャワールームで黒人受刑者を殴り殺した。黒... もっと読む

蘇えるスナイパー (上) (扶桑社ミステリー)

175
3.74

感想・レビュー

物語りは、全米を揺るがす4件の狙撃事件のシーンから始まる。FBIの初動捜査によりベトナムにおける、伝説的なスナイパーによれ犯罪が濃厚となるが、本捜査を指揮... もっと読む

第三の銃弾 (上) (扶桑社ミステリー)

158
3.51

感想・レビュー

JFKの暗殺を背景にしたストーリーだが、ハンターの名作、極大射程の続編だった。偶然に極大射程だけはつい最近読んでいたので、入りやすかった。銃に関連すること... もっと読む

蘇るスナイパー (下) (扶桑社ミステリー)

151
3.70

感想・レビュー

ベトナムにおけるヒーローと旧知のFBIの執行官になすりつけられた汚名を灌ぐためボブ・リー・スワガーが巨悪に対してたった一人で動き出す。そもそもの4件の狙撃... もっと読む

極大射程 上 (扶桑社ミステリー)

150
4.25

感想・レビュー

伝説のスナイパー ボブ・リー・スワガーの一冊目 ここから「スワガー・サーガ」と呼ばれる父か祖父?子らのシリーズが続くそうです。 罠にはめられたボブ なんで... もっと読む

第三の銃弾 (下) (扶桑社ミステリー)

141
3.56

感想・レビュー

JFKの暗殺を背景にしたストーリーだが、ハンターの名作、極大射程の続編だった。偶然に極大射程だけはつい最近読んでいたので、入りやすかった。銃に関連すること... もっと読む

真夜中のデッド・リミット〈上巻〉 (新潮文庫)

132
3.62
染田屋茂 1989年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハンター初期作を今更ながら読了。登場人物が入り乱れるのは初期からだったんだなーと。詳しくは下巻へ。。。 もっと読む

四十七人目の男〈上〉 (扶桑社ミステリー ハ 19-14)

131
3.33

感想・レビュー

ボブ・リー最期?の闘いかな。還暦過ぎてます(^^) 2015/6 読了。 もっと読む

黄昏の狙撃手 (上) (扶桑社ミステリー)

126
3.30

感想・レビュー

ボブ・リーシリーズの年取ってからの2作目(47人目の男を1作目としてみた)。娘のニッキーが新聞記者になっていて、養女にしたミコも登場。NASACRを舞台に... もっと読む

魔弾 (新潮文庫)

126
3.30

感想・レビュー

ハンターデビュー作。古本屋で購入。 第二次大戦末期の武装親衛隊中佐が主人公。 収容所から逃げたユダヤ人と米軍情報部の思惑が交錯する。 中佐が新型狙撃... もっと読む

極大射程 下 (扶桑社ミステリー)

126
4.39

感想・レビュー

下巻から ようやく本格的な戦闘へ 敵味方の両脇役たちもいい味を出してきます。 ボブがまたどうにもカッコいい 御都合主義?いやいやベタでいいじゃんよ 最後の... もっと読む

四十七人目の男〈下〉 (扶桑社ミステリー ハ 19-15)

120
3.27

感想・レビュー

日本を舞台にしたボブ・リーの活躍やいかに!なんと新撰組や赤穂浪士、刀などをライフル並みに大研究したようです。微に入る研究成果は流石の手腕。でもちょっとスト... もっと読む

黄昏の狙撃手 (下) (扶桑社ミステリー)

120
3.27

感想・レビュー

年取ってからのボブ・リーシリーズは、なんか今1つですね。。。なんだろう、スナイパーとしての良さが出ていないのかな。舞台が合わないのかなぁ。前回も書いたかも... もっと読む
全121アイテム中 1 - 20件を表示

スティーヴン・ハンターに関連するまとめ

ツイートする