スティーヴン・W.ホーキングのおすすめランキング

プロフィール

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング
1942年1月8日-2018年3月14日
イギリスのオックスフォードで生まれる。1957年、物理と化学を学ぶためにオックスフォード大学ユニバーシティカレッジ入学。大学卒業後はケンブリッジ大学大学院、応用数学・理論物理学科に入学。大学院入学後の1963年に「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)と診断され、当時あと2、3年の命と宣告されたが、途中から病の進行が弱まったこともあり、精力的に活動を続けてきた。
1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1967年論文「特異点と時空の幾何学」でアダムズ賞受賞。1974年に 「ブラックホールの蒸発理論」発表し、同年に史上最年少でイギリスの王立協会会員(FRS)となった。1977年ケンブリッジ大学の教授職を務め、1979年にはケンブリッジ大学のルーカス記念鋼材教授職に就任。1991年にタイムトラベルの不可能性などを説いた「時間順序保護仮説」を提唱。
1990年、1993年、2001年と度々来日して大きく報道されており、日本で最もよく知られる世界的科学者の一人でもあった。

スティーヴン・W.ホーキングの関連サイト

スティーヴン・W.ホーキングのおすすめランキングのアイテム一覧

スティーヴン・W.ホーキングのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF スティーヴン・ホーキング著)』や『ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで』などスティーヴン・W.ホーキングの全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF スティーヴン・ホーキング著)

956
3.52

感想・レビュー

ホーキングが一般向けに宇宙を語った初めての本。訳者あとがきや書評によると、天才の力量で難解な宇宙の理論を明快に解き明かしているとのことだが、やはり難しい。... もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする