スティーヴ・ハミルトンのおすすめランキング

プロフィール

1961年、ミシガン州デトロイト生まれ。98年のデビュー作『氷の闇を越えて』は、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞、アメリカ私立探偵作家クラブ(PWA)賞の最優秀新人賞などを受賞。以後、『ウルフ・ムーンの夜』『狩りの風よ吹け』と、「探偵アレックス・マクナイト」シリーズを発表している。2009年の『解錠師』では、MWA賞最優秀長編賞、英国推理作家協会(CWA)賞スティール・ダガー賞、バリー賞、全米図書館協会のアレックス賞に輝いた。現在ニューヨーク州に在住。

「2016年 『ニック・メイソンの第二の人生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴ・ハミルトンのおすすめランキングのアイテム一覧

スティーヴ・ハミルトンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)』や『解錠師 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)』などスティーヴ・ハミルトンの全17作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

1792
3.52

感想・レビュー

海外ミステリの底力を見せつけられた。 1人の少年の転落と再生を描くミステリだ。 非情な犯罪の世界に身を置く主人公に、「そっちに行っちゃダメだ!」と... もっと読む

解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

566
3.86

感想・レビュー

こんな解錠師もいていいのだと思う。陳腐だけど唯一自分の意志で開けた鍵は恋人の心。鍵を開けることへの興味から、知人の思いつき、大人の思惑によって鍵を開ける手... もっと読む

解錠師 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

133
3.95
スティーヴ・ハミルトン 電子書籍 2011年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あちこちで絶賛されていろんなところで昨年度のベストワンをとっていて気になっていたけれども、犯罪モノって苦手だからなーと思っていて。暗そう、というイメージも... もっと読む

ミステリアス・ショーケース (ハヤカワ・ミステリ)

88
3.19

感想・レビュー

 図書館より  年末のミステリランキングにも名前の挙がる海外作家の作品を含む短編8編収録のアンソロジー  読む前に注意してほしいのは『ミステリ・シ... もっと読む

氷の闇を越えて〔新版〕 ハヤカワ・ミステリ文庫

65
3.71

感想・レビュー

撃たれて傷を負い警官を辞めた駆け出し私立探偵マクナイト。 夜中に死体を見つけた親友に呼び出された後、自分を撃ち今は刑務所にいる男から脅迫めいた手紙を受け... もっと読む

氷の闇を越えて (ハヤカワ・ミステリ文庫)

52
3.29

感想・レビュー

マクナイトは警官時代に撃たれ、今も心臓のそばに弾丸が埋まっている。退職し私立探偵となり生活していたが、町で賭博の取り立て屋が連続して殺される。犯人からマク... もっと読む

ニック・メイソンの第二の人生 (角川文庫)

52
3.22

感想・レビュー

『解錠師』の作者による新シリーズ第一弾。前作と雰囲気は全く異なり、今回は硬質な筆致のハード・ボイルド。 先の読めないストーリーでさくさく進む。過去の... もっと読む

ウルフ・ムーンの夜 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

27
3.63

感想・レビュー

私立探偵を廃業したアレックスの元に、暴力的な恋人から逃げる手助けをして欲しいとドロシーが訪ねてきた。 ロッジにドロシーを泊めたアレックスだが、翌朝部屋は... もっと読む

狩りの風よ吹け (ハヤカワ・ミステリ文庫)

23
3.46

感想・レビュー

アレックス・マクナイトシリーズの3作目。 30年振りの親友、その昔の恋人探しの手伝いを始めるというシンプルなはずのストーリーだったのだが、次々と読む人を... もっと読む

解錠師

5
4.00
スティーヴ・ハミルトン 電子書籍 2012年8月31日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 850
けっして動かないよう考え抜かれた金属の部品の数々。でも、力加減さえ間違えなければ、すべてが正しい位置に並んだ瞬間に、ドア... もっと読む
全17アイテム中 1 - 17件を表示

スティーヴ・ハミルトンに関連するまとめ

ツイートする