スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのおすすめランキング

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのおすすめランキングのアイテム一覧

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)』や『戦争は女の顔をしていない』や『戦争は女の顔をしていない』などスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)

252
4.39

感想・レビュー

「英雄譚的戦記」から外れる、「余りに生々しい戦場の記憶」を聞書きしている本書の内容は、ソ連時代に波紋を拡げてしまったようだが、これが登場した少し後の“グラ... もっと読む

戦争は女の顔をしていない

200
4.09

感想・レビュー

第二次大戦時、ソ連では100万を超える女性たちが従軍した。それに加えて、パルチザン部隊や非合法の抵抗運動に参加した女性もいた。看護師や医師のほかにも、戦闘... もっと読む

戦争は女の顔をしていない

200
4.09

感想・レビュー

第二次大戦時、ソ連では100万を超える女性たちが従軍した。それに加えて、パルチザン部隊や非合法の抵抗運動に参加した女性もいた。看護師や医師のほかにも、戦闘... もっと読む

セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人びと

123
4.20

感想・レビュー

さすがにドストエフスキーの国の話らしく、読んでいる間は鬱々として愉しまず、時おり挿まれる笑い話は苦みが過ぎて笑えず、読語の感想は決して愉快とはいえない。し... もっと読む

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)

94
4.31

感想・レビュー

これが戦争か、とひしひし感じる 平和に暮らしていたある日開戦し、わけもわからぬまま 逃げ出し、場合によっては捕まり、銃殺され 理不尽な非日常が日常になって... もっと読む

死に魅入られた人びと―ソ連崩壊と自殺者の記録

65
4.71

感想・レビュー

2015年 ノーベル文学賞受賞作家の作品集。 すべてソ連という体制崩壊の犠牲者の話だ。 理想が潰えたのではなく、理想を追わなくなった悲劇とで... もっと読む

ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言

53
3.64

感想・レビュー

1941年、ベラルーシ(昔は白ロシアと言った)がドイツに占領された頃、子供(〇歳から14歳)だった人たちの証言(原題は「最後の証人」)を集めたもの。淡々と... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする