スーザン・ソンタグのおすすめランキング

プロフィール

1933年生まれ。20世紀アメリカを代表する批評家・小説家。著書に『私は生まれなおしている』、『反解釈』、『写真論』、『火山に恋して』、『良心の領界』など。2004年没。

「2018年 『ラディカルな意志のスタイルズ[完全版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スーザン・ソンタグのおすすめランキングのアイテム一覧

スーザン・ソンタグのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『反解釈 (ちくま学芸文庫)』や『写真論』や『他者の苦痛へのまなざし』などスーザン・ソンタグの全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

反解釈 (ちくま学芸文庫)

460
3.67

感想・レビュー

【目次】 まえがき Ⅰ 反解釈 様式(スタイル)について Ⅱ 模範的苦悩者としての芸術家 シモーヌ・ヴェーユ カミュの『ノート... もっと読む

写真論

433
3.53

感想・レビュー

主観性と客観性、嗜好性と記録性の両義的な役割をもつ写真。スマホ時代の写真にも適用できる写真論である。知らない写真家が多く、イメージが沸かない箇所もあったが... もっと読む

他者の苦痛へのまなざし

423
3.57

感想・レビュー

東京都写真美術館のショップで購入。 本書は戦争写真に関する多面的な考察である。 報道写真展なんかに足をはこんだりすると、帰り道は非常に微妙な気持ち... もっと読む

私は生まれなおしている---日記とノート 1947-1963

295
3.81

感想・レビュー

大学生の頃、阿部和重『アメリカの夜』の解説を書いていた東浩紀が気になって、図書館みたいな友達に「東浩紀の本って面白いの?」って聞いたことがある。そしたらそ... もっと読む

良心の領界

180
3.66

感想・レビュー

文学 思索 もっと読む

同じ時のなかで

139
3.80

感想・レビュー

「確かに私たちはみずからの生を整え、意味を見いだそうとしてはいるが、他人の代わりにその人の小説を書くつもりはない。自分の生に意味を見いだし、選択を行い、自... もっと読む

書くこと、ロラン・バルトについて―エッセイ集 1/文学・映画・絵画 (エッセイ集 1 文学・映画・絵画)

71
3.88

感想・レビュー

スーザン・ソンタグによる、文学・映画・絵画評論集。 特に文学評論では、マシャード・デ・アシス、ダニーロ・キシュ、フアン・ルルホ、ボルヘスなど、今まで寡聞... もっと読む

隠喩としての病い・エイズとその隠喩

69
3.75

感想・レビュー

wired・近代と社会・6位 mmsn01- 【要約】 ・ 【ノート】 (wired) 権力や言語が病人に対しておしつけている「表象」の正体に迫った... もっと読む

火山に恋して―ロマンス

66
3.87

感想・レビュー

『反解釈』、『隠喩としての病い』の著者スーザン・ソンタグの書く小説とはどんなものか、という興味から読み始めた読者は、一読後、みごとに裏切られることになるだ... もっと読む

こころは体につられて 上: 日記とノート1964-1980

56
3.80

感想・レビュー

日記は、酔っぱらった時に書いたほうがいいし、酔っぱらった時に読んだほうがいい。どうしようもないことでいちいち泣けてくるので。前作「私は生まれなおしている」... もっと読む

ラディカルな意志のスタイルズ[完全版]

51
4.00

感想・レビュー

GWのフィリピン旅行に持っていったものの、一文一文の重くて(あんなに時間があったのに)なかなか読み進められなかった。 唯一すいすい読めたのはベトナム戦争... もっと読む

土星の徴しの下に

49
4.30

感想・レビュー

ソンタグの評論を読むのは初めてだが、客観的になりきれないソンタグの感情の声に魅せられた。目当てのベンヤミン論よりレニ・リーフェンシュタールへの痛烈な分析に... もっと読む

写真論

43
4.00

感想・レビュー

プラトンの洞窟で 写真の意味、成果は? 写真は世界の断片を収集したもの? 写真は「現実と想像力の交差」? 写真はひとつの文法である? 写真は見ることの... もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする