セサル・アイラのおすすめランキング

プロフィール

1949年、アルゼンチンの町コロネル・プリングレスに生まれる。のち首都ブエノスアイレスに移り、現在も同地に在住。
 1975年に小説『モレイラ』を刊行したのを皮切りに、次々と作品を発表、現在までに小説やエッセイを60冊以上刊行している。1992年刊行の『試練』は、ディエゴ・レルマンによって映画化された(邦題『ある日、突然。』)。
 ロベルト・ボラーニョが「今日のスペイン語作家で五指に入る存在」と評価するほか、後の世代の作家たちからも絶大な支持を集めている。

「2012年 『わたしの物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

セサル・アイラのおすすめランキングのアイテム一覧

セサル・アイラのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『文学会議 (新潮クレスト・ブックス)』や『わたしの物語 (創造するラテンアメリカ)』や『文学ムック たべるのがおそい vol.3』などセサル・アイラの全3作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

文学会議 (新潮クレスト・ブックス)

155
3.22
セサル・アイラ 2015年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会話や心象表現に、理解しにくい部分がある。訳者あとがきにある様に、各地で少しずつ枝分かれしたスペイン語ならではの言葉遊びがあって、翻訳が難しいのかも。 南... もっと読む

わたしの物語 (創造するラテンアメリカ)

107
3.30
セサル・アイラ 2012年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジュンク堂書店大阪本店の『酉島伝法の書棚』で購入。 一見するとあの独特の世界観とはまるで違うような印象だが、現実感の無さという一点が共通している。 それに... もっと読む

文学ムック たべるのがおそい vol.3

82
3.17
小川洋子 2017年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【巻頭エッセイ】 小川洋子  Mさんの隠れた特技 【特集〈Retold漱石・鏡花・白秋〉】 倉田タカシ あかるかれエレクトロ 最果タヒ 漱石さ... もっと読む
全3アイテム中 1 - 3件を表示
ツイートする