ダイアナ・ウィン・ジョーンズのおすすめランキング

プロフィール

1934~2011。オックスフォード大学でトールキンに師事。魔法を扱った独創的なファンタジーを数多く手がけ、英国を代表するファンタジー作家と評された。作品に<ハウルの動く城>シリーズ、<大魔法使いクレストマンシー>シリーズなど。生涯に40作を越える作品を遺し、26の言語で翻訳出版され、2007年にはその業績に対し世界幻想文学大賞の生涯功労賞を受賞した。

「2017年 『ビーおばさんとおでかけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダイアナ・ウィン・ジョーンズのおすすめランキングのアイテム一覧

ダイアナ・ウィン・ジョーンズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魔法使いはだれだ ― 大魔法使いクレストマンシー』や『ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔 (徳間文庫)』や『チャーメインと魔法の家 (ハウルの動く城3)』などダイアナ・ウィン・ジョーンズの全62作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魔法使いはだれだ ― 大魔法使いクレストマンシー

823
3.69

感想・レビュー

クレストマンシーシリーズで一番思い入れがあります。 小学生のとき、この本を図書館で借りて読み、かなりの衝撃を受けたのを覚えています。 いまでは買いそろ... もっと読む

ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔 (徳間文庫)

717
4.03

感想・レビュー

相変わらずなハウルに出会えます(笑) ただし宮崎駿監督作品の『ハウル』を想像していらっしゃる方はお気をつけを。 原作のハウルはもっとヘタレで格好悪いです... もっと読む

チャーメインと魔法の家 (ハウルの動く城3)

495
4.13

感想・レビュー

はじめ、Charmainをチャーメインと訳すのに違和感を感じていましたが(発音はシャーメイン)ミス・チャーミングと呼ばれるためにはカタカナ表記ではこのほう... もっと読む

七人の魔法使い

433
3.71

感想・レビュー

久しぶりに読んでみたら、全然印象が違ってびっくりしました。 「こんなに意地悪なキャラクターばっかりだったっけ。。。?」と思うほどキャラクターが個性豊かで... もっと読む

花の魔法、白のドラゴン

391
3.87

感想・レビュー

ブレスト諸島というイギリス(ブリテン諸島)に似た異世界に住む少女アリアンロード・ハイド13歳。 幼なじみで弟分のグランドと一緒に過ごしている。 ブレス... もっと読む

時の町の伝説

352
3.65

感想・レビュー

いやー、ファンタジーなのにすごいSF。驚きです。 長い三つ編み系の中国系少年はいいですね。 型にはまったようなサムの愉快さも珍しい感じ。 あと、アンドロイ... もっと読む

大魔法使いクレストマンシー キャットと魔法の卵

339
4.13

感想・レビュー

子どもたちが、みんな仲良くなっていて嬉しかったです。 森の道でおじいさんに作ってもらった料理がおいしそうで。 というか、もう、グリフィンの赤ちゃんがか... もっと読む

呪われた首環の物語

296
3.68

感想・レビュー

霧に霞む緑の湿原に暮らす“人間”と“巨人”、そして水に棲み不思議な力を持つ“ドリグ”。 この物語は、昔一人の“人間”の子が美しい首環欲しさに、武器を持た... もっと読む

ハウルの動く城2 アブダラと空飛ぶ絨毯 (徳間文庫)

290
3.95

感想・レビュー

ひと癖もふた癖もあるのにとても愛嬌があって憎めない登場人物たち。こんなに個性豊かなキャラクターたちが勢揃いすることができるのはダイアナ・ウィン・ジョーンズ... もっと読む

星空から来た犬 (ハリネズミの本箱)

244
3.62

感想・レビュー

とんでもない!とんでもなく面白かった! ファンタジーが織り込まれた現実というのはこういうものかもしれない。 冤罪を背負って犬の姿に変えられ地球に送り込まれ... もっと読む

マライアおばさん

240
3.54

感想・レビュー

読みごたえがとにかくすごい。ずっしりファンタジー。 内容としてはまあまあでした。 もっと読む

詩人(うたびと)たちの旅―デイルマーク王国史〈1〉 (創元推理文庫)

225
3.58

感想・レビュー

ファンタジー作品はハードカバーのみのものが多く、文庫本で探してみつけた本作品。ダイアナ・ウィン・ジョーンズ女史の初期作品ということで前評判からもそんなに期... もっと読む

アーヤと魔女

221
3.66

感想・レビュー

表紙に一目惚れ(^з^)-☆ 主人公のアーヤはすごい!!人を自分のいいなりにするのがうまい。 でも嫌なやり方ではなく素直に賢く。 そして何より黒猫のトーマ... もっと読む

聖なる島々へ <デイルマーク王国史2> (創元推理文庫)

171
3.59

感想・レビュー

わりと、DWJの作品の中で一番好きかもしれないです。 特にどこ、ってわけでもないんですが、理不尽や親の身勝手さに苦悩しつつも、めげずに考えて生き延びる、や... もっと読む

魔法泥棒 (創元推理文庫)

170
3.80

感想・レビュー

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000403940.html もっと読む

メルストーン館の不思議な窓 (創元ブックランド)

162
3.82

感想・レビュー

祖父が亡くなり、メルストーン館を遺されたアンドルー。不機嫌でがみがみやの家政婦、巨大な野菜作りに血道をあげる横暴な庭師と、ふたりの暴君にはさまれて、メルス... もっと読む

呪文の織り手 <デイルマーク王国史3> (創元推理文庫)

161
3.71

感想・レビュー

第三部は、今までの物語よりも時代が数百年以上前のお話。5人の兄弟が時に(しょっちゅう)喧嘩しながらも困難に立ち向かっていくお話。 妹が美しい姉に抱く複雑... もっと読む

九年目の魔法 上 (Sogen bookland)

158
3.56

感想・レビュー

読むのがしんどかった。 ファンタジーが読みたくて取った本だったので、余計読み進めるのが辛く感じた。 空き時間に少しづつ…という読み方をしているので、話... もっと読む

時の彼方の王冠―デイルマーク王国史4 (創元推理文庫)

157
3.94

感想・レビュー

堂々の完結編。今まで登場してきた人物達(特に子供達)が成長した姿で出てきます。前作ではいい人だった人が意地悪になっていたり、残虐な面を見せていたり、人間の... もっと読む

銀のらせんをたどれば

153
3.71

感想・レビュー

ハウルの動く城・ダイアナ・ウィン・ジョーンズの新作です! もっと読む
全62アイテム中 1 - 20件を表示

ダイアナ・ウィン・ジョーンズに関連する談話室の質問

ツイートする