ダンテ・アリギエーリのおすすめランキング

プロフィール

一二六五年、フィレンツェ生まれ。中世最大の詩人の一人であり、作家、政治家でもあった。一三二一年、ラヴェンナで没。著書に、『神曲』、『新生』、『俗語論』、『帝政論』(本書)などがある。 一九四五年、横浜市生まれ。東京大学法学部卒。東京大学助手、立教大学教授等を経て、立教大学名誉教授。専門は法哲学・法思想史。 著書に、『合理的選択と契約』(弘文堂)、『法哲学』(木鐸社)、訳書に、『王の二つの身体』(E・H・カントローヴィチ著、平凡社/ちくま学芸文庫)、『皇帝フリードリヒ二世』(同、中央公論新社)などがある。

「2018年 『帝政論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダンテ・アリギエーリのおすすめランキングのアイテム一覧

ダンテ・アリギエーリのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『神曲 地獄篇 (集英社文庫)』や『神曲 煉獄篇 (集英社文庫)』や『神曲 天国篇 (集英社文庫)』などダンテ・アリギエーリの全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

神曲 地獄篇 (集英社文庫)

350
3.29

感想・レビュー

かなり粘り強い根気が必要だった。難解な本文と難解煩雑な註である。広辞苑にもない言葉多数で、あっても難解な言葉があふれている。『転身物語』がよく引き合いに出... もっと読む

神曲 煉獄篇 (集英社文庫)

188
3.29

感想・レビュー

地獄の最下層を抜けると天地が逆転して、地球の反対側に達するなどの世界観が面白い。 天使が超常で、神様も人間の善悪の彼岸にいて、とかこれまで見たり読んだり... もっと読む

神曲 天国篇 (集英社文庫)

174
3.19

感想・レビュー

地獄編、煉獄編と進みエデンは煉獄だったりと、どのような構造で意味になっているか理解を進めた。 天国にも階層があることも知った。 神とか愛とかについてこ... もっと読む

帝政論 (中公文庫)

17

感想・レビュー

人間に平和、正義、自由をもたらす政体とは何か。教皇派、皇帝派入り乱れ抗争する状況の中、哲学、論理学を駆使して、霊的統治と世俗的統治の分離を行う。 もっと読む

神曲〈地獄篇〉

16
3.86
ダンテ 1987年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダンテは嫌いな人が多かったんだなぁ。 もっと読む

神曲 (煉獄篇)

9
4.00
ダンテ 1987年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カトリックは煉獄を認めますが、プロテスタントは煉獄の存在を認めないそうです。面白いですね。 もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする